22年目のアイドル『V6』、特に【リーダー坂本昌行】に向け 愛と毒とぼやきを 発信中(笑)。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
クマグス29回目(5/30放送分)
2009-05-31 Sun 21:50
楽しかった、トニコンから1週間。
幸せな思い出を薄切りにして、それを噛み締めながら
毎日を過ごしております・・・。

というワケで今回も始めましょう。


本日もクマグス文字だけ放送【クマグスクマグス】
略して【クマクマ】にようこそ!



今回は珍しく1本立て(って言うのかしら?)。
なんと・・・。


武田信玄50億財宝発掘プロジェクトSP!!


そう。
例の、長野クンが同行を希望していた
『宝探しクマグス』さんのロケです。
長野クンが参加したという事で、クマグスさんがスタジオに登場した瞬間から、
メンバーもちょっとテンションも上がり気味で・・(笑)。

准「(クマグスさんに)なんか輝いているよね」
長「ボクが前回行きたいって言ってたアレ・・・同行してきました!」
井「うわ、出た」
長「行って来ました」
准「ボクはニュースで見ましたよ。なんか見つかったっていう・・・。」

・・・って、准ちゃんが言ってたのは
この収録の数日前に、『下水から埋蔵金発見』という
歴史的ニュースが流れていたからでして。

長「あれからですよね。あの間にですよ、そのニュース」
剛「あれが絡んでくるんですか?」
長「はいはいはいはい・・・。」
健「あれ?もしかしてそこに立ち合っていた?」
井「ついに絡んじゃった?」
長「ちょっとこれはね・・・久し振りにハートがビブラートしました」

というわけでVTRスタート!!

5月某日。
河口湖駅には、長野クンと宝探しクマグスさん。
長「今回、宝物っていうのは本当なんですか?武田信玄の宝。」
ク「武田信玄の宝。この話は伝説としてもベスト10に入る有名な話なんだけれども
  単に昔から伝わっているだけじゃなくて、実際に『宝を見た』っていう
  生々しい話がある場所なんですよ。」
長「見た?!・・・どちらにいらっしゃるんですか?」
ク「本栖湖に近くに・・・。まず行って、その話を聞けばますます本気になるから・・・」
長「実際、今回、その宝が見つかったらどのくらいのものになるんですか?」
ク「50億。ざっと・・・そんなもんですか・・・。」
長「行きましょう!本栖湖。話を聞きに行きましょう!」

というワケで、トレジャーハンタご一行様は、財宝の情報を持つ人物に会う為
まずは本栖湖を目指す。
で、その車中にて・・・。

長「そもそも武田信玄のお宝って、どういう流れで・・。」
ク「甲州っていう所は昔から金が採れていたわけですよ。それで武田氏が
  戦国大名の中でもすごく力を持ってきたのは、その金のおかげなんですよ。」

つまり説明すると・・・
当時、甲州を中心に勢力を拡大していた武田氏は、この地方に多くあった
金山で取れた金を、軍事的な要所に分散して配置し、いつでも戦を仕掛けられる
軍用金として蓄えた、と言われている。
それからおよそ300年後、富士の樹海に眠っていた金を発見したのは
地元の村人。
あまりに沢山のお宝に驚いた村人は、宝を取らずに急いで村まで逆戻りし
村人に報告。
その後、数人を連れて樹海に戻ったが、軍用金を見つけた場所がわからなくなり
そのお宝は現在までまだ見つかっていない・・・という事でして。

長「でも今まで何度も見つけに行ってるんですよね?」
ク「今回が5回目」
長「今までどういう探し方をしていたんですか?」
ク「大体この辺だろうという事で、伝え聞いた人が財宝のある場所を
  200メートル四方に絞ってくれた」
長「200m!?ただその200m四方の位置までは覚えていたということですか? 
  どの穴かはわからない・・・」

ク「はい。もう手の届くところにありますね!」
長「今日、手、掛けちゃいましょう!」

そして車で走ること40分。
財宝の鍵を握る人物と接触。
なんとその人のおじいさんのおじいさん(つまり5代前)が、
当時、樹海で壷に入った金塊を見つけたお方!!
それを見つけた時の場所の詳細は、
武田信玄の遺跡みたいな所(石塁)の近くで
大きな木(カヤの木)があって、朝日が1番最初に当たる場所。
あとは洞穴だが、現在は塞がっている可能性もある・・・との事。
ちなみに『石塁』っていうのは、石の砦とか岩石で作った城塁の事だそうです。

相当信頼できる情報をいくつか聞き出し、期待に胸を膨らませ
いざ青木ヶ原樹海へ。
そして10分後、樹海の入り口に到着。
そこから先は、歩いて財宝があるという場所へ向かう。
でもって、歩き始めて15分後・・・
武田最前線史跡公園 石塁入り口
と書かれた看板を発見。
すぐに穴を見つけるが クマグスさんに
「こういう穴が無数にあるわけですよ」
と言われてしまう。
そしてそこから、道なき道を進む。
樹海と言う場所が場所なだけに、長野クンも
長「これ迷わないんですか?」
と、ちょっと不安そう。
でもクマグスさんは慣れた感じ。
ク「実際歩いてみると、慌てて村へ帰ってもう1回来てみたら
  わかんなくなったっていう事がわかるでしょ?」
長「わかんないですよね。これはね。」
と、更に奥へ進む。

すると・・・
長「なんか、石が見えてきましたけど・・・」
ク「これが石塁です」
・・・とうとう宝の目印となる石塁に到着。
それは南北2km連なっていて、溶岩を石を人工的に積んだ壁のようなもの。
で、ここからお宝探しが始まるんだけど、
クマグスさんの探し方は・・・
『全体を見てもらって、隠した人の身になって、
 自分だったらどこに大切なものを隠すかを推理してもらって探す』

というもの。
これを聞いた長野クンは
長「なんか『戦』みたいですね。『戦略』みたいな・・・」
と、ちょっと緊張が高まったご様子。
そして、付近の地形を掌握するため、石塁を越え最南端へ向かう。
すると・・・
長「うわ~~穴だらけだな。光ってね~かな?」
って長野クンが声を挙げてしまうくらい、あちこちに穴、穴・・・。
でもクマグスさん曰く、
「今、開いている大きなくぼ地の穴は大体調べつくしたけど・・・ない」
との事。
とにかく200m四方の範囲から、たった1つの穴を見つけるのは至難の業。
なので、地形と今と昔の地図を比べて
・石塁付近
・大きなカヤの木
・未調査の洞穴
の3ポイントに、探索場所を絞っていく事に。
ここで、クマグスさんの秘密兵器登場!!
それは・・・ドイツ製の金属探知機!
早速長野クンがそれを持って探索開始!
すると・・・

ピーピーピーピー・・・・

開始3分で、音も高らかに反応する金属探知機。
ワクワクしながら、もう1度周囲に探知機をかざしてみる・・・と
探知機が反応していたのは・・・長野クンの腕時計(爆)!!
これには長野クンも
長「時計いらないっ!!」
と、素早く時計を外してスタッフに渡し
長「すごいミスを犯した・・・俺」
と凹んでいました。

再び探索開始。
30分後、大きな洞穴を発見し、慎重に探知機をかざすと・・・鳴った!
反応した所の石をどかし、もう1度探知機で調べる。
長「うぉ~!鳴ってるぞ!鳴ってますよ!」
と、期待するも
長「あっ!・・・あ、コイツか・・・アルミホイル!
と、またも悲しい結果。
長「ゴミ回収!!」
という怒りにも似た長野クンの声が、樹海に響きました(汗)。

そして再び巨大な穴の探索を開始。
するとまたも探知機が反応。
しかも今までのハッキリした反応とは違い、ちょっとニブイ反応。
ク「これはちょっと気になる鳴り方だな。そそる鳴り方だな」
長「いや、ちょっとこれ来ましたよ」
という事で、本格的な宝探しがスタート。
クマグスさんが慎重に石や土を取り除けば
長野クンも、スタッフと交代しながら、穴にもぐりこんで石を取り除く。
作業開始から40分が経過しても、まだ宝の影は全く見えない。
でも、、明らかに探知機の反応が高まっている・・・。
と、ここで

宝探し完結編 乞うご期待!!

と、VTR前半終了(爆)。
スタジオのメンバーも
准「のばす!!」
健「ここで!?」
と、驚きの色を隠せない。
すると坂本氏が長野クンに
坂「あれは・・・出た?」
と、いきなり結果を質問(笑)。
が、長野クンはそれをはぐらかすように、クマグスさんに
長「間違いなく鳴りましたもんね、アレは」
と話をふる。
ク「間違いなく鳴った」
長「やばかったですよね」
すると今度は
坂「いきなりピーって鳴るよりも、微妙な音の方が
  可能性があるってことですよね?」

と、クマグスさんに質問する坂本氏。
クマグスさんは微笑みながらこう答えました。
ク「そそる鳴り方だって言ったでしょ」

と、ここでVTR(完結編)スタート。

どんどん掘り進み、順調に作業が進む中、樹海にちょっとした変化が・・・。
長「ガスってきたね」
長野クンの言葉通り、辺り一面、突然の霧。
しかしそんな事とは関係なく、掘り進む事30分。
ここで再び探知機の出番。

・・・鳴らない(汗)。

ここに来て、探知機が一切反応しなくなってしまった(故障じゃないよ)。
探知機の調整を繰り返し、何度も当ててみたが、反応はなし。
掘り出した岩を調べても、探知機の反応はなし。
長「(スタッフに)今どのくらい掘ってた?」
ス「2時間ぐらい」
その時間の長さに、一瞬ガックリする長野クン(汗)。
が、気を取り直し
長「得てしてこういうもんですよね。そう簡単には・・・」
と、その場所を諦める。

そして探索再開。
探知機は全く反応を示さないが、1時間で広範囲を探索する。
するとまたも反応が・・・・。しかしその音に
長「鳴りすぎな感じもありますよね?」
ク「表面にある感じ」
と冷静な二人。
でも掘ってみる長野クン。
が、予想とは裏腹に人工的な金属が出てこない。
長「みんなさっきのでめげてるんじゃないの?鳴ってるんだよ」
と皆を励ましつつ一生懸命掘って、出てきたのは・・・空き缶っ!
長野クンも
長「ゴミは捨てるなっ!!」
と怒ってました。
・・・しかし、道なき道の樹海の中にゴミがあるってどういう事なんだろう(汗)?

で、今度は石塁を離れ、くぼ地を中心に探索をすることに・・・。
気がつけば探索開始から6時間が経過。
それでも頑張って探索をすると・・・洞穴の中で探知機が反応。
しかもハッキリした音じゃなく、鈍い反応(『そそる音』ってヤツです)。
しかも穴の周りには、カヤの木。
しかし、探知機が反応する場所は、大きな岩の下。
急いで周囲の岩をどかせるが、反応は1枚岩の下で間違いない。
クマグスさん曰く
「大きな1枚岩が穴にふたをしてしまった可能性が高い」
との事。
しかしそんな大きな岩をどかせる道具を持ってきてはおらず
これ以上、進めないご一行。
おまけにあと15分で日没の時刻。
せっかくの場所にたどり着いたのに、この日はここで断念。
長「これをこのまま放置して・・・ちょっと心残りですね。
  もう1回来たいですよね!」

ク「この反応の正体は何かっていうのをやっぱりつきとめてみないと。
  ガラクタでもいいんだけど、つきとめたい」
長「ちょっとリベンジを願いつつ・・・」
ク「なかなか1日じゃ・・・」
長「そう簡単なものじゃないんですよね!」

・・・と、ここでVTRは終わったんだけど。

宝探し第2弾 現在進行中!!

との事(汗)。
ということは、また長野クンはロケに行ったのでしょうか??
気になります。


この後、番組はちょこっとだけ
『怪談クマグス』さんが登場したのですが、ほとんど
来週の予告状態だったので、ここでは割愛させていただきます。


で、次回のクマグスは
・怪談クマグス
・ゾンビクマグス
・森田UMA
の3本立て。

・・・・剛ちゃん、なんか捕まえたみたいです(汗)。


今週も、長い長い文章におつきあいいただき
ありがとうございました。
心より感謝します。



えっと・・・。
余談ですが・・・。



6月3日、
優ぽんの高校の運動会(スポーツフェスティバルといいます)があるんだけど
競技中のBGMに、V6の曲が数曲流れます(汗)。
この春、美術部から放送部に転部し、
おまけに部長なんかになちゃった優ぽんの・・・ひそかな陰謀です(笑)。
で、おいらはその日、仕事を休んで
どんな曲がどの競技で流れるかを・・・確認してきます(笑)。

・・・・とりあえず、サビが流れた時
保護者席で踊りださないように気をつけよっと(爆)。
スポンサーサイト
別窓 | V6 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
クマグス28回目&もろもろ
2009-05-28 Thu 21:39
今思うと、新型インフルエンザで大騒ぎの中、
トニコン東京公演でディナーショータイムをやった事って
すごい勇気っていうか、決心だったんだろうなぁ~・・・トニ兄さん。
もしかしたら、場合によっては
あのディナーショータイム自体、ごっそりカットされていても
全然おかしくなかったんだもん。
コンサートそのものが中止になっていたとしても
全然おかしくなかったんだもん。

それを思うと、トニセン&スタッフには
どんなに感謝しても、感謝しつくせないです。

トニセン&スタッフのみなさま、
本当にありがとうございました。


あ・・・。
コンサートからお家に帰ったら、真っ先にちゃんと手は洗いましたよ。
だって、イノくんとのお約束だもん♥



さて、前置きはこのくらいにしておいて。



本日もクマグス文字だけ放送『クマグスクマグス』
略して『クマクマ』にようこそ。



今回のクマグスは
・生島ヒロシクマグス2
・混浴温泉クマグス
・エレベータークマグス
・岡田恐怖体験(クマグス?)
の豪華4本立て。

最初のクマグスは
生島ヒロシクマグス2
クマグスさん自ら
「『子供』というか『お粗末』というか、そういう所がみなさんに
 好かれるところなんで・・・」
と、生島さんを褒めているのか、けなしているのかわかんない発言(笑)。
でも、あまりにも早い再登場に
坂「ずいぶん早く来ちゃいましたね(笑)」
ク「そうですね。まさかこんなに早く呼ばれるとは・・・。」
と、クマグスさんも驚き気味。
でも、生島ヒロシさんを2週にわたって探求するなんてさ。
准「この番組でしかありえないですからね。」
・・・准ちゃんに言う通りです(笑)。

というわけで、今回も生島さんのラジオからいろんな発言を抜粋。
題して
クマグスさん厳選、生島ヒロシ名言集~おそまつヒロシ~
ではスタート。
・オープニングなのに
番組のオープニングなのに、生島さんじゃなく、局アナが挨拶をしている。
というのも、生島さんのスタジオ到着が遅れてしまったため
局アナが、生島さん到着まで、代役をするはめに・・・(笑)。
・置かなきゃいいのに
ドン!ガタッ!あたっ!!という物音と声の後、
普通に喋りだす生島さん。
が、その物音はハチミツをいたるところにこぼしていまった音で
結果、手がベタベタになってしまう。
・真剣なニュースの最中
真面目なニュースを読んでいる最中に鳴り出す携帯の呼び出し音。
・・・生島さんが電源を切り忘れていました(笑)。
・生中継の最中
ラジオの生中継中に
♪チロリロリロリン チロリロリロリン♪という音が・・・。
生島「あっすみません。今なんか(メールが)入って・・・。」
中継先「携帯は切ってスタジオに入ってください!!」
生島「すみません」
反省しきりの生島さんでした(笑)。
・行方不明
勿論、ラジオの生本番中・・・
生島「じゃあですね。今日の作品をいくつかご紹介させていただきます。
   ・・・今日の作品、あれ?どこ行っちゃったっけ?今日の作品・・・
   あれ?ちょっと待って」
気象予報士「見当たらないですよね?」
生島「見当たらないよね。ちょっとみんな探して!・・・あ~こんな所に!」
気象予報士「目の前じゃないですか!」
生島「ダメだよ~~!隠れちゃね~~。」
・・・探している間、ペーパーノイズが凄かったです(汗)。
・気象予報士に褒められる
またも本番中に原稿をなくす生島さん。
でもすぐに見つかり、気象予報士さんに
気象予報士「すごいですね。すぐに探せて・・・。」
と、褒められる。
・CM前のシメなのに
CM前のコメントまとめをして、そろそろCMというタイミングで
「はくしょん!」
と、くしゃみをしてしまう生島さん。
番組は、そのままCMへ(笑)。
・素敵な話のシメ
視聴者からの手紙を朗読し、コメントを言い始めたその時
「はくしょん!」
と、またもクシャミをしてしまう生島さん。
・まさかの相づち
気象予報士さんへの相づちが何故か
「アジャパー」(笑)。

・・・VTR終わりで、クマグス人形が食いついていたのは
健ちゃん、准ちゃん、イノくん。
健「いやもう、お粗末どころかここまでくれば
  潔いですよ。」

井「かっこいいよね、逆に。」
で、何故かこのタイミングで人形が食いつく坂本氏(笑)。

クマグスさん曰く、生島さんの携帯は年に1回か2階は本番中に鳴り
遅刻は今までに2回。
くしゃみは、2005年に21回、2006年に18回、2007年には15回だそうです。
で、次の名言集は・・・

クマグスさん厳選、生島ヒロシ名言集~まちがいヒロシ~
・9月17日なのに
いきなり「明けまして・・・」
新年の挨拶をしそうになる生島さん(笑)。
・おはようございます・・・ではなく
いきなり「おめでたい・・・」
と口走る生島さん(笑)。
・タイムスリップ
放送当日は2005年なのに
「2007年」といい、その後「2006年」と言いなおし
ようやく「2005年」にたどり着く(笑)。
・EU関連ニュース
「EU」というべきところを、思いっきり
「au」と言ってしまう生島さん。
・・・それ、携帯電話の会社です(爆)。
・衣装間違い!?
なんとパジャマのズボンのままだった生島さん。
着替えたつもりだったが、上だけ着替えて、下は着替えないで
そのまま仕事に来てしまったらしい(汗)。
・IH炊飯ジャー
IH炊飯ジャーを、思いっきり
イチH炊飯ジャーと読み間違える生島さん。

これだけの面白ネタを紹介されても
まだ食いつかないのは、剛ちゃんと長野クン。
というのも、剛ちゃんはこんな生島さんを
「なんか心配で見ちゃった」
んだそうです。


次のクマグスさんは
混浴温泉クマグスさん
・・・勿論、女性。
こちらのクマグスさんは、混浴の魅力にとり付かれ、
全国750箇所の混浴温泉を制覇し、
世界中の人たちと混浴するのがライフワーク・・・というお方。
でも、混浴と言えば、当然こんな質問も・・。

准「恥ずかしくはないんですか?」
ク「今でもすごく恥ずかしいですよ。」
井「恥ずかしいですか?」
ク「(温泉に)入るまでが恥ずかしいんです」
竹「みんな結構見るんですか?女性が入ってきた時・・・。」
剛「見るでしょ!そりゃ!」
ク「じ~~っと見る方もいらっしゃいますし、どうしていいかわからなくて
  目が泳いでいる人も・・・。」

・・・V6は、どちらのタイプでしょうか(笑)???

そしてVTRは
女性の多い混浴BEST5!へ。

第5位 栃木県奥鬼怒 八丁の湯
クマグスさん曰く、
「露天風呂が広くて、自分と相手の距離をとりやすい。
あと露天風呂に入ったまま、満天の星空を眺めることができる。」
だそうです。
第4位 青森県 酢ヶ湯温泉
クマグスさん曰く
「室内混浴なので、蒸気が立ち込めるので恥ずかしくない」
との事。
第3位 長野県 上林温泉 塵表閣
クマグスさん曰く
「女将さんお手製の湯浴み着で露出を控えられ、タオルを巻くより
 温泉にも優しい」
との事。
ちなみにこちらの温泉は、宿泊しないと入れないそうです。
・・・と、ここで坂本氏が、この温泉に素直な感想を述べる。

坂「逆に男性もちゃんと隠してくれていると入りやすいよね。
  どこ見ていいかわかんないわけじゃないですか・・・実際。」


・・・坂本氏よ。
いつになく、リアリティーあふれる発言ですが、
いつ、どこで、誰と混浴したんですか(爆)??
・・ま、それはこっちに置いといて(笑)。

第2位 秋田県 乳頭温泉 妙乃湯
と、健ちゃんがこの温泉の名前に反応。
健「乳頭・・・。チクビかと思ってた。」
このとんでも発言に、剛ちゃんが健ちゃんをどついていました(笑)。
紹介された温泉は、女性のリピート率が高い、モダンな温泉でした。
第1位 長野県 白骨温泉 泡の湯
クマグスさん曰く
「女性の脱衣所まで温泉のお湯が入り込んでいて、
 脱衣所で温泉に体をつけたまま、露天に出られる。
 しかもお湯が濁っているので、女性向け」
だそうです。


で、次に登場したクマグスさんは・・・
エレベータークマグスさん
こちらのクマグスさんは、日本初となるエレベーターのガイドブックを出版し
今までに乗ったエレベーターは1000基っ!
クマグスさんは、
「エレベーターは乗り物で、独り占めできて、運転も出来る」
と、熱くエレベーターを語っていましたが、
V6で1番の『乗り物男』、長野博くんに
長「(エレベーターは)自動ですけどもね・・・。」
と、冷静につっこまれてました。

ここで、クマグスさんが紹介したのは
エレベスト5(エレベーターベスト5の略)
まずは
第5位 伝説のエレベーター(東京 新宿 奥野ビル)
どこが伝説かというと、
しかも階数を示す文字盤が、アンティーク!
建物全体も、ちょっと古いというか趣きのある感じでした。
で、この建物ですが
准「ギャラリーとか入ってる・・・・」
と、准ちゃんは知っているようでした。
第4位 純粋エレベーター(東京 六本木 愛宕山)
なんで『純粋』なのかというと、
普通のエレベーターって、ビルの中の1部だけど、
ここのエレベーターは、ビルの中になくて
建物そのものがエレベーター・・・なのでありました。
ここは、坂本氏がちょっと興味ありそうな事を言ってました。
第3位 手動エレベーター(東京 日本橋 島屋)
金属部分が毎日磨かれていて とにかくピカピカ。
でもって、ここはエレベーターガールが
ハンドルでエレベーターを動かしてます。
ここはV6も、結構みんな知ってたみたいです。
第2位 京都もう1つの名所(京都 四条大橋 東華菜館)
こちらもアンティークな雰囲気漂うエレベーターで
文字盤が、階によって違います。
ちょっとカッコよかった。

で、ここでちょっと番外編
番外編 モテるエレベーター(東京 高輪 ザ・プリンスさくらタワー東京)
エレベーターが桜の木をかすめるように設置されていて、
エレベーターの中で、下から徐々に上に進みながら
お花見が出来る。
この光景に、
坂「これ、モテるわ、これ」
と、ちょっと感動してました。
そして

第1位 エレベーターの聖地(東京 中野 中野坂上サンブライトビル)
普通、エレベータの箱(乗っている所)やレールって
壁とかで隠されているけど、ここのエレベーターは全部むき出し!
こういうタイプのエレベーターは、日本にあまりないそうです。
で、実際クマグスさんがそれに乗る映像とかも出てきたんだけど、
V6のNo.1高所恐怖症の坂本氏は、
坂「怖そうだな・・・」
と、本音をもらしていました。


と、通常のクマグスはここまで。
最後は・・・。


実録!岡田の自宅で怪奇現象。


前回の放送で紹介されなかった、准ちゃんの恐怖体験・・・
というか、准ちゃんが見舞われた怪奇現象について
准ちゃん自身が語ってくれたシーン大公開・・・。
多少の校正を入れつつ、できるだけ、准ちゃんの言葉通りに
書いてみますね。


准「前、住んでいたところに・・・もう仕事はしていたんです、10代の頃。
  仕事はしてて、で、TVを見た人が
  『岡田がヤバイ』と・・・。
  それは有名な霊能力者の方で、僕の知り合いの知り合いだったんです。
  で、『岡田がヤバイから岡田に会わせてくれ。
  これでほっとくと、本当にヤバイ』
と、ずっとしつこく知り合いから言われるので
  『じゃあ1回会ってみよう』と。
  『わかりました。じゃあ会いましょう。●●で、うちはここです』って伝えて
  その人が来たんです。で、エレベータ上がってきたときからずっと
  『うぅぉ~』って言い出すんです」
健「(その人)岡田ん家に来たの?」
准「オレん家に入る前から。」
健「前のエレベーターで?
准「エレベーター上がった瞬間から(顔が)青くて、汗もダラダラかいて
  我慢してたんです。で『うぇ~』って言い出して
  本当に吐きだしたんですよ。それでもボクはウソだと、でその人が
  『ここからもう入れない。家の中にはもう・・・』
  あ、(その人は)男の人だったんですよ。
  で、入れないと玄関前にいるわけですよ。
  で、ボクの家の間取りを知っているはずないのに
  『家に入って左側の部屋の奥にいます。そこに、多分
  何かかかっていると思います。そこから3番目の服を持ってきてくれ』
って。
  で、『えっ』と思ったんですよ。『服に何かあるのかな?』って。
  で、その服の所に行って見つけたものが、
  ボクの物じゃなかったんですよ。
  それは引っ越したときに、マネージャーさんとかに引越しを頼んで、
  荷物を全部入れてもらっていたんですよ。その時に
  『あれ?この服、オレのじゃねぇ~な』
  って思っていた服だったんですよ。でも、仕事柄、衣装とか借りた服とか
  いっぱいあるから全然気にしなかったんですよ。職業病というか
  全然自分の物じゃなくても、『ああ、誰かが置いていったんだな』って思って
  ず~っと置いていたんです。で、『その服なんだ』って言われて
  『あれはオレの服じゃない』と。で、持って行って、とにかくそれを
  除霊しなくちゃいけない。その理由はいろいろあって、引越しを頼む前に
  住んでいた人が、事件を起こして大変だったという事を言われて・・・。
  で、『じゃあ終わりましたね』って言っても、
  またその人が全然家に入ってないんですよ。で、
  『最後にもう1つだけある』と。
  じゃあ偶然来てもらったんだし、最後のヤツも除霊してくださいと。で
  『それは多分、玄関入って1番最初の面と向かっている所の
  正面にある』
って言われて。そこトイレだったんです。で、
  『トイレの正面向いたら何もない。壁ですよ』って口頭で説明したんですよ。
  『でも何かあるはずなんだ。そこに何かある』って言われて。
  トイレに・・・。じゃあボク見てきますと・・・。

と、ここで大事件。
一生懸命喋っていた准ちゃんが、思わずクマグス人形のスイッチを押しちゃった(爆)。
当然、准ちゃんのクマグス人形は
「食いついた!」って叫びまして・・(笑)。
剛「自分で喋って、自分で食いつくなよ!」
坂「ちょっと俺、(話の内容)忘れちゃったよ。ドッキリして・・・。」
と、メンバーから怒られてました(笑)。
で、話は元に戻り・・・

准「トイレ、何も無いんですよ。そのドアをあけた正面側を向くんじゃなくて
  右を向いてトイレをする造りだったんです。で、
  『正面は壁だ』と伝えていたんだけど
  『いや、何かあるはずだから見てきてください』って。
  で行ったら、トイレの正面にブレーカーがあったんです。」
井「トイレに?」
准「目の高さ・・・ちょっと低いところに。で、その人に外に出て
  『ブレーカーがありました』って言ったら
  『そこで、人が一人死んでいます。女性か・・・。
  ま、それは多分問題はないけど、一応除霊した方がいいと思います」
と。
  『人が一人亡くなっているから、ちょっと残っている。
  あなたに危害はないけど、ちょっと残っている。』
で、
  『(ブレーカーを)開けてみて下さい』って。
  で、亡くなっているって聞いて怖いけど開けるか・・・って。
  ドアを開けて、トイレの中に入って、ブレーカーをカチャて開けたら中に・・・
  髪の毛がぶわ~って絡まってた。
  女の長い髪が・・・。

  ・・・・そういう経験はあります。」

このリアルな恐怖体験に、メンバー全員食いつきました!
うん。
私もちょっと・・・・怖かったよ(汗)。
でも准ちゃんは
准「ボクそこで5年暮らしましたからね。」
って言ってました。
住んでいるときは、怖かっただろうなぁ~~。




で、准ちゃんの怪奇現象話はここまで。
次回は、この流れを引き継ぐかのように
怪談クマグスさんが登場します。
でもって、
長野博、宝探しロケもあります!!

長野クン、本当にお宝を見つけることが出来たのでしょうか?
ちょっと気になります。





ふわぁ~~。
何とか、29回目の放送の前に
28回目をアップすることができたぁ~~~!!







あ、そういえば
来月はカミコンの振り込め用紙が来るんだよなぁ・・・。
不況のせいで、今年は振込みもできないかも(汗)。
働けど働けど、金が残らんっ!!


別窓 | V6 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
24日昼の部を思い出し語り
2009-05-26 Tue 22:19
まずはお詫び&言い訳から・・・(いきなりかよ!)

昨日(25日)に書いた、『23日昼の部の思い出語り』にて、
23日昼の部の記憶を書いたはずなのに
何故か、24日昼の部の記憶を書いておりました(汗)。

ホント、ごめんなさい。
興奮しすぎて、23日の事も24日の事も
グジャグジャのゴジャゴジャになってしまいました・・・。
気がついて、すぐに削除(というか文章ごと一時避難)したんだけど
25日の22時前にブログを読んだ方にとっては
今日のレポは、若干内容が被ったものとなっております(汗)。

・・・うん。
やっぱりおいらの記憶はアテにならない(爆)。


というワケで・・・。
5月24日、東京国際フォーラムに向かう山手線の中、
うっかり、i-podで、中孝介の『恋』という曲を聴いてしまい
グッスンと涙ぐんでしまった、めいりんです(爆)。
・・・いやぁ、この曲は切ないです。
でもとってもいい曲なので
ぜひとも、坂本氏にどこかで熱唱していただきたいですわ。


あ、レポ書かなきゃ(汗)。
では、5月24日トニコン昼の部、思い出し語り、スタート!!


この回のおいらの席は、前日とは逆サイドのL扉側。
で、いよいよコンが始まるというその時、
急においらの席の後ろが騒がしくなりまして・・・。
『なんぞ?』
と振り向いたら、すぐ後ろの横通路を歩く男の子の集団が・・・。

なんと・・・。

Hey!Say!JUMP(表記間違ってたらごめん)の皆様っ!!

うっが~~!!
みんな若いよ~~(当たり前だ)!!
かわいいよぉ~~(アイドルだもん)!
ピチピチしてるよ~~(おいおい)!!

初めて生でみたHey!Say!JUMPに、思わず興奮してしまったおいら(汗)。
そんな中、トニセンコンサートスタート(爆)!!


で、今回もレポはMC中心に行かせていただきます。
ちなみに、この日はビデオ撮りだったので、
昼の部か夜の部のどちらかがDVDになると思いますが、
万が一、昼の部の方がDVDになっちゃったとして(夜の部がなりそうだけど)
DVDの内容とここの文章が、ちょこちょこ違っていたとしても
・・・そこはどうかお許しを(汗)。



・友達を増やそう!
挨拶MCより。
『今日初めてトニコンにきた人?』
という、客席へのお約束の質問の流れで、ある質問を客席にした坂本氏。
(この質問は、ちょっと伏せておきます)
そしたら、結構、挙手する人が少なくて
「あ、これテレフォンショッキングのアンケートに使おう!」
と、決心する・・・のはいいんだけど、
テレフォンショッキングに、呼んでもらえるかどうか・・・という話になり
イノくんに
「まずは友達を増やそう!」
と言われていました(笑)。
っていうか、坂本氏ってば、誰の紹介で出演するんだろうか??



・KAT-●UNは怖い?
挨拶MCより。
先程のテレフォンショッキングの話の流れで
「KA●-TUNに紹介されたらかっこいい」
という話になったのだが
「(KAT-TU●の)6人に囲まれている図が想像できない」
と、弱腰な発言をする坂本氏。
で、結局
「話しやすい関ジャニの方に行ってしまう」
と、更に小心者ぶりを披露(笑)。
イノくんに
「関ジャニは、ほっといても(こちらに)来てくれるから」
と、突っ込まれるも、やっぱり関ジャニが喋りやすい坂本氏(笑)。
挙げ句に
「なんか(K●T-TUNは)怖くて・・・。」
と、最上級のビビリ発言をする坂本氏(爆)。
イノくんにいたっては
「(KA●-TUNに)坂本兄やんって呼ばれたりして・・・」
と、あり得ない話をしていました(笑)。
・・・ですので、KAT-T●Nのみなさま。
今年のカウコンでは、是非坂本氏を中心にして
ヤツを囲んで談笑してやってください(笑)。
しかし、この時にイノくんがやった、『田中くんのモノマネもどき(笑)』は
似てるんだか似てないんだか、さっぱりわからんかった(爆)。



・長野クンの名言
MCより。
いつも昔の話をしてしまうので、
「今日の話をしよう」と切り出すイノくん。
で、コンサートの何時間前に食事をするか?という話になり
坂本氏と長野クンは、だいたい2時間前なのだが
イノくんは、食べるタイミングがわからないらしく、直前に食べると
「5時間目の体育みたいにお腹痛くなっちゃう」
と、告白。
しかし、そんなイノくんも、坂本氏から
「でも昔、コンサート中に楽屋で(ご飯)食ってたよな」
と暴露されてました(笑)。
どうも、その時のイノくんの食べる勢いが、記憶に残っていたみたいです。
で、やっぱり出てきたのが
食事した事を忘れてしまう坂本氏の話(爆)。
でも、これは坂本氏にも言い分があり
「食べた後、すぐにお腹が空いてしまうから
 『おれ、本当にご飯食べたんだよな?』
 と、確認の意味でマネージャーに『ご飯食べたっけ?』ってきいてる」

んだそうです(笑)。
ちなみに坂本氏は、1年のうちにある時期になると
1日6食という生活になってしまうそうです(汗)。
1日6食で、あのスリムな体型を維持できるなんて・・・羨ましすぎるぞ(爆)!
そんな『食』に関する話の中、長野クンがキッパリ言い放った言葉が
「食事は1日3回なんて決まってません!
 食べたい時に食べればいいんです!!」

この男らしい発言に、イノくんは
「説得力があるぅ~~!」と感動し、
坂本氏は
「キュンってした♥」
と、ハートマークを飛ばしていました(笑)。



・カメラマンさんに・・・
『長野の秘密』に入る前・・・。
長野クンの挨拶を前に、何やら、重大発表的な空気を作るイノくん(笑)。
でも雑誌か新聞社かは不明だが、カメラマンさんは動く気配なし(爆)。
終いには
「フィルムは入ってなくていいんで、形だけでも・・・。」
と、カメラマンさんをステージの近くまで呼ぶ長野クン。
でもイノくんに
「今、フィルムって使ってないから・・・。」
と、突っ込まれてました。
でもね、ステージに近付いたカメラマンさんが一人っていうのもどうかと・・・(汗)。



・さすが子供のヒーロー
『長野の秘密』の前。
スポットライトを浴びた長野クンがいよいよ喋りだす・・・というその時!
客席から
「うぁ~~~んっ!」
という子供(っていうか赤ちゃん?)の鳴き声。
すると長野クン、その声の方向に向かって
「長かった?もう少しだから待っててね~」
と、優しく声がけ。
あの素早い対応はやっぱり長年、
子供のヒーローをやってきたからこそだと思いました。



・今日は完璧
『長野の秘密』より。
VTRの長野クンと、イノくん&坂本氏が掛け合う例のシーン。
前日の昼の部では、すっかりセリフが飛んでしまった坂本氏でしたが
この回は、もう完璧。
力いっぱいのミュージカル口調も絶好調で、終いにはイノくんに
「尾藤さん・・・じゃない、坂本くん」
と、アドリブをかまされてました(笑)。



・イノくんのトラウマ
『長野の秘密』より。
稽古場のシーン冒頭。
登場した坂本氏が始めたのは、
♪みゃみゃみゃみゃみゃみゃみゃみゃみゃぉ~~♪
という発声練習。
でもこれ、イノくんがノイローゼーになった発声練習だったそうで
「やめろよ!2度とやるな!トラウマになってるんだから!」
と、イノくん自らそう言ってました。
でも坂本氏は全然やめようとせず
「トラウマ・・・トラ・・・ネコ科・・・みゃお♪」
とイノくんをからかい続け、坂本氏から離れるイノくんの背中に向かっても
口パクで
「みゃお」
ってやってました(爆)。
・・・坂本氏、イノくんに対してはドSなのね(笑)。



・あなたのヨンさまです。
ディナーショータイムにて。
長野クンが指名したのは、妙齢のご婦人。
イノくんファンのご婦人だったのですが、長野クンが
「井ノ原君のどこが好きなんですか?」
と尋ねても、なかなか言葉が出てこない。
そんなご婦人に、イノくんが言いました。
「あなたのヨンさまです。」
・・・しかも、胸の前で手をクロスする『ヨンさまポーズ』をしながら(笑)。
ちなみにこちらのご婦人、三鷹の方からいらしていたそうで
「三鷹のチェ・ジウ♥」
と、イノくんがご婦人の事を呼んでいました(爆)。



・小遣いをあげたくなったのか?
『ディナーショータイム』にて。
イノくんが指名したのは、小学生の男の子。
しかもなんと、坂本氏のファン
手作りウチワまで持っていた、本物のファン(爆)。
イノくんの
「坂本君のどこが好きなんですか?」
という問いに少年は
「歌が上手い所と・・・・・・・カッコいい所」
と、完璧な回答(爆)。
これに気をよくした坂本氏は
「ちょっと!オレの財布持ってきてぇ~~!」
と、ステージ奥のスタッフに向かって叫んでおりました(爆)。
・・・貴重な『少年な坂本ファン』に、小遣いをあげたくなったらしい(笑)。



・もったいない3席
『ディナーショータイム』にて。
坂本氏の目についたのは、かなり前方の席(2~3列目ぐらい?)なのに
見事に空いた3席。
で、その空いた3席の隣に座っていた女性に声をかけたんだけど
私にしてみたら、その『空いた3席』の方が気になって仕方ありませんでした。
あ~~、なんてもったいない空席だろう。



・マ●ちゃんの使用許可
『長野の秘密』にて。
ソロ曲のサビで、●ルちゃんの顔がプリントされたマントを使ってきた長野クン。
しかし、そのマ●ちゃんマークの使用許可が正式に下りたのは
「昨日」(つまり23日)だったそうで・・・(汗)。
そちらの会社の方にも
「ドンドン使ってください」
と言われたそうです(笑)。
でも、長野クンとしては演出上、そのマントを空中から下の落とすので
ちょっと心配だったんだけど、それも全然大丈夫だったとの事。
・・・マ●ちゃんマークでおなじみの東洋水産の方。
太っ腹なご決断、ありがとうございました。
これで、DVDでもあのマントが拝めます(笑)。



・Hey!Say!JUMPにジョニー・ディップ?
『ディナーショータイム』にて。
客席のHey!Say!JUMPにマイクを向けるイノくん。
で、全員立ち上がり、一人一人ご挨拶したんだけど、
最後に挨拶した八乙女くんが言った言葉が
「ジョニーディップです。来日しちゃいました。」
これには会場も大うけ(笑)。
イノくんも
「日本語、ペラペラじゃないか。」
と笑ってました。



・Hey!Say!JUMPウォッチング(笑)
私の席からは、丁度Hey!Say!JUMPの高木くんと山田君を
振り向くと見ることができまして・・・。
で、あるタイミングでふっと振り向いたら・・・。
銀テープをたまたまゲットした高木くんが、それを頭にのせて・・・というか
カチューシャかリボンみたいにして、楽しそうに横に揺れてました(爆)。
その姿が本当に楽しそうで、ナンだか嬉しくなっちゃいました。
でも、みんな本当にトニコンを楽しんでいるようでしたよ。



・激ツボ、警備員さん(爆)
この回、横通路より前列は全員チケットチェックがありまして・・・。
なんかチェックが厳しいな・・って思っていたら・・・。
私の横の縦通路を見張る警備員さんが、
コンサート開始直後から動き始めまして・・・。
しかも、コンサート中、何度も何度も通路を歩いて
首を『右・左・右・左』と交互に動かし、
1列1列、客席をチェックしていらっしゃいまして・・・。
でその警備員さん、コンサートの妨げにならないように、
少し腰を屈めて歩いてたんだけど・・・。
その動きがね・・・。
「悪い子はいねぇかぁ?不正してる子はいねぇかぁ?」
って、超低姿勢で見回る、
腰の低い、なまはげみたいでさ(笑)。
で、そんな姿勢で何度も何度も見回りに来るから、
もうおかしくておかしくて・・・(爆)。
すんごく真面目な警備員サンに感動しつつ
でも、笑わせていただきました。



と、思い出すままにつらつらと書いてみましたが
ニュアンスは伝わりましたでしょうか??



あと、この回も、私、ディナーショータイムに参加させていただきまして・・・。




奇跡が起きました(爆)。



ので、ここから先は隠します。
24日昼の部を思い出し語り…の続きを読む
別窓 | コンサート | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
23日昼の部思い出語り・・
2009-05-25 Mon 17:46
23日・24日と、昼の部だけでしたが全力ではしゃいだ私・・・。

今日、仕事をしている間ず~~っと
『現実』っていうヤツを痛感しました(汗)。

で、本来なら、クマグスのレポをアップしなければいけないのですが
まだ、録画したものを見ておりません(汗)。
おまけに、とっととトニコンのレポを書かないと、
ずるずると記憶を失ってしまいそうなので
まずは23日昼の部のレポを書きます。


・・・毎度の事ですが
所詮、おいらの記憶ですので
事実を若干違っているかもしれませんが
そこの所は、どうかお許しを・・・・(汗)。


で、23日の昼の部。
私の席は、1階席前方のR扉側。
多分、今までのトニコンで、1番ステージに近い席(汗)。
正直、始まる前から心臓がバクバクしていました。

そんな中、コンサートスタート。


トニ兄さん、超カッコイイ・・・。


とても、全員三十路真っ只中なグループとは思えない
シャープなダンスっ!!
やっぱ、この人たちはすっげぇ~~よ。


と、このままコンサートの進行をそのまま書いても・・・・なので、
ここからは、思い出すままに(笑)。


・進まぬ時計
MCより。
今回、東京公演から(というか東京公演だけ)
新曲を披露したトニ。
その新曲の『スタートライン』では、
サビの部分の歌詞の意味とダンスがちょっとリンクしていておりまして。
で、『時計の針が進む・・・』みたいな歌詞の時(絶対に本当の歌詞とは違うぞ)
トニが、腕を時計の針に見立てて動かすんだけど・・・。
事件はコンサート前日に起きた・・・らしい(笑)。
振り付け師さんがトニに
「針が進んでいません!逆戻りしてます!」
と申告。
どうも、鏡に向かって踊っていたので、ダンスが逆になってしまい、
進むはずの時計の針が、逆戻りする動きになってしまったらしい(笑)。
でも、それに気付くのが、コンの前日っていうのが・・・トニセンだわ(笑)。
ちなみにイノくん曰く、この新曲が加わったおかげで、
メドレーが、30分越えになってしまったとの事。
なので、坂本氏はメドレーが終わった後
「俺、止まれない。止まるともう、動けなくなる」
と、しばしウロウロと動いていました(笑)。




・呼び捨てにできる・・・
MCより。
イノくんに
「うたばんとかで、中●くんのことを『●居!』って
呼び捨てにするたびに、こっちがドキドキする」

と言われた坂本氏と長野クン。
確かに、年齢で考えれば
坂本氏は●居くんの1歳上だし、長野クンは同い年。
でもイノくんにしたら、年齢もデビューも、中●くんは(というかS●APは)先輩。
だから、坂本氏が呼び捨てにすると、ドキッとするそうだ。


・敬語
MCより。
昔、イノくんは坂本氏に対してはずっと敬語だったが
長野クンに対してはタメ口だったらしい。
というのも、専門学校に通っていた長野クンがJr.に復帰したとき
イノくんは、たった1日で長野クンにフリを教えなければならず、
敬語だとやりにくいので、タメ口になったとの事。
で、長野クンにフリを朝までかかって教えたイノくんは
そのまま学校に行ったそうだ。
が、長野クンは
「井ノ原、ごめんね」
と思いつつ、そのまま寝たらしい(笑)。



・同い年は誰?
MCだったと思う(汗)。
誰と同い年か?という話になり、
長野クンは、サッカーのジダン、
イノくんは、タイガーウッズ・・・という話の流れから、
長野クンと坂本氏が
「もし井ノ原が、タイガーウッズにタメ口をきいたら、止める」
って言ってました(笑)。
さすがに、世界のタイガーウッズにタメ口はヤバイらしい。




・端っこに行くわけ
たぶんMC(笑)。
写真撮影で、立ち位置を決めてもらわないと
何故か全員、端っこに寄ってしまい、真ん中が空いてしまうという話をして
それはどうしてだろうという事になり
「勇気出して、センターに行ったとして、
  『坂本さん、もっと端に・・・』って言われたら怖いので
 センターに行けない。」

と語った坂本氏(笑)。
その話にすごく納得する、イノくんと長野クン。
だからトニセンって、控えめなグループっていう印象なんだわ(汗)。





・立ち位置が違う
MCより。
散々MCで喋り捲った後・・・。
イノくんが
「なんか気持ち悪いんだよね」
と言い出す。
っていうのも、メドレーのラストに新曲を入れたので
MCに入る時の立ち位置が、今までのツアーと変わってしまい
それで違和感を持ったから(笑)。
長野クンも(長野クンは真ん中になってしまった)
「俺もな~んか首が疲れるな~って」
と、右と左を交互に向いて違和感を訴える。
で、場所チェンジを提案するが
「お前ら、MCももう終盤だぞ。」
と、坂本氏に注意されてました(笑)。
ま、結局はチェンジしてましたけどね。



・グダグダ・・・そして諦める
『長野の秘密』より。
VTRに合わせて坂本氏とイノくんがセリフを言うシーン・・・なのに。
すっかりセリフがとんでしまった坂本氏(爆)。
「見損なったぞ!長野!」
が出てこず、そこは何とかイノくんがフォローしてくれたが
もうその後がグダグダ(汗)。
挙げ句に
「何か今日は暑いな~」
と言い出し、終いには
「そうか・・・」
と言って、客席の方を向いてしまい、お芝居放棄(爆)。
当然、慌てふためくイノくん。
「あんた、アレほど確認していたのに・・・。間違えすぎだよ。」
と言われても、坂本氏は完全諦めモード(笑)。
でも、相当冷や汗をかいていたみたいです・・・坂本氏(汗)。



・やりなおしてみる坂本氏
『長野の秘密』より。
ミュージカルちっくになるシーンの冒頭。
稽古着でストレッチをする坂本氏が
「そうだ。チェックしておこう」
と、なにやら台本的なものに目を通す。そして
「そうか!『見損なったぞ、長野!』だ!」
と、今更ながらに復習(笑)。
で、次に登場したイノくんに向かって、いきなり
「見損なったぞ、長野!!」
と、とんでしまったセリフをぶつける(笑)。
でも
「それはもう終わっているから」
と、軽くイノくんにあしらわれていました(笑)。
しかし、この後の坂本氏にはアドリブを入れる余裕はなかったらしく(笑)
ミュージカルちっくなセリフの言い回しはしませんでした。



・感心して間違える
3人のタップダンスのあと・・・。
イノくんと長野クンの上達ぶりに感心したという坂本氏。
で、『すっげぇ~な~』って思って、いざ自分もタップを踏んだら
思いっきり、間違えてしまったらしい(笑)。
可愛すぎるぞ、坂本昌行(爆)!



・もう間違えたくない?
ディナーショータイムで、少年に話しかけた坂本氏。
で、その少年ににMENUを見せて、次の曲のリクエストを受け付けたところ
少年が選んだのが、『逢いに行こう』。
でも、しばらくその曲はやっていなかったため、ビビッた坂本氏は
「何が起きるかわかりません(汗)」
と、歌詞間違いを早くも予告(笑)。
この日、間違いが多かった坂本氏でしたが、案の定
『逢いに行こう』も、やや歌詞がとび気味でした(汗)。



・健ちゃんの立ち位置
MCより。
去年の夏コンのオープニング。
せり上がるステージの下でスタンバイをしている時、
健ちゃんの立ち位置が、ちょっとだけズレていて
それを准ちゃんが、健ちゃんの衣装の袖を引っ張って
「健くん、違う」
って直すんだけど、音がうるさくて准ちゃんの声が聞こえなかった健ちゃんは
准ちゃんにちょっかいをかけられていると勘違いして
「なんだよ~~」
と、笑っていたらしい。
・・・でも、そんな健ちゃんも、もうすぐ30歳なんだよなぁ(笑)。



と、思い出すままに書いてみました。
メンバーの言葉等は、ちょっと・・・ずいぶん・・・
相当違っているかもしれませんが(汗)
ニュアンスは合っていると思います。
ホント、このズルズルな記憶力は
なんとかしたいものですわ(汗)。


次回は、24日昼の部のレポを書きたいと思います。
クマグスレポは、その後でアップしますので
もうしばらくお待ち下さい・・・。



で、1階席だったので、一応、ディナーショータイムにも
参加させていただきまして・・・。
その結果は・・・・隠します(汗)。
23日昼の部思い出語り・・…の続きを読む
別窓 | コンサート | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
戦利品?
2009-05-24 Sun 22:26
20090524222631
今、パソコンが使えないので、携帯から失礼します。
カミコンの発表やらいろいろありまして、驚いておりますが
それは後日に語るとして……

昨日と今日のトニコンのレポも後日に
アッブするとして(笑)……。

今日は、とりあえずこれだけアッブします。

フォーラムに舞い降りた、
メッセージ付き銀テープです。

みなさんに、トニ兄さんの気持ちが届きますように
【めいりん】
別窓 | 携帯からこんにちは | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
クマグス27回目
2009-05-18 Mon 18:19
新曲の発売日が発表され、
坂本氏のドラマの放送日も発表され、
それらが全て『6月』という事で、
6月は私の4●歳のバースデイのお祝い月間なのか(爆)??
などと、つまらん妄想をしている今日この頃・・・。
(私のバースデイは6/9です)

トニコン東京公演まで、1週間を切っているのに
『HONEY』等の新曲が全然覚えられません(汗)。
昔(30代)は、すぐ覚えられたのにな・・・(ぐすん)。

こんにちは。
会報に載っていた、坂本氏のすね毛写真に思わず
『そ・・・・剃りたい』
と つぶやいためいりんです(笑)。


それでは、今週も始めます。


みなさま、クマグス文字だけ放送『クマグスクマグス』
略して『クマクマ』にようこそ!

今週も豪華3本立てでして、
まず最初に登場したのは・・・

Uれいクマグスさん。

って言ってもこのUれいクマグスさんの正体は、
『もうこの番組の準レギュラーなんじゃないの???』って言いたくなるくらい
やたら登場している、UMAクマグスの敏ちゃん(笑)。
メンバーも
准「敏ちゃん、ちょっと来過ぎですよ!」
健「1つのものを究めるって言ってるのに、
  いろんなもんに手を出しすぎでしょ!」

と笑っていました。
ちなみに『Uれい』とは、『幽霊』の事です。

で、ここで、幽霊を信じるか?という話になりまして、
『信じる人、手を挙げて』
という問いに、V6は
健ちゃん・准ちゃん・長野クン・坂本氏が挙手。
剛ちゃんとイノくんは、感じないから信じないそうです。
そしたら、
竹「見たことあるって方、いらっしゃいますか?」
って質問しちゃったもんだから、メンバーの視線が一斉に准ちゃんに(笑)。
健「(准ちゃんに)お前だろ!お前いつも変なのいっぱい見てるじゃん。」
准「昔ですよ。」
井「最近は?」
准「最近はないです。」
健「純粋だった頃は見えた・・・。」
で、クマグスさんによると、
10代が1番、そういうものを見るそうで
20代、30代になると、仕事とか他の事に頭が働いてしまい、
見られなくなってしまうそうです。
なおも竹内アナは
竹「どんな幽霊を見たんですか?」
と、准ちゃんに質問をぶつける。
で、准ちゃんも自分の話をし始めた・・・・んだけど、
あまりにも長い話だったので、今回は割愛!されてしまいました。
・・・が、次週、完全ノーカットで大公開!!だそうです。
ちょっと、期待して待ちますわ。

ここからクマグスさん厳選Uれい写真のコーナー。
まず最初に紹介されたのは
・日本最初の心霊写真
男性の方に、小さな女性のような人型が座っている写真。
明治12年の写真なんだけど、この写真で大もうけされていて
当時すでに合成の技術もあったので、トリックの可能性が高いとの事。

で、お次は
・海外の心霊写真
クマグスさんの話によると、ダイの心霊写真では
霊がふつ~に人間の前に出て、Vサインをしているのもあるとか(笑)。
全体的に、海外の心霊写真はとってもポジティブなんだそうです。
で、まず見せられた写真は
『左側に人間(男性)が寄って撮影されていて、
 男性の右側に心霊が群れを成している』というもの。
最初から人間が左側によっている所で、もう怪しいのだが
海外では、こんな写真でエキサイティングするらしい。
次に見せられた海外の心霊写真は
『イスに座っている男性のお腹辺りに
 ハッキリクッキリと人の顔が映っている』というもの。
これにはメンバーも笑ってしまい
長「何か(お腹の辺りに)置いてあるんじゃないですか?」
と、ミエミエのトリックに大うけ(笑)。
クマグスさんも、
「海外の心霊写真は、ハリウッドホラー系で派手」
って言ってました。
それに比べると、日本の心霊写真はレベルが高い・・・という事で
次に紹介されたのは、日本の心霊写真。

まず最初に見せられたのは
『動く列車の窓の外に、青いシャツを着て笑っている大男』というもの。
ただこれも、顔が切れているのと、窓枠に体が収まっているので
怪しいとの事でした。

次の写真は、クマグスさんと一緒に仕事をしている女性の写真で
『絵描きの女性の左手の手首から先が完全に消えている』というもの。
このリアルさには、メンバーも食いつきまくり(爆)。
絵描きの手が消えているというのは、実は意味が深いらしく・・・。
長「なんかこう消えていると、あとで怪我するって聞いたことが」
と、メンバーも気になるよう。
クマグスさん曰く
「これは先祖霊の警告で、手が消えていると手が、
 お腹が消えていると内臓疾患の警告になる。
 写真の女性は、今、平家の怨霊にとり憑かれているという話がある。
 知らないおばあさんんに『あなたこれ以上深入りしちゃダメよ』と言われた。
 『何でですか?』と尋ねたら『あなたには平家の怨霊がとり憑いているから
 逃げなくちゃダメよ』と言われた。
 その後、喫茶店に入ったら、隣に座ったおじさんに
 『わしは平家の末裔じゃ』と話しかけられた」
んだそうで、坂本氏はその話を聞いてビビリまくっていました。
しかし、ここで坂本氏が思わぬ発言を・・・。

坂「俺たち、元平家なんですけど・・・。」

当然クマグスさんは、坂本氏の言葉の意味がわからずポカン(笑)。
で、ここで、イノくんの優しい解説。
井「昔ね『光GENJI』に対抗して、『平家派』っていうのがあったんですけど
  その、生き残りです。」

坂「残党です(笑)。」
しかし、坂本氏の話はこれで終わらなかった。
坂「これ昔、先輩の光GENJIの諸星くんも雑誌で普通に立ってて
  右足だか左足が映ってなかったんですよ。そしたら実際にその後
  足折ったって・・・。」

ク「警告ですね。ありうると思います。」
坂「井ノ原もなかった?」
井「あったあった。みんなでこうやっているんですけど(肩を組む仕草)
  俺だけ両足ないんですよ。『これどういう事だ!?』って言ったら
  CGの処理ミスだって言われました(´・ω・`)」


次に見せられた写真は
『発砲注意』という看板を撮った写真の右上の端に女性の顔』というもの。
これにもメンバーが食いつく。
で、食いついた上で、思わず逃げ出そうとする、ビビリな坂本氏。
坂「うわぁ~、見なきゃよかった・・・これ。」
と、発言もビビリまくり(爆)。
しかし、映りこんでいた女の子はちょっと可愛くて
ここからちょっと話が脱線。

ク「でも幽霊とHすると、寿命が縮むって言いますよね。」
井「したことあるんですか?」
ク「僕はないんですけど、したっていう人は結構いますよ。」
井「出来るんですか?」
ク「出来るらしいです。ただ得体の知れない快感はあるらしいですよ。」
・・・って、何でイノくん、食いついたんだ?この話に(爆)。

次に見せられた写真は
「お父さんに背負われているはずの子供が、足しか写っていない』というもの。
これにもメンバー全員食いつく、食いつく。
特に剛くんは、クマグス人形のスイッチを何度も押していました(笑)。

と、今回のUれいクマグスはここまで。
でも、このクマグスには続編もあるみたいです。
少なくとも、来週には准ちゃんの『Uれいクマグス』があるしね。

で、次に登場したのは
生島ヒロシクマグスさん。

このクマグスさんは
『生島ヒロシのおはよう一直線』を録音したMDを300枚保有しているそうで
生島さんにハマったキッカケは、生本番中のクシャミなんだとか(笑)。
生島さんを愛する理由は
『(本番中に)ハプニングばっかり起きて、何が起きるか分からない』
なのだそうです。

ここで生島ヒロシさんの経歴紹介。
カリフォルニア州立大学ロングビーチ校ジャーナリズム科卒業。
1976年 TBSにアナウンサーとして入社。
1989年 フリーに転進。
1998年 TBSラジオ『生島ヒロシのおはよう定食』
      『生島ヒロシのおはよう一直線』を生放送中。
日本を代表する名アナウンサーの一人。

なんだけど・・・。
クマグスさん曰く
「生島ヒロシはハプニング王。ミスしっぱなしなんで・・・。」
だそうで(汗)。
そんなクマグスさんの発言に、イノくんが
井「愛ゆえの発言だよね。」
と、フォローを入れてました。

んじゃ、どんなミスをしているのかと言う事で・・・
クマグス厳選生島ヒロシ名言集~ぐだぐだヒロシ編~
おもしろさが伝わるかどうかはわかりませんが、とりあえず書いてみます(汗)。

・星占いのコーナーで『運気』を、『う●こ』と 言い間違える
・2005年を『昭和17年』と間違える
 (正しくは『平成17年』) 
・曲名当てクイズなのに、思いっきり『天城越え』
 曲名を言ってしまう
・天気予報士によるお天気コーナーのあと、
 「はいご苦労様でした。さあそれではお天気に参りましょう」
 と言ってしまい、気象予報士さんに
 「夢占いコーナー。(天気予報は)今やったじゃない!」
 と つっこまれる。
・ペンネームがある人なのにも関わらず、本名をペロっと言ってしまう。
・番組のエンディングでむせてしまい、グダグダなまま番組終了(汗)。

さすがにこのグダグダっぷりにはメンバーも大笑い。
坂「これ、アナウンサーじゃないですよね。」
長「マイペースですよね。」
井「だけど、今の聞いて、ちょっと好きになっちゃうよね。」
と、生島さんの魅力にもハマるメンバー。
ちなみにクマグスさんは、ハプニングが起きるたびに
時刻とハプニングの内容をチェックしているそうです(汗)。
で、更にミスの大公開は続き・・・

クマグス厳選生島ヒロシ名言集~おもしろヒロシ編~
・番組冒頭なのに間があって、その後「おはようございます」
 と挨拶。
 間を作ってしまった理由は・・・・ハチミツを舐めていたから(爆)。
・医者との電話中継中に、ハチミツを舐めようとしてビンを落っことす。
・気象予報士の天気予報中に大声をあげる生島さん。
 大声の理由は・・・ヨーグルトがネクタイについてしまったから
・番組中にいきなり郷ひろみさんのモノマネを始めたり・・・
・かと思ったら、原稿を読みつつ、ジーコのモノマネをしたりする。
・ビートたけしさんに向かって『コマネチ!』ってやったエピソードを
 嬉しそうに話す。

う~~ん、とってもフリーダムな生島さん(笑)。
こんな生島さんにメンバーも心を奪われたみたいで、最後には
井「いつか会いたいよね。」
坂「周りのスタッフの意見も聞いてみたいよね」
と言ってました。


で、最後に登場したのは
宝探しクマグスさん。

なんでも、全国各地には未だに掘り起こされていない宝の山があるそうで・・。
そんな夢をロマンを追い求めているのが、この宝探しクマグスさん。
なんと35年間、宝を探し続けてきたそうです。
で、いろんな番組等で、『徳川埋蔵金発掘』とかやっていたのに
全然見つからなかった理由を、クマグスさんは
「見当ハズレだから」
と、一刀両断。
坂「じゃあ場所は完璧に知っているんですか?」
という坂本氏に問いかけにも
ク「いくつかの候補地があって、その内またいくつかをいよいよ絞り込んで
  ほぼ確信を持てる。」
と自信満々のクマグスさん。
この発言にはメンバーも大興奮。
・・うん。
現金な男達だよ(笑)。

で、これまでにも埋蔵金っていうのはたくさん見つかっていて
クマグスさんが調べただけでも、戦後、金貨・銀貨だけに絞っても
50数件発見されているそうです。
でも、実際はその10倍くらい見つかっているはずなんだけど
表には出てこないんだそうです。
ちなみにクマグスさんは、まだ埋蔵金を発見してないそうだ(汗)。

ここで
『実際に発見されているお宝写真公開』!!
メンバーはまたも興奮(笑)。
写真は、小判を中心にいろんなお宝がありました。
で、このお宝ですが、発見者には1割もらえるそうで
現物がもらえる場合と、現金に換算してもらえる場合があるそうです。

そしてとうとう・・・
クマグスさんが狙う宝のありかを紹介!!となりまして・・・。

長「教えたら(TVを)見た人が先に見つけちゃうかもしれない。」
ク「すぐにね、簡単に行ける場所じゃないんです。」
准「ナンなら僕達、行っちゃいますよ。」
ク「それでも、素人にはむずかしい・・・。」
という事で、まずは

徳川埋蔵金のありか
目撃談等から、小額ずつ分散して、数ヶ所に隠されていることがわかった埋蔵金。
ここで、埋蔵金探しのVTRが流れる。
そこは、山深い場所で道なき道を沢伝いに進むこと1時間半、
スコップ1本持っていくのも大変な場所。
でも、スコップでも掘っていくうちに崩れてしまうので掘り進められなかった。
しかし、去年、掘り進める方法がわかり、宝探し再開。
ひょっとしたら、今年中に見つかるかも・・・。

・・・という話に、メンバー全員のクマグス人形が食いつきました(爆)。
次に紹介された埋蔵金のありかは・・・。

武田信玄埋蔵金のありか
これは富士の樹海にあるそうです。(いきなり答かよ!)
武田信玄と言う人は、軍事的に重要な場所に、軍用金を用意していたそうです。
で、100年前に、地元に人が溶岩の洞穴の底につぼに入っている金貨を発見。
でも見つけた人はビックリしちゃって、つぼを拾わず村に戻り、
仲間を一緒にそのつぼを取りに行った。
でも、同じ様な穴がボコボコそこかしこに開いていて
しかも、つぼを見つけたときに目印をつけていなかったから
結局その場所がわからなくなってしまった。
それ以降、何回行っても、その場所がわからない・・・そうです。
・・・って、結局、宝のありかはわかんないって事じゃん(汗)。

しかし、メンバーの埋蔵金への思いは尽きることなく・・・

准「これはどのくらい、総額入っているんですか?」
ク「つぼ1つで、50億!」←この金額にメンバー全員食いつく(笑)
健「ぜひとも見つけてほしいですね。」
すると、この男が名乗りを上げた。

長「俺、行きたいですよ!立ち会いたいですよ!」

するとメンバーもすかさず後押し。
剛「行けばいいじゃん。」
健「行ってきなよ。」
長「いいんですか?・・・付き合って・・・。」
ク「いいですよ。」
坂「これでお前、行って見つかっちゃったらすごい事になるな。」
長「すごい事になるよね。『あった!!』って言いたいもんね。
  小判持って新聞に載ったり・・・。」


という事で
長野博、宝探し同行決定!!近日公開!!
だそうです。
でも本当に見つかったりしたら、すごい騒ぎになるんだろうなぁ~。
UMAよりは、信憑性が若干高いし・・・(汗)。


ここで、今回のクマグスは終了。
次回のクマグスは
・エレベータークマグス
・混浴温泉クマグス(絶対にメンバーが食いつきそうだ(笑))
・生島ヒロシクマグス2
の3本立て。
これに准ちゃんの『Uれいクマグス』が加わる予定です。


で、ここからは私の言い訳(汗)。

次回の『文字だけ放送』ですが
私が週末の土曜日&日曜日に、トニコンに行くので
『文字だけ放送』の下書き(実は下書きしているんです・・・コレ(汗))の時間が
週末に取れず、ひょっとしたらアップが
大幅に遅れるかもしれません(汗)。
ひょっとしたら、『文字だけ放送』をアップする前に
トニコンのレポをチョロンと書いているかもしれません(ホントか?)。

でも、どんなに遅れても
『文字だけ放送』は必ずアップしますので(例え2週分まとめてでも)
よろしければ、しばしの間、待っていてください。


その前に、新型インフルエンザの猛威が心配なのですが・・・・(汗)。



今週も、この長い文章におつきあいくださり
本当にありがとうございました。
また次回も、お時間がありましたら
お付き合いくださいね。
別窓 | V6 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
クマグス26回目
2009-05-12 Tue 14:18
先週の金曜日。
仕事で、イラッとしてムカッとして
でもって、ちょっとヘコんでショボンとした日の帰り道。
ふっと見上げた空に、きれ~な虹がかかっていました。
夕日に照らされた虹に思わず見惚れて、
ショボンとしていた気持ちも、ちょっと元気になりました。
で、慌てて携帯で、写真を撮ったんだけど・・・。
すんごく慌てていたから、ちょっとボケボケになってしもた(汗)。
私が元気をもらった虹を、
みなさんにもちょっとだけ、おすそ分け・・・。

虹



というワケで、今週も始めましょう。

本日もクマグス文字だけ放送『クマグスクマグス』
略して『クマクマ』にようこそ!!


今回もクマグスは豪華3本立て!!
まず、最初のクマグスは先週に引き続き・・・

森田UMAプロジェクト ニホンオオカミを追えSP!~完結編~
とうとう完結編でございます。
しかも、VTRに入る前に竹内アナが
竹「それではみなさん。驚いて舌を噛まないように注意してご覧下さい」
なんて、期待をさせることを言ってくれちゃうもんだから
いろんな意味でワクワクしましたよ(笑)。

で、VTRは先週の
『オオカミのお札を貼った家を発見して、クマグスさんが写真を撮った』
という所から。
クマグスさんがお札の写真を撮り終えた後、
剛「ここの人、いないのかな?」
ク「いれば何か知っているかもしれないですね。」
ということで、家の周囲をしばし探索する二人。
ふつ~の飼い犬にも興味を抱きつつ、
とある民家で聞き込みをする。
しかし、その家の人に
「知らない」
と冷たくあしらわれてしまう。

剛「ちょっとみんな嫌がりませんか」
ク「嫌がってますよね。単に知らないって感じじゃない。」

そして再び探索開始。
しばらく歩くと、『野草園』の看板を発見する。
剛「あれ、なんですかね?」
ク「山に入っているんだったら、知っていますかねぇ?」
ということで野草園に入る二人。すると
剛「あっ!(オオカミの)お札」
と、ここでもオオカミのお札を貼った家を発見。
ク「警戒してますね。やっぱり貼ってますね。」

という事で、野草園のご主人に突撃インタビュー!!
・・・だが、野草園のご主人は
「オオカミはいないんだから、もう。」
と、オオカミの存在自体をキッパリと否定。
しかしこの二人は引き下がらなかった(笑)。

ク「巨大なイヌ科の生物が山中にいるのかな?と」
ご主人「昔、見たことありますよね。尻尾がフサフサしているのがね。」
剛「ご主人が見たんですか?」
主「昔・・・。」
剛「へぇ~~。何色だったんですか?」
主「キツネのような色。」
剛「で、尻尾が長いんですか?」
主「尻尾はふさっとして、何でこんなのいるのかなと思って・・。」
ク「犬にしては何かフサフサした尻尾。
  それは山の中で作業をやっている時に会ったんですか?」
主「前にスッと現れて・・・そしたらこっと振り返って山の中に消えた。」
ク「お父さん、その時には、これは犬が山に入ったと。」
主「犬かキツネか、そんなもんだろうなって・・。」

と、ここでインタビューは終了。
このインタビューで、オオカミの存在をますます確信する一行は、
更なる情報を求めて、山奥へ進むことに。
その車中にて・・・。

剛「僕の印象は、ちょっとなんか異常な感じしましたね。拒否の仕方が。
  自分の口で犬だと思ったって言ってたけど、その形の説明がどう考えても犬じゃないよね。」


・・・剛くん、すっかりクマグスさんに毒されてます(笑)。
そして車は、御岳登山鉄道の滝本駅に到着。
ニホンオオカミの存在を信じ、ロープウェーに乗り継ぎ山頂へ向かう。
ちなみにこの御岳山ですが、標高929mの山で、山中では
キツネ・たぬき・イノシシなど多数の生物が生息しているそうです。
ロープウェーを降りた後は、ひたすら山登り。
あの剛ちゃんでさえ
剛「険しいよ。」
と、もらしていました。
クマグスさんの情報でも、山の頂にある神社でオオカミを目撃したという
話があるらしく、その神社(御嶽神社)に向かっていた二人。
急斜面を登り続けること20分で、ようやく頂上に到着。
早速、神社の人に話を聞くと、宮司さんが快く迎え入れてくれる。
すると、オオカミの遠吠えを聞き、目撃をしたことがあるという宮司さんが登場!

ク「(オオカミの)遠吠えを聞かれたことがあると?」
宮司「自分はそう思っているんですけど、定かではないですね。」
ク「いつ頃?」
宮「5年以上前で10年くらい経つかもしれません。すごい声が夜中にしまして
  自分の家はこの山の麓の方なんですが・・・。
  その声を今、出していいですか?」
ク「お願いします。」
宮「(低い遠吠えっぽい声で)わうぅ~~~っ!!」(スタジオ大爆笑)
ク「犬じゃないですよね。」
宮「犬の遠吠えなんてもんじゃないですよ。不気味でした。あの声を出すのは
  ナンだろうって考えたんですよ。ある人は野犬だろうって。確かに犬を捨てに
  来る人はいます。ただ今まで1度も野犬に会った事はないです。山の中で。」
ク「オオカミそのものを見られたっていうのは?」
宮「犬はね。」
ク「犬?」
宮「犬は見ました。」
剛「それは明らかに犬でした?」
宮「私は犬だと思います。ただ不思議なのは、そちらに大口真神社って
  オオカミの社があるんですけど、そちらから来たんですよ。そして
  オオカミを祀ってあるのは白と黒なんです。それが(見た犬は)
  真っ白い犬と真っ黒い犬だった。」
剛「2匹?」
宮「2匹仲良く来たんです・・・こっちに。」

そして一行は、宮司さんが犬(オオカミ)を見たという場所に移動。

ク「犬が来たって言うのは、参拝者が教えてくれたんですか?」
宮「私が最初に見ました。その柵の向こうにいました。向こうから歩いてきた。」

と、3人でオオカミを見たときの位置の確認をする。
その時の状況を詳しく説明する宮司さん。
宮司さんが言うには
「3人同時に見ているから、見間違いはない」
との事。
そして、宮司さんへのインタビューが終わり・・・

ク「犬と似た目撃証言と、だいぶリンクしてきましたね。」
剛「そうですね。」
ク「遠吠えがした・・・現場に。」
剛「そうですよね。あの声っていうのも、ちょっと行ってみたいですよね。
  その声を聞いた現場っていうのも・・・。」

ク「宮司さんが聞いた、謎の声の現場に・・・。」
と、ここで剛ちゃんがオオカミをおびき寄せる作戦を発表。
剛「だから作戦とすると、(オオカミの鳴き声の)CDあるでしょ?
  その現場で・・・聞いた現場で(それを)かけてみる。何かしら反応があるかもしれない。」

ク「(ニホンオオカミが)声を聞いて・・・。」
剛「返してくれるかもしれない。」

この剛ちゃんの作戦を実行すべく、一行は山を降り、オオカミらしき遠吠えが聞こえたという
『琴沢橋』という麓の橋まで移動し、山の中へ。
そして早速、オオカミの遠吠えCDをかけてみる。
剛「来ないですね~。」
ク「来ないですね。ボリュームが足りないのかな?」
と、なかなか反応は来ず。
しかしこの実験がひどく気に入っちゃった剛ちゃんは
ラジカセ片手に山の中を1時間以上歩き、遠吠えを流し続けていました。
・・・でも結果は×。
途方にくれる一行。
しかし剛ちゃんは諦めていなかった!!!

剛「あれ行きますか?次の手ですけど『生肉』行ってみましょうか。」
ク「生肉作戦。」
ス「仕掛ける?」
剛「仕掛ける!!」

最後のチャンスとして、腹を空かせたオオカミをおびき寄せるための生肉を
仕掛ける作戦に出ることに!
そして日が落ちるのを待って、再び山の中に入る一行。

と、ここで森田UMAプロジェクトは一旦休憩(笑)。
続いてのクマグスは賞金稼ぎクマグスさん。
殺しのライセンスを持つ唯一の日本人なんだそうです。
でも、サングラスを外した目は、ちょっと優しげな感じでした。
V6も実在する『ゴルゴ13』に興味津々。

井「狙われたりとかはないんですか?」
ク「ありますね、やっぱり。逆恨みっていうのもありますね。」
坂「でも何でそっちを選んだんですか?警察ではなく」
ク「組織に入るより自由が利くっていうのがありますから。」
・・・坂本氏、もうこの時点でクマグス人形が食いついていました(笑)。
で、逮捕の方法ですが、クマグスさんは、指名手配者のファイルを持っていて
それを元に、犯人逮捕をするそうです。
で、その指名手配者ファイルを実際にV6も見せてもらいまして・・・。
そのファイルを見た瞬間、健ちゃんのクマグス人形が食いつきました。

井「ビンラディンは1番最初のページに来てましたけど
  捕まえたらいくらぐらい貰えるんですか?」

ク「20億」
井「20億!?」
健「ハンターの中でビンラディンを狙っている人はいるんですか?」
ク「あ、いますね。で、帰って来てない人も結構いますね。」
健「行方不明・・・。」
でも、メンバーのクマグスさんへの興味は尽きません。
長「撃たれたことはありますか?」
ク「撃たれた事はあります。太ももを撃たれまして。もみ合いになっている時に
  犯人の手に銃が握られてて、両手ふさがっていたものですから、そのまま
  発射されて・・・。」
井「銃って・・・。ヘンな事聞きますけど、痛いですよね?メチャクチャ痛いですか?」
ク「そうですね。一瞬、わからないですね。」
ここで長野クンが、クマグスさんのプライベートに介入。
長「ご結婚は?」
ク「いや・・・。結婚はやはり。」
長「難しいですか?」
ク「(無言で大きく頷く)」
井「相手も同じ職業とかじゃないと。」
長「夫婦で捕まえたりとかね。」
ク「心配で。気が気じゃないです。結婚するときは引退するときですね。」
井「今おいくつですか?」
ク「45歳です」(うちのダンナと同い年だ)
健「いくつからやられているんですか?」
ク「29歳から。」
健「あ・・(自分と)同じ歳だ。」
井「(健に向かって)お前の歳から・・。」
健「やり始めたんだ・・・。やりたくね~な~(笑)。
  その指名手配犯を捕まえるとき、女性もいるじゃないですか。
  色仕掛けとかして来る人はいるんですか?」

ク「多いですよ。それはやっぱり男ですからね。それに引っ掛かってという・・・。」
健「いるんですか?そういう人も。」
ク「私もそうだったんですけど・・。引っ掛かったっていうか、相手がちょっと
  キレイだったんで(笑)。」
この話には、メンバーも大爆笑でした。

で、ここからはクマグスさんの
『本当にヤバかった命がけ逮捕の瞬間』のコーナー。
まず最初のお話は
死んでいたかもしれない瞬間
1000万円の懸賞金が掛かっていた犯人。
犯人は、高級車ばかりを狙うカップルの泥棒で、盗んだ高級車を
ブローカーに売って稼いでいた。
で、ヨットを購入した犯人の所へ案内してもらい、ヨットで海へ行く犯人を
スキューバーの道具を借りて海中から追跡。
で、ヨットの甲板に海中から乗り込み、男ともみ合った後、
気がつくと女の方が水中銃を持っていて、気付いた瞬間に引金を引かれ
顔スレスレで弾が外れた。
もし射撃が上手かったら、弾が顔に当たって死んでいた・・・という話。
次のお話は
ロシアでマフィアと
ロシア人のガールフレンドがいる犯罪者がマフィアから借金をしていて
返済ができなくなってしまった。するとマフィアは、ガールフレンドを拉致し
監禁状態に。クマグスさんがロシアに飛んでからそれがわかり、
犯人が『ガールフレンドを助け出したい』といい、手を貸すことに。
マフィアの元へ出向き、見張りが少なくなったところで、
ガールフレンドを救出した・・・という話。

坂「すげぇ~~!」
井「本当、マンガみたいだよね。・・・それは犯人に頼まれたわけですか?
  頼むよ・・・みたいな。」

ク「ありました。助けた後、そのまま連行されてもいいという事で・・。」
竹「ということで、みなさんいかがでしたか?」
健「いや~、もっと話ききたいよね。」
井「ヤバいっすね。今日ヤバイっす。」
剛「ゾクゾクしちゃいました。」

・・・結論。
V6は、この手の話が好き(爆)。

次のクマグスさんは富士山写真クマグスさん。
日本のシンボルとして世界の人から愛されている富士山。
その富士山の全国展望ポイントを探し、20年以上も毎日写真を撮り続けている。
日本一の富士山を日本一撮り続ける男。
・・というのが、富士山写真クマグスさん。
このクマグスさん、たとえ富士山が見えなくても毎日写真を撮っているそうで・・・。
その理由は
「見えても見えなくても、富士山はそこにある」
からなんだそうです。

ここから、クマグスさんのマニアック富士山写真の紹介。
まず最初に紹介されたのがダイヤモンド富士山写真
山頂から今まさに日が昇ろうとしている富士山の写真。
(中には日が沈もうとしている写真もあり)。
いろんな場所で撮られたダイヤモンド富士山の写真が紹介されました。
日の出の写真は、太陽が小さく全体がキラキラしていて
日の入りの写真は、日の出と違い太陽が大きく、夕景のオレンジがキレイでした。
他にも、いろんなダイヤモンド富士山の写真が紹介されまして・・。
ここでメンバーから、ソボクな疑問。
長「富士山自体は登ったことあるんですか?」
ク「たった3回」
井「すくねぇ~~!少ないじゃないですか。もっと登ってくださいよ。」
ク「(富士山は)見る山だから。」
井「登ったら見えないから。」
ク「そうです。そうです。」

で、次に紹介されたのがトンネル富士山写真
なんと、この『トンネル富士山』という言葉で検索をかけると
クマグスさんのHPが出てくるそうです(笑)。
で、トンネル富士山っていうのは、まさしくトンネルの出口から見える富士山の事で
亜種として、丸い穴や神社の鳥居の四角になっているところから見える富士山も
トンネル富士山になるそうです。
これも、いろんなトンネル富士山が紹介されました。

次に紹介されたのが路上富士山写真
これは主に、都内で路上から見える富士山の写真で
結構、都内(23区内)の路上からも、富士山が見えることがわかりました。
他にも、写真こそ紹介されませんでしたが
ガングロ富士・パール富士・ムーンライト富士とかもあるそうです。
すると写真大好き准ちゃんが反応。
准「撮りに行ってみたいですね。」
剛「行けばいいじゃん。」
健「岡田、行けばいいじゃん。」
井「(クマグスさんに)岡田、カメラやりますから。」
ク「娘がファンなので、娘もその時、連れて行きますから。」
剛「お。いいじゃん。」
井「抱き合わせだ(笑)」

果たして准ちゃんは、富士山撮影ロケに行くのでしょうか?
でもこれで、准ちゃんも行ったら、カミセン全員ロケに出動したことになるのよね。
うん。
准ちゃん、是非行っとくれ。

・・・と、ここで富士山写真クマグスは終了。

ということで、いよいよ森田UMAプロジェクトの終盤です。
はい。
生肉作戦決行!!であります。
とりあえず、人の通る道はオオカミが警戒するため
山の奥地にトラップを仕掛ける剛ちゃん。
生肉を放置し、全ての準備が整う。

剛「とりあえず、ここに仕掛けておいて、一晩中カメラを回しておいて。
  誰かしら残った方がいいですよね。」

ク「当然、フィルムをチェンジする担当が・・。」
ス「じゃあ誰かしら残して、リアルで撮るっていうことですよね。」
剛「そうそうそう。」
というわけで、ADが居残ることに・・・。
剛「じゃあ頼むよ!帰るから。」
ス「はい。」

AD一人残し、ロケを終了させた剛ちゃん。
しかしこの残した1台のカメラに、とんでもないモノが映っていた。
それは・・・

犬・オオカミというより
ハムスター・ネズミのような小型の生物。



っていうか、それ、野ねずみっ(爆)!




・・・無事、VTRがあけた時、剛ちゃんは笑っていました。
剛「すげぇ~~!泣けてきた」
井「(スタッフの拍手に)拍手いらねぇ~だろ、これ。」
健「すげぇ~~~~。」
長「ひどいね、これ。」
井「やっぱり、森田剛でしたね。」
准「今年1番ガッカリしたかも。」
と、メンバーからは厳しい意見(笑)。
しかし剛ちゃんはめげず、最後の最後にこんな言葉を残しました。

剛「(映っていたのは)ちっちゃくなったオオカミ。」

・・・2度目の森田UMAロケはあるのでしょうか(爆)?


で、次回のクマグスも、お約束の3本立て(笑)。
・心霊写真(Uれい)クマグス(UMAクマグスと同じ人です)
・宝探しクマグス
・生島ヒロシクマグス
が登場します。

以前、メンバーがすごく気になっていた『生島ヒロシクマグス』さんが
満を持して登場!!
どんなクマグスさんなのか?
メンバーがどんなツッコミを入れるのか?
乞うご期待!!


今回も、長い長い文章にお付き合いいただきありがとうございます。





最近、ちょっと気になっているんだけど・・・



健ちゃんの『朝呑みクマグス』は
もうやらないのかなぁ・・・・(汗)。

別窓 | V6 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
クマグス25回目
2009-05-05 Tue 12:38
不況のおかげで、ゴールデンウィークに
どこも出かけられません(汗)。
月末の度に、ドンドン減っていくダンナの給料を見て
頭が痛くなっております・・・。

みなさんは、どんなゴールデンウィークを過ごしましたか?
私は、東急ハンズで
手作りうちわの材料を、ちょこっと買って終わりました(汗)。

こんにちは。
そろそろ『HONEY』を覚えないとヤバイな~と思っているめいりんです。


では、本日もそろそろ行きましょう!


今回もクマグス文字だけ放送『クマグスクマグス』
略して『クマクマ』にようこそ!



今回のクマグスも、
・バカ画像クマグス
・森田UMAクマグス
・セロテープアートクマグス
と、豪華三本立てっ!!


・・・と、その前に。
今回から、この番組に新システムが導入されました。
それは、
V6がクマグスさんの話やコレクションに食いついたとき
手元のボタンを押して、その意思を伝える
というもの。
メンバーの前には、クマグスという釣りをしているぬいぐるみが置いてあって
ボタンを押すと、『食いついた!』と言って
赤い魚が、クマグスの垂らす釣り糸に食いつきます。

・・・て、こんなシステム作るような予算があったのね(汗)。
でも、正直、メンバー全員が食いつくと
『食いついた!』『食いついた!!』『食いついた!』って連呼するから
何となく、トリ●アの泉の『へぇ~ボタン』を連想してしまうわ(笑)。


というワケで、まず最初のクマグスさんは・・
バカ画像クマグスさん。

・・・はい。
『画像』っていうだけあって、超視覚的です(汗)!!
正直言うと『百聞は一見にしかず』って感じですが
頑張って書いてみます。

ちなみにクマグスさん曰く
「バカ画像は集めて20年くらいになるが、本人がバカじゃないと
 集められない。
 そして、バカ画像はお酒を楽しむのと同じ感覚で楽しむ」
のだそうです。
ここで、クマグスさん選りすぐりのバカ画像の紹介!

「漁夫の利ならぬバカの利」
1組の男女がキスしている背後で、一人の男性が
キスしている女性の持っているグラスのストローからジュースを飲んでいる。
・・・という画像。
准「飲まれているわけですよね。」
確かに、しっかりと飲まれています(笑)。
クマグスさんが言うには、
「バカ画像のいい所はメッセージがあるところ。
 この写真の場合だと、調子に乗っているとイタイ目にあうぞ
 ・・・というもの」
なんだそうです。

次の画像は
「ナイスシュート!」
銅像の目にバスケットのゴールがあり、今まさにそのリングに
ボールが入ろうとしている。
でも、銅像のポーズと画像のアングルのおかげで
銅像がシュートしているように見える・・。というもの。
これには、健ちゃん、坂本氏、長野クンが食いつきました(笑)。
長「よく見つけましたね~。」
健「いいね。(銅像が)なんか片手で入れてるからね。」
ホント、偶然の産物な画像でした。

次の画像は
「これさえ身につければ悪そうな奴らは大体友達。9ドルです」
インスタントラッパーセットという商品の画像。
ごっついリング・金歯・ネックレスのセットで9ドル(笑)。
これには
井「くだらねぇ~~!」
と、イノくんが声をあげていました。

次の画像は
「よく見てみるとまさかまさかの三文字」
とある映画館の次回予告のポスター。
『スーパーマン』の『S』
『エラゴン(?)』の『E』
『エックスメン』の『X』
が、3枚並んでいる・・・というもの。
しかも、そのポスターの上には『coming soon』の文字が・・・(早い話が下ネタです)。
これには、イノくん&坂本氏が食いつきました(笑)。
坂「逆にこれ意図としてやってたらセンスありますよね。」
井「(クマグスさんいに)たまたまなんでしょ?」
ク「たまたまです。」
長「よくできてるな~。」

と、ここで坂本氏からクマグスさんへ質問。
坂「こういうのをずっとインターネットで見ているワケですか?」
ク「そうですね。ず~っと集めてますね。今は映像ですね。バカ映像。
  容量でいうと、ハードディスク1テラ。」
井「テラ!?すげ~!」
准「まだあるんですか?いろいろ。」
ク「もう本当に1テラあるんで。クマグスでいうと、3年はできますね。」
剛「助かります。」

ここからバカ画像一挙公開!
とりあえず、言葉で伝えてみます(汗)。
「この人も欲張るのにも程があるな」
自転車の荷台に、身長の2倍以上にペットボトルを積み上げ
それを引っ張って歩いている男性の画像。
「そうそう、これこれ」
銅像の、何かをつまむような手の所に
たまたま通りかかる女性がいて、銅像がその女性を
つまんでいるように見える画像。
「マズイというか絶対にマズイ!」
貨物船の上で、大量のコンテナがすごく傾いている・・・という画像。
「あ、あぶない」
ロンドンの兵隊さんが、喉元に剣を突き立てたまま
居眠りをしている・・・という画像。
「そりゃそうかもしれないけどもさ」
車体が半分だけしかない車の窓に、1/2priceの文字・・・という画像
「八方ふさがり、終了です。」
Uターン禁止・左折禁止・進入禁止・右折禁止・STOPの
5つの標識(海外の標識)が1本のポールに全部取り付けられている
・・・という画像。
と、本当にバカバカしい画像がいっぱい。
そしてやたらと大うけのV6(笑)。
なので・・・。
バカ画像はV6の強い要望により、第2弾放送決定!
だそうです。
・・・レポしている身には、超視覚的内容は
すごく辛いんだけどね(汗)。


で、続きましては。
お待ちかねの森田UMA!!
タイトルも
UMA特別編 森田剛with山口敏太郎UMA捕獲大作戦!
しかしメンバーは、ちょっと心配だったようで、
登場したクマグスさんにこう言いました。
長「でも剛くんが一緒に行ったんですよね?大丈夫でした?
  茶化したりしませんでした?」

ク「いや、かなりシリアス。」
井「シリアス!?1番対極にあるような・・・。」
剛「シリアスなロケは僕も初めてでしてね。」
井「でも”森田剛with”になってましたからね。」
ク「次世代はUMAの研究家として、森田さんに僕の後を背負って立っていただきたい。」
井「そんなに重大なの?」
剛「(大きく頷いて)はい。」

そしてVTRスタート。
4月某日のTBS。
クマグススタッフは剛君の控え室を訪れていました。
ス「おはようございます。」
剛「おはようございます。来たね、ついに。」
ス「そうですね。」
剛「大丈夫?例の件。」
ス「UMAの?一応、森田さんから近場っていうお話があったんで調べたんですけど
  一応都内ということで、青梅市の方に絶滅したニホンオオカミがいるんじゃないか
  っていう噂が・・・。そこはどうかなって。」
剛「いいじゃないですか、オオカミねぇ~。」
ここでニホンオオカミについての説明を。
ニホンオオカミ・・・1905年に最後の1頭が死亡し、絶滅種に認定。
           しかしこの存在しないはずのニホンオオカミが東京の
           青梅市で目撃されているという噂が。
剛「今回、東スポの一面を飾るっていう目標があるんで。」
ス「はい・・・。そう簡単になかなか見つかるもんじゃないと思うんですけど。」
剛「それは俺も百も承知だけど。」

絶滅したニホンオオカミを目指し、いざ青梅市へ・・・と
車に乗り込もうとしたとき。
剛「そういえば、あの・・・大丈夫?例の人。」
ス「一応向こう(青梅市)で・・・。」
剛「あ、本当。」
ス「はい。向こうで落ち合うことになっているので。」
剛「OK.わかりました。」
そして、剛くんが車に乗り込むと、もうそこには
UMAクマグスさんが・・・(笑)。
さすがにこれには、剛くんも笑うしかなかったみたいです。
そんなこんなで、車は無事発車。
移動開始から2時間で東青梅駅に到着。

ス「着きましたね。」
剛「着いたね。肌寒いね。」
とここで、わざとらしく、一応待ち合わせの雰囲気でUMAクマグスさん登場。
ク「どうも。」
剛「良かったぁ。無事会えて。」
ク「そうですね。」
剛「早速なんですけど、どうしましょうか?今日。」
ク「そうですね。こういう現場を当たる場合はですね。地元の市役所の
  観光課に行けば、有力な証言者とか情報を入手することが多いので
  是非今日はまず市役所から。」
剛「なるほど。市役所行きましょうか、じゃあ。」
ク「行きましょうか。」
剛「初めてなもので、どうスタートしていいか・・・。」
とここでカメラマンの一人が、カメラを回したままで後ろ向きに歩き
バスの標識に背中からぶつかる。
剛「こういう事もあるじゃないですか!」
ク「まさにUMAの呪いですよ。」
剛「(スタッフに)油断だけはダメだからね。今日のロケ。」
ク「いきなり犠牲になっちゃった・・・。」
しばらくして、剛くんがそもそもな事をクマグスさんに質問。
剛「そもそもオオカミっていうのはUMAとは言えるんですか?」
ク「UMAといえますね。というのはですね、1905年に最後の1頭が
  奈良県で死んでいるんですよ。それ以降、目撃されてないんですね。
  50年間目撃されていない場合は、もう絶滅動物。つまりは
  この世に存在しない動物なんですよ。ところがそれを見た人がいると。
  この西多摩一帯にいるらしいんですよ。」
剛「へぇ~。」
ク「遠吠えを聞いたとかね。オオカミ自体ですね、幕末の頃には相当
  弱体していたんですよ。なぜかというと、ジステンバーっていう犬の病気が
  海外から入ってきまして、それに感染して日本のオオカミがバタバタと
  死んでいったんです。」
剛「そうなんだ。」
ク「ところがですね。犬を強くするためによく雌犬を山中に繋いでおいて
  オオカミと交尾させて、ハイブリット犬を作っていたわけですよ。」
剛「人間が・・・ですよね?」
ク「人間が意図的に。もし生き残っているとすれば、犬とオオカミの
  ハイブリッドウルフが生き残っている可能性はありますね。」
剛「すごいですよね。」
ク「東スポの友人に電話したら『是非うちで一面をくれ』と。」
剛「本当ですか?」

しかし剛くん、合いの手というか
返事のタイミングが上手い。
聞き上手っていうか、話させ上手って言う感じ。
話をしながら5分ほど歩き、2人は青梅市役所に到着。
ここで市役所の職員に情報を聞き出すが、職員さんは何も知らず。
広報課に行くように言われ、秘書広報課に行くも、
そこでも情報は得られず。
そして、青梅観光案内所に行くように言われる。

と、ここで森田UMAは一旦休憩。
次に登場したクマグスさんはセロテープアートクマグス
でも、名前を聞いただけでは、メンバーは誰も食いつかない(汗)。
そんな中、ダチョウの卵のような物体を持ってクマグスさん登場。
その物体を見て、
「これがセロテープアート!?」
と、一斉に食いつくV6。
そして、クマグスさんの作品がここで一挙公開される。
健「何これ~~!?」
井「これヤバイよ。」
作品は、抽象的なオブジェだったり、セロテープで描かれた絵だったり
犬だったり、大きめの赤ちゃんだったりと様々。
とてもセロテープだけで作られたとは思えない出来ばえ。
坂「(セロテープアートの赤ちゃんを抱いて)関節、全部動くんだ。」
と、坂本氏もビックリしていました。
作品は着色されているのもあるんだけど、
それも薄い色のついたセロテープで作られていました。
長「それ(色つきテープ)、普通に売られているんですか?」
ク「これまだ特注品で売ってないんですよ。
  僕のアート用に作っていただいて・・・。」
井「メーカーもここのしか使わないんですか?」
ク「スポンサーになって頂いているんで・・・。」
ちなみにクマグスさんは、セロテープアートを作りすぎて
腱鞘炎になっているとの事。
結構、力がいるみたいです・・・セロテープアート(汗)。
ここで・・・
V6 セロテープアートに挑戦!
セロテープアートといっても、
メンバー全員、ひたすらセロテープを引っ張りそれを丸めてました(笑)。
特に剛くんは
剛「指が絡まっちゃった時とかってどうしたらいいんですか!?」
とセロテープそのものに悪戦苦闘してました(汗)。
一通りセロテープとメンバーが戯れた後、
クマグスさんが2年かけて作った大作が登場。
セロテープ約100キログラム、4000本近く使ったその作品は
とてもセロテープで作られたとは思えないオブジェでございました。
あと、超でかいセロテープで描かれた絵も登場しました。
いや~~、セロテープの意外な使い道を見た気がしました。


そして、森田UMA後編!!
青梅ではオオカミは『大口真神』として祀っている(番組では『祭って』だったけど)。
ということで、青梅観光案内所へ・・・。
観光案内所の人の話によると
明治の初期、送りオオカミという話を聞いた。
お葬式とかいろいろ行くとお土産をくれる。そのお土産欲しさに
オオカミが玄関まで送ってきた・・・という話。
しかし、具体的な情報は得られず。
剛「(話すことを)渋ってますね、まだ。」
ク「まだ真実を明らかにしていない。」
で、剛くん、町の人に聞き込み開始!!
剛「すみません、ちょっとお話聞いてもいいですか?テレビなんですけど。
  ニホンオオカミについて取材してまして・・・。
  お父さん、聞いた事ないですかね?」
男「ニホンオオカミ。今、初めて聞きましたね。」
ク「お犬様の話は聞いたことないですか?」
男「ううん・・・。」
剛「お父さん、だいぶ酒臭いっすけど、昼間からいっちゃってますか?」
男「(紙パックの)今、半分飲んだ。」
剛「ありがとうございます。」

・・・剛くん、こうやって積極的に話を聞くようになったんだぁ(遠い目)。
昔の剛くんからは、想像できない姿だよ(って、お母さんか?私は)。
で、その後も目撃者を求め周辺を聞き込むも、有力な情報は得られず。
しかし地元の女性から、御岳の方の人に聞いた方がいいと言われる。
剛「口割らねぇ~な~。俺はそう見てるよ。」
ス「要はみんな(オオカミの事)隠してる?」
剛「隠してる。これはでも言えないんだぞっていう、
  そういう顔ですよ。」


てなワケで、より強い情報を求め、駅前を離れ御嶽神社へ向かう。
道中、車の中でオオカミと犬の声の聞き比べをする。
まずはオオカミの声から。
これはちょっとサイレンのような声で、剛くんも
剛「この辺(お腹)で鳴いている感じがするよね。」
と言ってました。
次に犬の声。(しかも『わんわん』という鳴き声)
犬よりちょっと軽い感じの鳴き声でした。
・・・遠吠えと鳴き声の違いって感じだったけどね(笑)。

そして車は青梅市御嶽山ふもとに到着。
でもあいにくの雨。
そんな中、オオカミ(犬)の絵の描かれた御札の家を探す。
程なくして、本当に御札を貼っている家を発見。
剛「あれ、オオカミじゃないですか?」
ク「間違いないですね。オオカミの御札ですね。」
剛「おお~すげぇ~~!」
ク「これは貴重だ(と、写真を撮る)。」
剛「本当にあるんですね。」
ク「本当に信仰しているんですよね。」

・・・とここでVTR終了。
しかも続きは来週との事。
健「みたいね、これ。」
井「引っ張るの?」
剛「これはヤバイですよ!本当に。」
井「マジで?」
剛「マジです!」
ク「日本人の原点に立ち戻るような感動をみなさんに・・・。」
健「原点に立ち戻るんですか?」
ク「100年前、我々の先祖が失ってしまったオオカミと言う文化的財産を
  取り戻す瞬間です。」
井「なんか本格的な捜索ロケで・・・。」
ク「かなりガチンコでいろんな人に聞いてます。」
准「これ見つかったらすごい事ですからね。」
健「いたらすごいね。」
准「(予告VTRの)最後、声聞こえてましたよね。」
井「聞こえてたよ。」
健「あれナンだろうな。」
剛「大騒ぎになるでしょうね、O.A後。」
長「O.Aしてから、東スポの一面に・・。」
井「これ、来週?」
ク「来週、全て明らかになります。」


ということで、今回のクマグスはここまで。
今回は、エンディングのトークもなしでした(汗)。


そして来週のクマグスは
・森田UMAクマグス完結編
・賞金稼ぎクマグス
・富士山写真クマグス
の3本立て!!

次回、剛くんは本当にUMAと遭遇できるのか?
日が暮れても続けられたロケの結末はいかに???


っていうか、UMAロケってこれからもあるのかしら(汗)??



今回も、長い文章にお付き合いいただき
ありがとうございました。


別窓 | V6 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| V6戯言日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。