22年目のアイドル『V6』、特に【リーダー坂本昌行】に向け 愛と毒とぼやきを 発信中(笑)。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
クマグス17回目(遅くなりました)
2009-02-24 Tue 17:31
最近私の周囲では、
胃腸をヤラれちゃう系の風邪が大流行しております(汗)。
みなさんは大丈夫ですか??

私は・・・かる~く週末にヤラれました(汗)。
ただ、周囲のよりは 遥かに軽い症状で済んで
【こういう時だけ丈夫な胃腸(笑)】
っていうのを、しみじみと感じました。


どんな風邪をひいたって
決して落ちない食欲バンザイっ(爆)!


こんばんは。
ちょいと遅くなりましたが 今回も
『クマグス文字だけ放送』にようこそ(笑)。
文字だけ放送・書記官のめいりんです(勝手に仕事っぽくしてみた)。
クマグス第17回目、今回の放送は・・・。


坂本ファンのみなさん、
そして、ビビる坂本昌行を鑑賞するのが大好きなみなさん。
大変お待たせ致しました!
ようやく蛾クマグスの登場です。
しかも、今回のクマグスは
【蛾が嫌いな人こそ必見】との事っ!


が、しかしっ!
画面に映し出された【蛾クマグス】の文字を見ただけで
完全に嫌そうな顔の坂本氏でありまして・・・。

竹「坂本さん、大丈夫ですか?」

坂本、頭をポリポリとかく。

井「本気で静かになっちゃった人がいるんですが・・・。」
坂「もう帰りたくなってきた。」
健「(蛾の)美しさとか良さみたいなものを教えてもらえるかもしれないよ。」
井「終わる頃にはね・・。」
准「好きになっているかもしれないよ。」
長「飼ってみるとか・・・。」
坂「いや~~、それは~~~。」

もう最初から、完全に逃げ腰の坂本氏。
そんな中、クマグスさん登場。
今回のクマグスさんは、前々からお知らせしていた通り、
初の女性クマグスさんでありまして、なおかつ
20歳っ!ときたもんだっ!

坂「20歳で蛾っ!?」

と、坂本氏が驚くのも無理は無い。
クマグスさんの本業は、東京農業大学農学部の3年生で
昆虫研究室なるところで、蛾の研究に勤しんでいるとの事。
でも、クマグスさん曰く「仲間がいない。」

坂「昆虫嫌いな僕から見ても、イメージ的に怖いとかねあるんですよ。」
ク「そんなことないです。」
坂「なんで?」
ク「(蛾と)友達になればいいんです。」
坂「友達っ!?」

と、ここでクマグスさんから2匹の虫の標本が出されて、
【茶色の羽(左側)と綺麗な羽(右側)の虫のどちらが蛾か?】
という問題が出まして・・・。

健「右でしょ?」
井「左が蛾」
健「右なんでしょ?でも・・・。」
ク「右なんですよ。」
井「そうだとは思うけれども~。」
ク「(健ちゃんに)だからKYって言われるんですよ!」

どうも、とっとと正解を言ってしまった健ちゃんに
クマグスさん、イラっときたご様子。
しかしこのクマグスさんの発言に、坂長夫婦は手を叩いて大笑い。
が、健ちゃんも負けてはいません。

健「そういうのをが強いって言うんですよ!」

でも、軍配はクマグスさんに上がったみたいで、
テロップで でかでかと

三宅健がKYで本当にすみません。

と、出てしまいました。
いや~、でも健ちゃんは悪くないよ。
面と向かって、『KY』って言っちゃう方がどうかと思うよ。

ここで話を蛾に戻して・・・。

そもそも蛾と蝶は、両方とも【鱗翅目(りんしもく)】でして、日本では
『アゲハチョウ上科』『セセリチョウ上科』『シャクガモドキ上科』以外は
全部蛾なんだそうです。
なので、夜飛ぶのが蛾で、昼飛ぶのが蝶というわけではないとの事。
なので、ヨーロッパでは蛾と蝶の区別はなく
ロシアでは【蛾】という言葉すらないんだとか。
ちなみに【鱗翅目(りんしもく)】とは、
胸部に2対の羽をもち、その羽に鱗状の鱗粉を有しているもの・・
だそうです。
ま、蛾の一部のグループが昼間飛ぶ事に特化したのが蝶になった・・・
ってワケやね。

で、クマグスさんが蛾を好きになったのは小2の時。
山を歩いていたら、驚くほど綺麗な蛾(オオミズアオ)と遭遇したから
・・・だそうです。
確かにその蛾って、薄水色の羽できれ~なんだわ。

健「なんともいえない色だね」

って 健ちゃんも言ってたしね。
ここでイノくんがソボクな疑問をクマグスさんにぶつけた。

井「それが小学校2年生ぐらいでしょ?大体それ位からちょっと
  異性に興味を持ち始め、芸能人とか好きな人が出てくるじゃないですか?
  そういうのはなかったんですか?」
ク「ありました!当時、森田さんが好きだったんですよ。」
剛「どっちが先?俺が先?蛾が先?」
ク「確か、森田さんが好きだったんですけど・・・。」
健「蛾に負けた・・・と。」
ク「この蛾にあってからは・・・かすんで・・・。」
剛「おかしいぞ?!」
健「(剛を指差して)蛾に負けたアイドル!」
ク「森田さんがもしも6本脚で、もっと毛がフサフサしていて
  夜飛んで・・・。」
剛「今の所、全部出来る。大丈夫!」

・・・剛くん、それ全部出来たら人間じゃないって(笑)。

でも、クマグスさんの蛾への情熱は
小4~小6の夏休みの研究に出ていまして、
彼女が書いた【蛾の研究日誌】は、
次世代の昆虫研究者を育成する日本昆虫協会主催の
【夏休み昆虫研究大賞】を3年連続で受賞し
初の殿堂入りまで果たしているんですわ・・・この人(汗)。

ちなみにその中には、子供の頃のクマグスさんが
指先に蛾をとめている写真もありまして、クマグスさん曰く
『蛾をなつかせているところ』なんだそうです。
・・・蛾ってなつくの(汗)??

ちなみに・・・。
日本で蛾って、6000種類ぐらいいるそうですが
毒がある蛾って、数十種類ぐらいなんだって。
蛾って、ほとんどが毒を持っているって思ってたよ、おいら。


次は、クマグスさんがお勧めする
【変り種の蛾】の紹介っ!


いろんな蛾が紹介されたんだけど、
蛾っぽくない、カナブンみたいなのや
枯葉みたいに丸まっているのやら、かと思ったら
20枚くらい羽があるのやらが、印象に残りましたね。
あと、【メイガ】という蛾を紹介した時、
何処が気に入っているのか?とV6に尋ねられて
ク「線が入ってるぅ~~
と、妙なテンションの上げ方をしたクマグスさんには
ちょいと笑わせていただきました(笑)。


【美しい蛾の情景】という、街の風景と蛾のコラボレーション(?)の
VTR(って言っても写真だったけど)を挟み
(坂本氏は蛾のアップで思いっきり顔を背けていましたが・・・)
次のVTRは、
【クマグスの蛾の採集、同行映像】。
ちなみに、蛾を採集するためには、やっぱり
トラップ(おびき寄せる擬似餌ですな)が必要で、そのトラップは
砂糖・酢・ビールで出来るそうです。(人工樹液ですね)
しかし、トラップを仕掛けるところから
蛾をゲットするところまで、本当に手馴れているクマグスさん。
しかも・・・。
【フクラスズメ】という蛾をゲットしたときなんざ、もう喜び大爆発。
しかし、それとは反対に、そのVTRを見る坂本氏はテンション(笑)。

蛾を触るクマグスさんを見て、悶絶し(笑)、
蛾に頬ずりするクマグスさんを見て、ハンカチで口を押さえる坂本氏(爆)。


しかし・・・・。
そのときはキタ。


坂本昌行が蛾と友達になる時間が・・・(爆)。



お友達になる蛾は、先ほどのVTRにも登場した【フクラスズメ】。
で、どうやってお友達になるのかというと
電話ボックスより、ちょっと大きめな箱の中に、フクラスズメと一緒に入って
仲良くなってもらおう・・・というもの(笑)。

一足先に箱の中に入り、指先にフクラスズメをのせ、
坂本氏を手招く(というか指で招く) クマグスさん。
恐る恐るボックスに入る坂本氏。
恐怖で直立不動(爆)。
そんな坂本氏の首筋に、蛾を近づけるクマグスさん。

坂「あ゛~~~っ!!!」

と、絶叫する坂本氏。
しかしクマグスさんは容赦しない(爆)。
坂本氏の肩に、フクラスズメを乗せる(クマグスさん、チャレンジャーだ)。
もう抵抗もできなくて、
サナギのごとく壁にへばりつく坂本氏(爆)。
ボックスの外では

長「わかりあえた瞬間っ!」
健「坂本君がさなぎになってます。」
長「(カメラマンさんに)撮った?撮った??」

と、メンバーが大騒ぎ。
しかしそんな大騒ぎをよそに、ボックス内は緊張感が漂い・・・(笑)。

坂「(首をすくめて恐る恐る)どこにいるの?」
健「右肩、右肩。」
坂「えっ?」
健「見て。」

健ちゃんの誘導で、思いっきり蛾を見てしまう坂本氏。
その瞬間

坂「うわっ~~!!」

と再び絶叫し、全力で蛾から顔を背ける。
(この瞬間の顔を、優ぽんは「アイドルの顔じゃない」と言ってました)

さすがにこのままじゃ・・・という事で
そっと坂本氏の肩からフクラスズメを取るクマグスさん。

ク「取りました。」
坂「取った?(もう泣きそう)」

とここで終わりと、ボックスから出ようとする坂本氏。
が・・・。

誰かがボックスのドアを押さえている(爆)!

当然、ボックスから出られない坂本氏。
カメラが引くと・・・ドアを押さえていたのは・・・クワガタ師。岡田(爆)!
坂「なんで押さえてんだよ~、これっ!」
という坂本氏に、ニコニコ顔で
准「押さえてないって!」
と答える准ちゃん・・・(爆)。

やっぱり、坂本氏には【ドS】なのね、准ちゃん(爆)。

と、その隙に再び坂本氏の肩にフクラスズメを乗せるクマグスさん。

坂「ダ~メ~だって~~っ!」

と、もはや今にも泣きそうな坂本氏(T●●T)。←顔文字にするとこんな感じ(笑)?
しかしクマグスさんは、やっぱり容赦しない(爆)。
でもって、メンバーも容赦しない(爆)。

ク「ペンダントみたいになってます。」
井「かわいいよね。」
健「ブローチ!ブローチ!」

と、盛り上げる。
でイノくんが、坂本氏の目線をフクラスズメの方に誘導。

坂「(静かに)お~~~、いたね~。」
長「いたね~、いたね~。」
井「最高だよ!リーダーのリアクションは・・・。」

するとクマグスさんから坂本氏に新提案。

ク「触ってみたらどうですか?」
坂「触るのはちょっとね~。触るのはアウトだ。」
井「限界?」

と、仕切り役のイノくんが坂本氏の限界を感じ取ったその瞬間・・・。

坂「触ってみようかな?」

長「ホントに???」

さあみなさん。
ここから、奇跡のショーの開幕です(爆)。

クマグスさんの手で、坂本氏の右人差し指に
そっと乗せられる フクラスズメ(勿論、蛾です)。
その瞬間、流れ始めるE.Tのテーマ(爆)。
スタジオ中から沸き起こる拍手っ!
決して手元を見ず、でも大きく目を見開き、固まった表情で
遠くを見る坂本氏。
で、その感想を尋ねられて

坂「・・・脚が・・・カッとくる。」

と、わかるようなわかんないようなコメントをする坂本氏。
そして容赦ない クマグスさんは

ク「(蛾の)顔とか見てください。」
フクラスズメと坂本氏の距離を近づけようとする(笑)。
そんなクマグスさんに
坂「いえ・・・大丈夫よ。」
と言いながら、自ら指と顔を近付け
ジッとフクラスズメを見る坂本氏。
す、る、と・・・・。

坂「こんな顔してるんだ・・・。」

と、ふつ~に感想を・・・坂本氏が蛾の顔の感想を
ふつ~に述べたっ!!


奇跡だぁ~~~~(爆)!!!


・・・と、おいらの心が叫んだのは言うまでも無い(笑)。
しかしこの奇跡は、まだ続く。
ボックスの外で、蛾に向かって
「飛べっ!飛べっ!」
と、言葉付きで念を送るメンバーをよそに(笑)、
坂「何か、ボアつけている感じだよね。」
と、更に感想を述べる坂本氏。
んじゃ・・・という事で、イノくんがこう言った。

井「ボア、触ってみなよ。」

今までの坂本氏なら、こんな言葉には耳も貸さなかっただろう。
しかし、今回の坂本氏は違った。
恐る恐るではあったが、彼の左人差し指は
フクラスズメのボアの部分を撫でたのである・・・。


奇跡だぁ~!ありえない奇跡だ~!


その瞬間、おいらの心が叫んだのは言うまでも・・・・ない(爆)。
さすがのメンバーも、これにはかなり驚いたようで

井「これ、ホントすごい事だよ。」
長「「世の中で1番苦手なものだもんね。」
健「自ら克服したね。」

と、大感激。
坂本氏も、ちょっとリラックスしたようで
坂「ちょっとね・・・慣れてくるんだよね。」
と、笑顔を見せる余裕も・・・。
健「普段なら鳥肌とか立っちゃってダメでしょ?」
坂「ダメダメ。」

すると何故か咳き込むクマグスさん。
ク「何か鱗粉 飛んでる気がする・・・。」
その言葉に 一瞬にしてビビる坂本氏(笑)。
クマグスさんが坂本氏の指先のフクラスズメに触ったら

坂「ダメだよ!動かしちゃ~~!」

と、元のヘタレ坂本氏に戻ってました(笑)。
ここで番組はCMに入り、CMがあけて・・・。

竹「(坂本氏に)ちょっとは好きになりました?」
坂「好きとかそういう問題じゃないですけど、初めて蛾を見たんで・・・。
  なんかちょっと、気持ち悪いって言ってゴメンナサイって・・・。」

健「あやまった・・・。」
井「すごいよ・・・これ。」


と、坂本氏が虫嫌いを克服したかどうかは謎ですが
とりあえず、やみくもに虫を否定するのは反省したようです・・(笑)。


そして、次は待望の新コーナー。
V6が一人前のクマグスになるまでを追った完全ドキュメンタリー

V6 クマグスへの道



今回は・・・三宅健編。


時は2009年1月、朝7時。
しかもお天気は雨。

健「俺さ、お酒呑めるようになりたいと思っててさ・・・お酒。」
スタッフ(以下ス)「どうするの?」
健「クマグスでしょ!」

・・・何かの道を究めるのがクマグスなのに、
ただ【お酒を呑めるようになりたい】なんて、
その意味を全く理解していない健ちゃん(爆)。
とりあえず、スタッフの知っている呑み屋へ向かう。

場所は赤羽駅前。
たぶん、イトーヨーカ堂がない側(笑)。
でもって、安楽亭とかメガネドラックとかマツモトキヨシとかがある側(笑)。
・・・おいら、赤羽駅前はくわしいぞ(爆)。

でもって、朝からやっている店発見。
お店は立ち呑み屋。
たぶん・・・安楽亭の裏近辺だと思われ(汗)。
立ち呑み屋なので、メニューがどれも安い。

ス「センベロって知ってます?」
健「センベロ?」
ス「千円でベロベロになれる・・・っていう(店)。」

と、早速、注文することに。が・・・。
健「ここだけの話、酒とか頼んだ事ないんだよね。」
と、呑み屋超初心者の健ちゃん。
スタッフに勧められて、ハイボールを注文する事に。
注文したのは
ハイボール×2、煮込み、マグロ刺身。
これだけ注文して、全部で600円っ!
確かに安いっ!

煮込みをつつきながら、いよいよハイボールへ・・・。
2口ぐらい呑んだところで
健「これやばいな。これきちゃうな。本当にいっておくけど
  呑めないからっ!

と早くもギブアップ宣言(笑)。
ス「こっちが強制したわけじゃないから・・・。」
健「言っておくけど、本当にすぐ酔っ払うのと、日光猿軍団の
  サルのお尻みたいな感じで、まっかっかになってくるから・・・。」


・・・大丈夫か?健ちゃん(汗)。
すると、お客さんの1人が健ちゃんに話しかけてきた。

客「名前、何ていうんですか?」
健「僕ですか?三宅っていいます。」

そこから、いろいろと【朝から呑む】事について
そのお客さんからレクチャーを受ける健ちゃん。
客「芸能人って朝まで呑む人は多いけど、朝から呑む人っていないでしょ?」
と、そのお客さんの一言からヒントを得た健ちゃん。

健「朝呑みクマグスってどうよ?」

・・・ってなワケで
健ちゃんの目指すクマグスは、
【朝呑みクマグス】に決定っ!!

しかし、この案をくれたお客さんは
実はリストラをされちゃった人で・・(汗)。
ま、そんなこんなで、このお客さんを勝手に【師匠】と命名し
ハイボールを酌み交わす健ちゃん。
見事、ジョッキ1杯飲みきるっ!
・・・勿論、健ちゃんの目はトロンとしてました(笑)。

実はこのコーナー、来週に続きまして・・・(汗)。
来週は、さらに酔っ払った健ちゃんにお目にかかれそうです。



そしてお待ちかねのエンディングトーク。
今回のテーマは
鼻毛が出ている彼氏への注意方法は?

坂「言っちゃえばいいんじゃないの?出てるよって・・・。」
剛「でも僕がその場合だったら、その時点で嫌いになっちゃうんで・・・。」
井「え~~っ!?」
健「鼻毛出ていたら?」
長「受け入れようとかないんですか?」
剛「ないですっ!」
健「この場合だと男の子でしょ?自分がもし鼻毛出ていて、女の子に言われたら
  どうする?どう思う?」
井「俺は別に・・・。俺、結構ね、10代の頃出ていたらしくて(笑)。
  東京だから空気悪くて出ちゃったらしいんだよ。
  先輩にスマップの中居くんがいたときは、ちゃんと言ってくれるんですよ。
  でもちっちゃい声で。『井ノ原(指で鼻をほじるような仕草)っ!』
  こうやって(指先に)唾をつけてグイッてやると毛が柔らかくなって
  中に入るから、今やっとけって言って・・・。
  それずっと覚えていて、いまだにうたばんとかに行くと(あの仕草で)・・・。
  『出てない』って言っても、古いですから、それって・・・(笑)。
  でもさ。その出ている・・・出てる彼も丸ごと愛してあげて欲しいよな。」

剛「そうだ!そうだ!」
健「そうだよね。」
井「(剛ちゃんに)嫌いになるって、言ったじゃね~かっ(爆)!」


と、今週のクマグスはここまで。
来週のクマグスさんは
『動物チラリズムクマグス』という、
ちょっとタイトルだけでは わかりにくいクマグスさんが登場します(汗)。


ちゃんとレポできるかな・・・(不安)。



そうそう。
私の某友人が この『クマグス文字だけ放送』に
『クマグス逆台本』という
面白いタイトルをつけてくれました。
確かに、これって台本の逆みたいなもんだもんね(笑)。
他に、もしこの『クマグスレポ』にタイトルをつけるとしたら
どんなタイトルになるんだろう?

というワケで・・・。

みなさん!
もしよろしければ『クマグス文字だけ放送』の他に
何かいいタイトルがあったら、ぜひ教えてください。
お待ちしてます!



ふう・・・。
やっぱり今回のレポは・・・長かったわ(笑)。
愛が偏ってて すんません。
スポンサーサイト
別窓 | V6 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
遅くなっちゃったけど・・・。
2009-02-20 Fri 22:24
森田 剛さま

30回目の御誕生日

誠におめでとうございます~~!



これであなたも、坂本氏側の仲間入りですね(笑)。


っていうのは、冗談だけど・・・。



そうですか。
あの、剛ちゃまが30歳ですか。
何だか、信じられないですね。

ヤンチャ坊主から、【ウルフ森田】にワルさを増大させたと思ったら
いきなり【豆】になり(丸坊主の頃ね)
ここ最近では、東山くんの手で、すっかりうひゃひゃなヒツジ(笑)。
ほんと、目が離せない男であります。

でも、ダンスのエロさは格別!
坂本氏の【不謹慎なフェロモン(爆)】とは違うフェロモンは
こんな四十路の私をも、純粋にドキドキさせてくれます!

うん。
コンDVDで、坂本氏が消えた後の【VOLTAGE】は
いつも、剛ちゃまばかり見ている私です・・・(汗)。



これからも、どうかその
オオカミのフェロモン&ヒツジのラブリーさ
という、相反する雰囲気を持ったまま
素敵な

三十児(【児】は【路】じゃないのよ)

でいてください(笑)。



コンサートの剛ちゃまは、最強だと思っております♥
別窓 | V6 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
クマグス16回目
2009-02-14 Sat 17:22
15回目のクマグスレポの大半が消えてしまい、
そのショック・・・かどうかはわかりませんが(汗)、
しばし、体調を崩しておりました。

でも、ビールを飲んだら治りました(爆)。

・・・時々、自分で自分の体がわからなくなります(笑)。


では、そろそろ始めましょうか。
みなさま、
『クマグス文字だけ放送(笑)』にようこそ。
今回は、書いた本文が消えない事を祈りつつ・・・(汗)。


今回のクマグスさんは、東京での放送当日が
バレンタインデーという事もあって、ちょっとロマンティックな
夜景クマグスさん

井「夜景とか・・・見る?」
剛「やっぱり歳をとると、見ちゃうよね。」
坂「ナビとかに結構入っているから・・。ナビやると項目に入っているの。
  『全国有名スポット』って。」

長「えっ?行くの?」
坂「はいっ!行きました!」(『それが何か?』という顔で(笑))

坂本氏、そういう場所に、まさか
1人で行ってないよねぇ~~(汗)???
だ~れ~と、行ったのかなぁ~~~(爆)??

と、メンバーの軽い会話の後、クマグスさん登場。
今回のクマグスさんは、日本全国の夜景スポット約800箇所を
取材、研究し、HPで紹介しているとの事。
しかも、私や坂本氏よりも・・・若い(笑)。
すると我らが剛ちゃま、何を思ったか、
クマグスさんの顔をじ~っと見て一言、

剛「いい景色を見ているから、目がきれい!」

と、超ストレートな感想(笑)。
うん、確かにみょ~に若々しくて目がきれいな男性でした。

まず、クマグスさんが紹介したのは
【バレンタインチョコを渡すのにピッタリな夜景スポット】でした。
ここでも、ちょこっとご紹介。

①福岡県北九州市 皿倉山
(写真を見て)
井「外国みたい。」
ク「日本ですけどね。」
と、軽いやり取りは置いといて・・・(笑)。
なんとこの場所、2003年に『新日本三大夜景』に選ばれてます。
で、この山の山頂にはスロープカーっていうのに乗るんですけど
それも、若干照明が暗くて、夜景が見やすい造りになってました。

②山梨県山梨市 笛吹川フルーツ公園
富士山と甲府盆地がみえる公園。
特に夕暮れ時は、富士山がシルエットで見えるので綺麗。
准「絵になりますね。」
と准ちゃんが言うのも頷ける夜景。
でもって、寒いときには、公園のもう少し上の方に
『ほったらかし温泉』という温泉から夜景を望むこともできるそうです。
しかも、湯船につかったままで・・・。
ただし、混浴ではないのでご注意を(笑)。

③兵庫県神戸市 六甲ガーデンテラス
クマグスさん曰く
『日本でここを越える夜景はないという位、美しい夜景』。
手前から、神戸・六甲アイランド、奥に大阪の夜景が一望できる。
ガーデンテラスにあるお店屋さんも、西洋風な建物で
ロマンティックでした。


クマグスさんが言うには
1番夜景がきれいな季節は
1番夜景がきれいな時間帯は
『日没時間の15分後~20分後がベスト』なんだそうです。
というのも、完全に日が落ちると、空・山・海の全てが暗く
明かりに明暗の差が出ない。
で、この時間帯だと、山のシルエット・川の流れもわかり
立体的な夜景になるんだそうです。
ちなみに、この夜景が1番美しい時間帯を
トワイライトタイムというそうです。


次に紹介されたのが
【必ず恋愛が成就してしまう夜景スポット】。
タイトルだけ見て、大暴れしたのが・・・坂本氏(笑)。
坂「早く教えて!早く教えて!」
と、クマグスさんを催促し
ク「ちょっと待ってください。」
と、たしなめられていました(笑)。

まず最初は
・必ず手をつないでしまう夜景スポット → 神奈川県横浜市 円海山
 なぜかというと、夜景スポットに行くには車を止めて少し歩かなければならない。
 しかしその道が真っ暗な道で、足元がおぼつかない。
 これから付き合おうとしている男女は「こっちだよ」とか言いながら
 手を引ける・・・というのがクマグスさんの論。
が・・・。

V6「やらし~~~~なぁ~~!!」

と、この論にメンバー大暴れ(笑)。
でも確かに・・・ちょっと下心がバレバレかも(笑)。

で、次は
・思わずキスしたくなる夜景スポット → 静岡県焼津市 高草山
 ここは車のフロントグラス越しに夜景が見える。
 で、2人だけの…他の目が無い空間で夜景を見られる。
と、ここでクマグスさん大暴走(笑)。
ク「ジャズとか洋楽とかの甘い(音楽)を流した日には・・・。」
健「キスの1つや、2つ・・・。」
ク「リクライニングも出来ますよ!」
さすがにこの発言には 長野クンも
長「何クマグス?これ・・・。」
と、笑ってました。

で、恋が成就する夜景スポットの最後は
・結婚を意識してしまう夜景スポット 
  香川県宇多津町 天使の住む丘 サン・アンジェリーナ展望台
 展望台から瀬戸大橋を望む夜景なんだけど、この展望台、
 実は教会で、夜は展望台として一般開放されているんです。
 おまけに、恋愛スポットによくある
 【南京錠がロックされている場所】っていうのもあって、
 そこで、鍵をかけて、その鍵を海に投げると
 永遠の愛が誓えるんだとさ。


そしてここで、日本の夜景を押さえつくしたクマグスさんの
おもしろ~い発見が・・・。
それは
山の山頂に繋がる道があって、その麓にラブホがあると
99%(山頂で美しい)夜景が見られる(笑)

これをクマグスさんは、【需要と供給】とおっしゃってました(笑)。


そして夜景は、世界の夜景BEST5に。
ここではさらっと、順位だけ紹介。

第5位 パリ(フランス)
第4位 モナコ公国
第3位 ラスベガス(アメリカ)
第2位 ナポリ(イタリア)
第1位 ロサンゼルス(アメリカ)

ちなみにクマグスさんは、ロサンゼルスの夜景を見て
奥様にプロポーズしたんだとか・・・。
そしたらなんと、その奥様もスタジオにいらしていて・・・。

長「何て(プロポーズを)言われたんですか?」
坂「言っちゃいなよ!」

と、V6夫婦(えっ?)にからかわれちゃいました(汗)。


と、ここで夜景クマグスは、一旦お休みで。
次のコーナーは・・・。


クマグスの巣。


と、いつもなら、このコーナーはかる~くスルーするんだけど
今回は違うっ!
なんと・・・とうとう・・・ついに・・・


ロケに准ちゃんが【突撃取材】という形で参加っ!!


やりましたよ・・・。
ここでさんざん『おもしろくないっ!』と
吠え続けた甲斐がありましたよ~~(爆)!


で、今回のクマグスの巣は『錠前コレクター』さんの所へ。
しかし准ちゃん、そのクマグスさんの元へ向かうときから
准「あんまり興味ないんだけど・・・」
と、ちょっと戸惑いのご様子。
しかし、そうこうしているうちにクマグスさんのお店に到着。
このお店、店内にはクマグスさんが50年以上かけて集めた
500点以上の錠前がそろっておりまして、
准ちゃんも、いろいろと見てみたんだけど・・・。

准「(スタッフに小声で)ちょっといい?まだ(魅力が)わかんないわ」

と、やっぱり困惑しているご様子。
ので、准ちゃんがクマグスさんにいろいろ訊いてみる事に。

クマグスさんにとって古い錠前の魅力とは
「鉄製なのに温かみがある」
という事なんだそうで、早速准ちゃんもそれを体験すべく
江戸時代の阿波錠を開けてみることに・・・。
すると・・
准「いい音しますね。」
と、少し錠前に魅力がわかりかけてきた様子。

で、珍しい錠前をあれこれ見せてもらった准ちゃんが
最後にチャレンジしたのが・・・からくり錠。
からくり錠とは、商人の蔵とかで使われ、からくりがあり
普通にあけることが出来ない錠前の事。
准ちゃんに渡されたのは、鍵が2本と鍵穴がない錠前1つ。
これをあける事に挑戦したわけなんですが・・・。

なんと准ちゃん、隠された鍵穴をあっという間に見つけ
無事にからくりを解いて 鍵を開けちゃったんですわ。
これにはクマグスさんも感心して、准ちゃんに
錠前をプレゼントしてくれました。

うん。
メンバーが参加していると、
このコーナーも楽しいわ。


で、ここでクマグスの巣は終了。
再び、夜景クマグスへ・・・。
次に紹介されたのは
【日本全国おもしろ夜景】でした。
おもしろ夜景とは、夜景が別のモノに見える・・・っていうものみたい。
どこが紹介されたのかというと・・・。

・青森県むつ市 釜伏山  → 横から見たら蝶々に見える
これを准ちゃんは
准「カジキマグロの口だと・・・。」
と言ってしまい、クマグスさんに
ク「ちょっとロマンがないですよね。」
って、注意されてしまいました。

・神奈川県横浜市桜山歩道橋  →  トトロ
ちょっとわかりにくいけど、街灯がトトロの輪郭に見えます。
子供と一緒に行ったら、楽しいかも。

・北海道深川市 戸外炉峠  →  北斗七星とはくちょう座
ここは、夜景が北斗七星とはくちょう座に見えるように
街灯を設置してあるんだそうです。
う~む、なかなかニクい演出ですなぁ。

・広島県呉市 灰ヶ峰  
准「これきっと森田君が当ててくれると思います。」 
剛「はい、はい、はい。・・・わかります?」
V6「わかんない。」
剛「これはあれですよね。誰もが1度は口にした事ある・・・。」
ク「多分 違うと思います。」
・・・正解は、『カップルで【くれ】と読めたら幸せになるといわれている』でした。
でも、ここで紹介しても 写真見ないとわかんないですよね(汗)。

そして最後に紹介されたのが
【東京近郊おしゃれ夜景スポット】でした。
そのうちの1つが、
東京タワー特別展望台から六本木ヒルズと富士山を望む夜景。
勿論、トワイライトタイムで(笑)。
うん。やっぱり綺麗でしたね。
そしたら剛ちゃん、写真を見ながら
剛「『とんぼ』とか聴きたいよね。」
健「『とんぼ』?どうして?」
剛「それ訊かないでよ!聴きたいんだから。」
と言ったので、ここから先は剛ちゃんのリクエストにお応えして
BGM『とんぼ』で、東京の夜景が紹介されました(笑)。

で、次に紹介された 東京近郊の夜景は 横浜。
やっぱり、みなとみらい方面の夜景ばっかりでした。
でもって、BGMはブルーライトヨコハマでした(笑)。←古いわぁ~。


と、夜景紹介はここまで。
最後に坂本氏が
「あなたにとって夜景とは?」
と尋ねたところ、クマグスさんは こう答えました。
ク「夜の宝探しですね。」
すると長野クンってば、スタジオ内にいた、クマグスさんの奥様に
長「奥さん、聞きました?1番の宝はあなたですよ~!」
と大きな声で発言(爆)。
ものすご~く照れる奥様を見て、坂本氏が
坂「お前が言わなくてもいんだよ(笑)。」
と、つっこんでました。


と、クマグス本編はここまで。
次はお待ちかねの、エンディングトーク。
今回のテーマは
初めて本命チョコをもらったときはいつ??

長「僕は小学校高学年の時かな?やっぱりみんなに
  『ちょうだい!ちょうだい!』って言ってて・・・。で、言ってない子が
  くれたんですよ。でも『義理チョコね』って渡されて・・・。
  で、似顔絵が描いてあったの、オレの。
  『黄色が似合う長野クン』とか書いてあって(笑)。」
井「『義理チョコね』って言ったんでしょ?」
長「そう言われたんですよ。」
井「じゃ、義理チョコなんじゃ・・・。」
剛「(キッパリと)義理ですよ、義理っ!」
長「・・・ですよね(笑)。」
准「僕、中学・・・たぶん1年生。」
井「あら、結構遅いじゃない。」
准「2階のトイレの横のたまり場に呼ばれて、
  『●●ちゃんが渡したいものがあるから』って、
  『おまえ誰だ??』っていう女の子が来て、伝達して帰っていくみたいな。
  『本人が来てくれよ!』みたいなね。
井「なるほどね。健くん ありますか?」
健「小学校6年の時に、友達の女の子に呼び出されて
  『チョコレートを渡したい子がいるから』って、もらったのが
  小1の女の子でした。
井「5こ下っ?!」
健「(小声で)5こ下・・・。」
長「小学生の5こ下って、相当ですよ。」
健「基本的に手紙が書いてあったんだけど、殆どひらがなが多いみたいな。」
井「かわいいね~。それ、もらってどうしたの?」
健「食べましたよ。」
井「ありがとね~・・みたいな感じで。」
健「食べました、食べました。」
井「僕、初めてもらったのが小2の頃だったんですよ。
  で、僕はすごい好きな子だったの。
  あ、色とりどりのマーブルチョコみたいなのがあるじゃないですか。
  あれがティッシュでくるんであって・・・。」
スタジオ内 大爆笑。
井「で、しかも、その子、ずっと握っていたもんだから
  ティッシュに色がついちゃっているの(笑)。」

剛「かわいいね。」
井「かわいいでしょ?・・・リーダーは?」
坂「僕、小学校4年か5年の時に、全然面識もない隣のクラスの女の子で。
  家にいたら、おふくろが下で呼んで・・。
  『友達 来たわよ~!』って。で、行ったら、全然面識のない女の子。
  『これ受け取ってください』って・・・。」
長「家まで・・・。」
坂「でもそれの後に、3月14日、どうしようかと・・・。」
健「何、返したの?」
坂「マシュマロ。」
健「出た、マシュマロ。」
井「そんな おしゃれなもの、買ったの??」
坂「買いました!ちゃんと!!」
井「こんぺい糖とか・・・(笑)。」


と、エンディングトークはここまで。
しかし、みなさん、ちゃんと貰っていたのね~。
バレンタインのチョコ。

私、最初にあげたのって、いつだったっけなぁ?
・・・中学の時、後輩の女の子からもらった記憶はあるけど(汗)。



で、来週のクマグスですが・・・。
坂本昌行ファンのみなさま、大変お待たせいたしました。
とうとう

蛾クマグス登場!
です(爆)。

蛾におびえまくる、坂本昌行37歳が拝めます(笑)。


ので・・・。
来週のレポは、きっと・・・長くなると思います(笑)。
別窓 | V6 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
うぎゃ~~!!
2009-02-10 Tue 20:10
クマグス15回目のレポ。
昨日、ちゃんと書き上げてアップしたのに・・・。
昨日は ちゃんと全部 見ることが出来たのに・・・。


半分以上が消えてるぅ~(T△T)!


只今、鋭意 原因を追及中ですが、
1番考えられる原因が・・・


容量オーバー・・・(汗)かも(TwT。)


早い話、
クマグスのレポが長すぎるんじゃ、ボケッ!
と、サーバーさんに言われているみたいなんですわ(爆)。


レポを楽しみにしていたみなさん、
本当にごめんなさい m(_ _;)m
根性なしのおいらは、あの超長文を もう2度と書けません。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。


次回から、もう少し ちゃんと文章をまとめて
サーバーさんに、怒られないよう努力します。


はぁ~。
昨日のいいとも、録画するの 忘れたし、
何だか、最近、ついてないなぁ~~。
別窓 | V6 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
クマグス15回目
2009-02-09 Mon 16:01
とうとうトニコンツアーが始まりましたね。
ちょろちょろとネタバレを読んでいるのですが、
何だか、またもいろいろとファンを喜ばせてくれるみたいで・・・。

・・・あ~、トニコン行きたい(嘆)。

あ、しょうが湯ですが、
本当は、すりおろしたショウガを水に入れて
それを煮立てるのが、1番効果があるそうです。
私は、そこまでするのが面倒臭いので
すりおろしたショウガを 茶こしに入れて
ふつ~にお茶を入れるみたいにして 飲んでますが(汗)。


というわけで・・・。


本日も【クマグス文字だけ放送(笑)】にようこそ!


今回は
UMAクマグス・ダニクマグス・言い訳クマグス
豪華クマグス3人登場SPっ!
・・・ま、豪華かどうかは、判断に困りますけど(笑)。


まず1人目のクマグスさんは・・。


UMAクマグスさん。

剛「ウマ?」

と、剛ちゃんも この文字を見た時は首をかしげていましたが
正しくは【ウーマ】と読みます。
で、このUMAは 当然 略語でありまして、正式名称を
Unidentified Mysterious Animal
と言います。

で、みなさんがよく知っているUMAの代表選手が【ネッシー】。
あの水面から ひょこんと出たネッシーの頭の部分の写真は
みなさんも 記憶していると思うんだけど・・・。

あれ、トリック写真だったんですよね(汗)。

潜水艦のおもちゃに、蛇の頭をつけて 浮かべて撮影したという
立派なニセモノ。
けど、権威ある医者が撮影したものだから本当だろう・・・って
みんなが信じちゃったらしいんですよね。
クマグスさん曰く

「トリックでイタズラで撮る人もいるし、本当に素で撮れちゃう
 リアルでわけのわからない写真もある」

とのこと。
しかし・・・

健「ネス湖にネッシーはいないんですか??」
ク「なんらかの生物はいますね・・・。巨大な魚類・・・。」

と、ネッシーじゃない何かはいるっぽい。
んじゃ何故、未だにネッシー伝説が語り継がれているのか?
それは、恐竜というイメージが残っているほうが
イギリス政府としては、観光客が集まるから・・・。

と、クマグスさんは説明してくださいました。

で、次のUMAは・・・ツチノコっ!

まず登場したのは、2007年に愛媛県で撮影されたツチノコの写真。

井「・・・タイヤじゃないですか?・・・それ。」

ってイノくんが言ったんだけど、確かにその写真のツチノコは
ちょっと膨らんでいるし、模様からして、みょ~にタイヤっぽい(笑)。
・・・実際はタイヤじゃなかったんだけどね(笑)。
ただ、クマグスさん曰く

「カエルとかを飲み込んだ後の蛇を見間違える」

という事もあるらしく、言われて見ると、そう見えなくもない。

准「結構(ツチノコを)目撃している人、多いですよね。」

と准ちゃんがツッコむと、クマグスさんは
「古事記にもツチノコの記述はあって、
 奈良・平安時代から話は出ている」
とおっしゃってました。

ツチノコって、歴史があるんですね・・・。

そしてついに 動くツチノコの映像が登場っ!
その映像を真剣に見る メンバー。

井「えっ??えっ??」
健「これ、そうなの??」
准「・・・これは。」
長「これが・・・なんですか??」
ク「これは 潜り込んだ後です。」

映像は、ツチノコが石の下に潜り込んで行く
・・・っていうものらしいんだけど、
本当に短い映像で、VTRあけのメンバーも思わず

V6「えぇ~~っ!?」

を連発。
イノくんにいたっては、目をパチクリさせてポカン顔(笑)。

健「これで終わり??」
長「サカナでしょ??」
ク「サカナではないです。」
長「頭、ピッとやってるサカナ・・・。」

・・どうも長野クン、このツチノコ映像に納得がいかないご様子でした(笑)。

しかしクマグスさんによると、静止画だとサカナじゃないんだそうで・・。

准「もう1回、見せてください。」

という准ちゃんのご要望で、もう1度VTRが流れまして・・・。
再び メンバーも真剣にそのVTRを見まして・・・。

井「もう入っちゃった・・・。」
健「あれ、しっぽですか?何ですか?」
ク「しっぽです。」

とVTR中も、率直な質問をクマグスさんにぶつけていました。

で、このツチノコ。
地方によっては違うそうで、地方によっては
まぶたを閉じるツチノコ・・・なんていうのもいるそうです。
で、クマグスさん曰く

「ツチノコも色んな個体を指して、総称でツチノコと呼んでいるだけで
 その正体は、外国から来た特殊なトカゲとか
 巨大なヒルとか、ちょっと突然変異なヘビだとか
 ありとあらゆるものをツチノコと呼んでいるだけであって
 正体はいくつかあるのではないか。」

とのこと。
ちなみに、日本だけでも数百種類はいると
言われているんだそうです。

・・・私は見たことないけどな・・・ツチノコ(笑)。


で、次はツチノコ以外の
未確認生物紹介(写真)

まず最初に出てきた写真は、
角が生えた生き物が、人間みたいに座っている写真(笑)。
どう座っているかというと、
ちょっと前にセゾンカードのCMに出てきたお馬さんみたいな感じ
・・・っていうとわかってもらえるかな??
で、この生き物、実はウサギで、日本名で
【ツノウサギ】って言うんだそうです。
しかしメンバーの反応は

准「何か、人が入っている感じがしますけど・・・。」
だったり
健「ワンピースとか、マンガに出てきそうだな。」
剛「動く気が、さらさらしないんだけど・・・。」

と、全く信じていない様子(笑)。
いや、実際、ちょっと変な感じの写真でしたね・・・これは。

で、次に出てきた写真が、【ビックバード】という
超でか~い鳥(しかも翼を広げた状態で撮られている)。
本当にでか~い鳥なんだけど、実は北米あたりでは
2000年以降も、飛行機のパイロットが目撃しているんだそうで。

健「本当にいるんですか?」
ク「いると思います。」
剛「これ怖いわ、飛んでいたら・・・。めちゃくちゃ怖いわ。」
長「(写真を見て)これはハクセイか何かですか?。」
ク「ハクセイです。」
剛「(自分の服の襟を掴んで)僕ら、連れて行かれちゃいますね。」
ク「子供がさらわれるような事件は何回かあったらしいです。」
井「これ、どこに隠れているんでしょうかね?」
ク「(自信なさげに)ロッキー山脈とか、その辺り・・・(笑)。」

自分で服の襟を掴んで、自ら鳥にさらわれる姿を表現した剛くんが
超かわいいシーンでございました(爆)。
いや~、確かに剛くんぐらいだと、この鳥なら
いとも簡単にさらっちゃうんだろうなぁ~(妄想)。


で、次の写真が、【木登りメダカ】という
メダカみたいな生き物が木に登っている写真。
ちなみに、この写真は2008年に佐賀で撮影されたそうです。
でもパッと見た感じ、ちょっとヘビに見えなくも無い。

坂「ヘビじゃないんですか?」

という坂本氏の問いかけにクマグスさんは
「ヘビではないです。外国には木に登る魚がいるんです。
 でもそれが日本に来ているという話は聞いてない。
 ひょっとしたら、外国の木に登る魚が 
 佐賀県で繁殖しているのかもしれない。
 でも、新種の生物の可能性はたかい。」
と おっしゃってました。


で、次に出た写真が・・・なんと・・・
【妖精】っ(爆)!(1916年イギリス)
が、さすがにこの写真が出てきた時はメンバー全員が

V6「え~~~っ!?」

の大合唱(爆)。
だって、女の子の前に、いかにも妖しい変な小人が
これまた変な格好で立っているんだもん(笑)。

健「これは・・・ちょっと・・・。」

と、健ちゃんもいぶかしがっていましたが、
クマグスさんの話によると、この写真が撮影された当時
シャーロックホームズの作者のコナン・ドイルがこの写真を見て
「これはガチだ!」
と、信じ込んでしまったそうだ。
しかしこの妖精の写真は、2人の女の子が妖精の本を切り抜いて
撮影しただけの 真っ赤な偽物(爆)。
んじゃ、何故 当時インテリで有名だったコナン・ドイルが
騙されちゃったのかというと、彼は
10代の女の子に写真技術はないと思っていたからなんだそうだ。
ところが、女の子のうちの1人が 実は
カメラ屋さんでバイトをしていて、一応技術は持っていた。
だから、トリック写真が可能だった・・・と。

ところがこの写真には 後日談があり、
撮影をした子の親戚が
「数枚撮ったうち、1枚だけ本物がある」
って言ったから、さあ大変(笑)。
女の子が妖精の話を親に言っても信じてもらえなかったから
くやしくて、本を切り抜いて撮影した・・・と。

さあこの話。
どこまでは本当で、どこからが嘘か?
わからないから【UMA】扱い・・・みたいです。

で、【龍(?)の連続写真】や
【ミステリークラウド】と呼ばれる、自分の意思で動く
不思議な雲が紹介されて・・・。

井「これだけUMAをいろいろと見させていただきましたけれども、それでも
  100%信じるっていう事は僕ら できないわけじゃないですか。」

ク「そうですね。僕も9割以上、信じてないですよ。」
坂「すごい割合ですね。」

と、ここからクマグスさんの本音が・・・。

ク「注目をあびたい人が嘘をつくとか、UMAと誤認している場合も
  ありますよね。本当の意味のUMAは少ないと思う。
  でも、それで村おこしをしようとしたりする、人間模様として面白い。
  だから未確認生物は、捕まってはいけない。
  捕まると、単なる新種の生物で、生物図鑑に収まっちゃう。
  ロマンがなくなっちゃう。
  見つけたいという気持ちと
  頼むから、ツチノコ見つからないでくれという、裏腹な気持ちがある。」


みたいな事を、最後におっしゃってました。
確かに、そういう生物は見つかって捕獲されたら
急にみんなの関心が 薄くなりそ
別窓 | V6 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| V6戯言日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。