22年目のアイドル『V6』、特に【リーダー坂本昌行】に向け 愛と毒とぼやきを 発信中(笑)。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
代々木カミコンチケ到着・・・
2009-07-28 Tue 21:37
昨日、仕事から帰った私に、
夏休み中の優ぽんが、青い封筒を差し出してこう言った。


「チケット来てるよ」


さすが優ぽん。
母親が帰ってくるまで、開封の儀式を待っていたらしい。


で、早速開封!!





アリーナだっ!!!!!!




驚愕する母娘。
今年は天井席じゃない・・・と安堵するのもつかの間。


「ん???Fブロックってどこ???」


メインステから果てしなく離れているのは、容易く想像できる。
しかし、Fブロックって、今まで代々木であったっけ(汗)???
アニバコンの、外周外席(あの細い横外周通路の外の席)だって
確かEブロックだったはず・・・。



ポカンとする母娘(笑)。


もしやこれは何かの罠で、
Fブロックというのは、席そのものが宙吊りになっていて
空中でイスに体を縛り付けられ、コンに参加しなければならないとか(おいおい)
バックステージの端っこにゴザを引いてあり、そこで正座してコンに参加するとか
今までになかった、とんでもない席なのではないだろうか??


・・・そんなワケねぇ~~よ(笑)。


でも1回こっきりのカミコン。
優ぽんにとっては、年に1回、大好きな『彦星・准ちゃん』に会える
大事な大事な日。
今から、体調を万全に整えて、その日に臨みたいと思います。




あ。会報に一言。




坂本氏・・・。



どんだけ『転べば』気が済むんだ(笑)。



『起承転転転転結』って、
そんなに転んだらケガするがな(爆)。

スポンサーサイト
別窓 | V6 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
クマグス37回目(・・・なのか?)
2009-07-26 Sun 14:25
みなさん!夏ですね。
アイスクリームとか食べてますか???

私、ここ数年、
ふつ~のカップアイスを1つ食べると・・・いえ
半分くらい食べると、必ずと言っていほど

お腹をこわします(爆)。

ファミリーパックとかの、小さいタイプを1つだったら大丈夫なんだけど
(あとハーゲンダッツのカップタイプも大丈夫)
1個100~150円くらいのjアイスクリームだと、確実にアウトです(汗)。

・・・ど~して(嘆)っ???
いつの間に私のお腹って、おこちゃま並みに弱くなったの??


歳のせいか(汗)????????????
四十路の罠なのか(笑)??
・・・アイスクリーム、好きなのになぁ(´・ω・`)ションボリ


というワケで、今週もそろそろ始めます。


今回もクマグス文字だけ放送クマグスクマグス
略してクマクマにようこそ!!




って言っても、今週は殆ど・・・いえ
全くレポする事がありません!!
だって・・・・



ただの総集編だったから(爆)。




だからタイトルも
『クマグス37回目(・・・なのか?』
なんです(汗)。

カットされた何か新しい未公開映像とかが
放送されるワケでもなく・・・
ただ単に、過去に放送したクマグスさんのVTRを
再編集しただけのものでした。
果たしてこの放送のタイトルに
『スペシャル』という意味の『SP』を付ける意味があったのか??
大いに疑問に思いますわ。

ちなみに、出てきたクマグスさんは
・ラブホテルクマグス
・混浴クマグス
・夜景クマグス
・懸賞当選クマグス
・合コンクマグス
・宝探しクマグス
でした。
・・・って言っても、以前登場した時の映像だけどね。


なので、今回は思いっきりザックリザッパリバッサリと
割愛させていただきます。
ごめんなさい m(_ _)m



おまけに、クマグスの放送も2週ほど飛ぶ模様で・・・(汗)。
次回放送は、こちらでは
8月14日(正しくはもう15日なんですけどね)になります。
そして8月14日の放送は、クマグス財宝発掘SP!!で、
放送時間も75分と拡大されます!!
未だ眠る財宝を求め
再び長野クンが大捜索ロケを敢行っ!!
しかも、そのロケに坂本氏も同行っ!!
はい・・・。
みなさん、坂長夫婦再びです(爆)。
丁度その頃は、お盆という事もあり
ある意味、坂長ファンには最高の夏休みプレゼントです!
・・・少なくとも、私には最高のプレゼントです♥


そして、今後のクマグスのラインナップも紹介されました。
今後登場予定のクマグスさんですが・・・

・ギャルクマグス
・珍地名クマグス(これ面白そう!!)
・食べ合わせクマグス
・メロンパンクマグス(これ気になる!超気になる!!)
・値切りクマグス

だそうです。
珍地名クマグスさんの時にチラッと流れた映像で
ドイツには『ダーメ(Dahme)』、
アメリカには『エロイ(Eroy)』という地名があることを知りました。
んでもって、メロンパンクマグスで、
メンバーが食べていたメロンパンが、私の知っているメロンパンを
遥かに越えたメロンパンで、すんごく美味しそうでした・・・。


クマグスの放送は2週間ほどあきますが
また何か、更新できればと思ってます。


ではでは・・・。



以下、めいりんのプライベートなお話。




クマグス37回目(・・・なのか?)…の続きを読む
別窓 | V6 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
祝!坂本昌行38歳っ!!
2009-07-24 Fri 08:40
・・・今年もまた、この日がやってきました。

当ブログは、『坂本昌行極愛主義』の管理人がやっておりますので(笑)、
この日だけは、盛大にお祝いしたいと思います。

みなさま、心を一つにしてご唱和下さい(爆)。
特に、年齢の所は力をこめて(笑)。


では・・・。


坂本昌行さま

38歳っ!!の御誕生日

誠におめでとうございますぅ~~~!






どこをどうとっても、これで私と同じ、
立派なアラフォ~~ですね(o^∇^o)ノ



あなたに堕ちて、早●年(10年は越えたぞ)。
時に楽しく
時に苦しく(主に金銭面で・・・)
でもやっぱり楽しい日々を過ごさせてもらっています。



私は・・・



オジジになったり、急に若ぶったり(笑)、
そんな目まぐるしい変化を遂げる貴方が大好きです。

おこちゃま用ジェットコースターに
本気でビビる貴方が大好きです。

美味しい物を食べると
鼻の穴が膨らむ貴方が大好きです。

んでもって、怖い思いをしている時も
鼻の穴が膨らんでしまう貴方が大好きです。

例えシュミレーションゲームでも
ゴルフになるとスイッチが入ってしまう貴方が大好きです。

コンサートのMCで、妙に黙っているなと思ったら
じ~~っと観客ウォッチングをしている貴方が大好きです。

ヘタレな貴方が大好きです。

カッコイイ貴方が大好きです。

長野クンに突っ込まれると
何も言えなくなってしまう貴方が大好きです。

ここ最近、苦手分野にも(虫・ジェットコースター等)
果敢に挑戦する貴方が大好きです。

貴方の声が大好きです。

貴方の歌声が大好きです。

誤解を恐れずに言うなら
貴方の体(・・・のライン(笑))が大好きです。

時々、反抗期真っ盛りになる
貴方の目が大好きです。

トニコンでギュっとさせてもらった
貴方の手が大好きです。





私は 坂本昌行が 大好きです。



諸事情で、秋のミュージカルは観に行けないかもしれないけど
たま~に、愛がぺらっと薄くなる瞬間はあるけど・・・(ゴメン ほんとゴメン)。




私は 坂本昌行が 大好きです。
そして
坂本昌行という人物がいる この世界が 大好きです。




今宵は、貴方が生まれたこの良き日を
貴方の大好きなビールでお祝いしますね。



貴方が生まれたことに感謝しながら・・・・。



Happy Birthday To You.
Happy birthday To MASAYUKI SAKAMOTO.
別窓 | 坂本昌行♥ | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
クマグス36回目(7/18)
2009-07-19 Sun 23:30
今日、復活した『にこにこ健』を読んでいて知りましたが・・・

健ちゃんとファーストガンダムって同い年だったのね(しみじみ)

しかも、30歳を『ハーフ還暦』だなんて・・・。
私もこの表現には、ドキッとしました。
やっぱ健ちゃんの発する言語は、ヒネリが効いてて面白いわ。

んでもって、今日からカミコンツアーがスタート!!
おいらは、代々木のみ参戦ですので、
それ以前に参戦される皆様っ!
感想や感想や感想や、ネタバレ等を
よかったら聞かせてくださいね!!
あ、ペンライトの使用方法もこそっと教えてください!

というワケで、今回もそろそろ始めましょうか。


今回も、クマグス文字だけ放送『クマグスクマグス』
略してクマクマにようこそ!!



今回のクマグスは、サブタイトルに
クマグス男祭りっ!!って付けたくなるくらい
男性、しかも『男らしい』男性のクマグスさんでした。


で、まず最初に登場したのは危険脱出クマグスさん。
この方は、アメリカのSWATで対テロ訓練を受けた、
危険対策のスペシャリストとの事。
でも、スタジオに登場したクマグスさんは、思った程がっちりした身体つきでは
ありませんでした。(テレ●ス・リー氏みたいな人を想像してた・・・)
そんなクマグスさんにメンバーも
准「これはかなりリアルですよ」
井「本当ですか?いや見た感じ、だって・・・」
坂「ちょっと想像とは違う感じがしたんですけど・・・」
長「でも首が太いんですよね」
と、興味津々。

そもそも、『危険対策スペシャリスト』とは、狙われる可能性が高い
政治家や芸能人、または企業等の危機管理の対策をする人だそうで、
胸にEPというバッジをつけているそうです。
で、このEPというのは『Exective Protection』の略で、
企業役人、重要人物の警護をする人物の意味との事。
SPは『Security Police』で警察だが(ま、公務員ですわな)
EPは民間のSPと考えるとわかりやすいと思います。
と、ここでV6としては、やっぱり触れずにはいられない話が・・・(笑)。
井「SPとはまた違う・・・」
健「(准ちゃんに向かって)お前、今日(バッジ)付けてないじゃん」
准「今日、付けてないんですよ」
健「付けてないじゃん!ダメだろ!何で付けないんだよ」
准「・・・置いて来ちった(笑)」
・・・っていうか、あのバッジ、家にあるのか(汗)??>准ちゃん

そして、日本でクマグスにしか出来ないという
『ウイングスーツ』というのを着、酸素マスクを付けて
高度9000~10000メートルから、時速2~300km/hで滑空する技の
VTRが紹介されまして・・・(敵地に侵入する時に使うそうです)。

次に紹介されたのが、『もしも危険に遭遇したら?』
という時の対処法。
まず・・・。

もしも刺されて内臓が飛び出してしまったら?
すぐ内蔵を体内に戻そうとしてしまうかもしれないが、これは×。
手で触らないで(手で触ると、手の雑菌が内臓に付着する)、
清潔なものに包んで、そのまま病院に行く・・・との事。
・・・っていうか、普通こんな危機に遭遇することって
宝くじで1等を当てるより低いんじゃないだろか(汗)??

もしも車のトランクに監禁されてしまったら?
トランクの内側にワイヤーがあって、それが引っ張られて開くシステムなので
暗闇の中、手探りでそのワイヤーを探し、引っ張ればトランクは開く。
・・・ただし、電動のものは×。

もしも手榴弾が目の前に転がってきたら?
・・・あり得ないよ~~(爆)!!
メンバーも
健「これは回避のしようがないからね」
准「なかなかない状態ですよね」
と、ちょっとピンと来ない様子。
この対策法は、クマグスさん曰く
手榴弾はピンを抜いてから爆発まで5~6秒あるので
投げた人間が見えたなら、そこから5~6秒の時間があるので
投げ返せる。(そんな余裕はないと思うぞ)
投げるところが見えてなくて、いきなり目の前に転がってきたら、
爆風を浴びないように、下に伏せて逃げる・・・との事。

もしもナイフを持った暴漢に襲われたら?
・・・悲しいけど、これが1番現実味がある危機かも(汗)。
対処法は、ナイフを持った相手の腕の脇に逃げ(正面に立たない)、
足をかけて倒す・・・というもの。(これも難しそう)
で、これはクマグスさんがADさん相手に、実演をしてくれました。
しかも、2回実演して2回とも、ADさんを一瞬で倒してくださいまして・・・。
そのカッコよさに、メンバー全員が食いついて
『満点食いつき』となりました。
健「いやだってスゴイでしょ」
井「賞金稼ぎとか出来るんじゃないですか?」
健「あ、賞金稼ぎ、紹介しましょうか?」
坂「どんな番組だよ!?これ・・」
・・・、ま、確かにこの次に登場するのは、賞金稼ぎクマグスさんだけどね(笑)。

しかし、健ちゃんの暴走はまだ続きまして(汗)。
健「だからさ、こうやっぱ、護衛とかしたいもんね」
井「したいの?例えば誰のしたいの?」
健「え?誰?アイドル??」
井「何も言ってないけど・・・」
准「俺の横で、全然かみ合わない会話を・・(汗)」
井「(健ちゃんの発言に)むやみにふれねぇよ!」
・・・健ちゃんの発言を拾ったばっかりに、大ヤケドのイノくんでした(汗)。


と、ここで危険脱出クマグスさんは終了。
次に登場したのが、以前にも登場した事がある賞金稼ぎクマグスさん。
今回は、いろんなバウンティーハンター(賞金稼ぎ)の話をしてくれました。

女バウンティーハンター
数は多くないけど、女性のバウンティーハンターもいるそうです。
クマグスさんが語ってくれた女バウンティーハンターは、
父親がロス市警の警察官だったが、殉職してしまったという過去を持ち
本人も正義感が強い女性だったそうです。
そんな彼女の初めての獲物(犯人)は、300万円のハンティングだったが
追いかけて逆に犯人に暴行を受けて、取り逃がしてしまった。
当局は急遽、クマグスさんに助っ人を頼んだ。
犯人の自宅に入り、ゴミ箱の中にガンクラブのレシートがあったので
それを手掛かりに犯人を追い詰め、彼女を連れて行き逮捕しようとしたら
彼女が怒り出して、ショットガンをクマグスさんに向けた・・。
井「ちょっと意地があったんでしょうね。その女の人もね。
  絶対、私が捕まえるんだと・・・」

坂「でもショットガン向けられるなんて・・・ねぇ」
井「仲間からねぇ・・・」
ク「だから犯人がアワ食ったっていうのもありますよね」
井「逆に・・・。いきなり仲間割れみたいな感じになったから」
そしてクマグスさんは
「賞金は全部お前にやるから」
となだめて、犯人を拘束したとの事。

伝説のバウンティーハンター 壮絶な最期
この人は半生が映画にもなった人で、70歳すぎても現役で
バウンティーハンターをやっていたそうです。
そして彼のポリシーは『犯人を生け捕りすること』だったそうで、
これはクマグスさんも、理想としている事なんだとか。
准「その方はどの位の数の犯人を捕まえられたんですか?」
ク「1万人と言われている・・・」
その数の多さに驚くV6。
井「捕まえたヤツだけ集めても、ライブできますよね」
健「ライブできるよね」
長「武道館、埋まるよ」
・・・例えがちょっとお気楽な気がするのは、私だけでしょうか(汗)?
で、そのバウンティーハンターは、車に乗ったところを、
仲間のバウンティーハンターと一緒に爆弾で吹き飛ばされて死んでしまった。
それも、逮捕した犯人から逆恨みされ、狙われて・・・。
彼には、奥さんとお嬢さんがいたが、後日二人とも
バウンティーハンターになったそうです。

ここでイノくんから素朴な疑問が。
井「そこまで警察のためになるような事をしてるわけじゃないですか。
国からの補償っていうのはないんですか?」

ク「国の補償はないんですね」
過去にバウンティーハンターが、ちょっとした気の緩みが原因で
全然関係のない一般人を、人違いで射殺してしまった。
そのバウンティーハンターは逮捕され、第一級殺人犯になってしまった。
つまり彼らは、一歩間違えれば犯罪者になってしまう。
だから、補償がないのかも・・。

カミカゼバウンティーハンター
健「あれ?これ自分でしょ!?」
ク「これ、自分ですね(笑)」
クマグスさんが語る、自分の話は・・・。
女性の逃亡犯で、偽造パスポートで海外に脱出するという情報を得たクマグスさん。
その偽造パスポートを届けに行くという情報があったので
そこに、保険の外交のふりをし、先回りして行った。
犯人と交渉し、自分の犯した罪とか色々話してきて、ついに泣き出してしまった。
その時、クマグスさんは自分の身分を明かしたところ、犯人は
「わかりました。連行されていきます」
と、素直に応じた。
車に乗せていこうと思ったら、急に犯人が
「彼氏との思い出の場所がある。連れて行ってほしい」
と言い出した。
しかも、その犯人は・・・・結構キレイだった(爆)。
健「あら!何か俺、嫌な予感がしてきた」
で、クマグスさんと犯人はなんかいい感じになって、
車で関係を持ってしまった(おいおい!)
これには、
健「(ちょっと身を乗り出して)車で!?車で関係を持った!?
ちょっと待て、バウンティーハンター!!だよね」

と、健ちゃんも大きくダメ出し(爆)。
その後、クマグスさんは犯人を連行したが、担当の警察官に彼女が
「この人に暴行されました」
と、自分の罪を軽くするために、そう言い出してしまった。
危うく犯罪者になるところだったクマグスだったが、後日留置所から
「あの時はごめんなさい」という手紙が犯人から届いた。

井「そんな事、あるんですね」
ク「常にハンター」(・・・おいおい)
健「いろんな意味でね。自分のマグナムがね。」
井「バカヤロー!いい加減にしろ(笑)」
またも暴走しかけた、健ちゃんなのでした(汗)。
ちなみにこの話は、坂本氏以外はみんな食いついていました。


ここで、賞金稼ぎクマグスさんは終了。
そして最後は・・・この男。

井ノ原快彦、紫おばさんクマグスへの道

今回も巣鴨のイノくん。
井「ちょっと、とげぬき(地蔵)行ってみましょうか?」
ここでちょっと『とげぬき地蔵』の説明を。
とげぬき地蔵っていうのは通称で、正式には『高岩寺』と言います。
境内にある『洗い観音』は、自分が病んでいる所と同じ所を洗うと
治るといわれています。
ちなみに私は、ここへ行く度に、欠かさず観音様の頭を洗っております(笑)。
あ、あと腰もね。

そして、イノくんは1人のご婦人に話かけまして・・・。
井「(ご婦人に)キレイな髪の色されてますね」
婦「またぁ、そんな~」
井「これ何色なんですか?オレンジが入ってます?」
婦「ワインカラー・・・。オレンジと赤ね。」
井「ステキな・・・ねぇ」
婦「ナンだったら、サインでももらえたら良かったけど」
井「何行ってるんですかもう。僕が貰いたいくらいですよ」

と、他愛もない話をしていると、イノくんの視界に他のご婦人の姿が・・。
井「ちょっと紫じゃないですか?あの方、ちょっと紫じゃないですか?」
高岩寺の本堂に入っていくご婦人の後を追いかけるイノくん。
井「ちょっと紫じゃない?・・・バイオレットガールだよね?」
この『バイオレットガール』という言葉に、スタジオの健ちゃんが苦笑(笑)。
井「太陽光の下の自然光で、紫かどうかっていうのを判断したいじゃん」
確認のため、本堂から出てきた先ほどのご婦人に声をかけるイノくん。
井「ちょっとお話伺ってもよろしいですか?」
婦「はい、ナンでしょう?」
井「(自分の頭に両手を持っていき)ちょっとキレイな紫っぽい色だなと思って
  今、髪の毛を紫色にしている方を探しておりまして。
  お姉さん、ちょっと紫色に・・・」

婦「紫になってる?今。その色がなくて、色が変わったんだけど、紫になってる?」
井「太陽光が当たると、ちょっと紫っぽいなと思うんですけど・・・。
  紫にはしてたんですか?」

婦「前ね。だけどもう・・・製造してないって言われて・・・」
井「えっ!?」
婦「また新しいのを娘が取り寄せてくれて・・・」
井「製造してないんですか?」
ショックを受けるイノくん。
ご婦人の話によると、愛用していた染料が製造中止となり、
ご婦人は紫色に染める事をやめてしまった。
このご婦人の過去の写真を見ると、確かに以前の方がしっかりした紫色をしている。
でもまだうっすらと紫色が残っていたので、イノくんは
このご婦人と記念写真を撮る。

そして紫色に髪を染める人がどれくらい減ったか?
それを確かめるために、一行はとある美容室へ。

井「こちらで紫にする方とかって、いらっしゃいますか?」
美「前にはいらっしゃいましたけど、今はブラウン系がね・・・」
井「紫は最近は?」
美「紫は最近、流行らないです」
井「流行らないんですか?」
美容室の人の話によると、紫色はもう時代遅れだが、
紫に染める染料は、まだいろいろと存在しているそうで・・・。
という事は、
紫色を貫き通すご婦人も確実に存在しているという事!!←結論(笑)

最高の情報を手に入れ、イノくんは探索を再開。
そして最初に絡んできたのは、やけににぎやかなご婦人の集団(笑)。

井「ここらへんで、紫色の髪の毛の女性を見かけませんでした?」
婦「本当?それ」
婦「真剣に言ってるけど・・・」
井「真剣に言ってますよ。探してるんですよ」
婦「何の番組?」
井「これはね、天才たけしの・・・」
婦「え~~、うそ~~」
婦「それ終わっちゃったでしょ」

軽いジョークでご婦人の集団をかわすイノくん(笑)。
・・・しっかりと、握手攻めにはあってたけどね(爆)。
しかし、更なるモンスターの登場で、イノくんは思わぬ足止めを食らう。
それは・・・。

地蔵「こんにちは、ニコニコ地蔵です。可愛がってくださ~い」
と、喋る地蔵人形とそれに合わせて
子「は~~い!!」
と、返事をする男の子。
男の子が地蔵人形(男の子よりデカイ)のボタンを押すと、
「こんにちは、ニコニコ地蔵です」
と、その地蔵人形が喋りだし、男の子もそれに合わせて
「こんにちは」
と人形に挨拶をしている。
で、人形が
「可愛がってくださ~~い」
と喋ると男の子は
「は~~い」
と返事をしている・・・というワケ。

井「(男の子に)もう1回(ボタン)押して」
イノくんの言葉に素直にボタンを押す男の子。
またも「こんにちは、ニコニコ地蔵です」と喋りだす人形。
すんごいニコニコ顔の男の子。そして人形が
「可愛がってくださ~~い」と言った時、手をあげて
「は~い」と返事をしようとするイノくんに対し、ただ笑うだけの男の子。
井「言わねぇ~のかよ」
と、見事にずっこけるイノくん(笑)。
井「ココら辺でさ、髪の毛が紫色のおばさん見なかった?」
子「うん」
井「見なかった?」
子「うん」
井「本当?」
子「うん」
井「見なかった?」
子「うん(と言いつつ、またも人形のボタンを押す)」
井「そっか~」
またも喋りだす地蔵人形に、先程と同じ様に返事をしようとし、
同じ様にずっこけるイノくん。
そんなイノくんの一連のリアクションに大喜びの男の子。
井「笑ってるなぁ~。彼も見たことないとなるとなぁ~」
そしてまたもや人形のボタンを押す男の子(笑)。
同じリアクションをするイノくんに、手を叩いて大喜びする男の子。
井「じゃあね、じゃあね」
と、その場を離れるも、男の子の地蔵人形攻撃(笑)は続き、
男の子から離れながらも、またもリアクションをしてしまうイノくんなのでした。

そして某お茶屋さんにて。
井「アジサイだった。紫かと思ったら」
そのお店の奥には、アジサイの花が・・・。
井「アジザイだ、あれ。おしいな。頭ちっちぇ~なと思ったら・・」
そして探索続行。
井「なんかむやみやたらにこうやって歩き回っているだけじゃ
  ダメなのかな?」

そう言ってた矢先・・・。
ス「前髪だけ?」
ス「前髪だけです」
井「あ、本当だ」
急に走り出すイノくん。
そして背後から回り込んで、ご婦人に話しかける。
井「すみません、こんにちは。すみません、ちょっと宜しいですか?」
振り向いたご婦人は、確かに前髪の部分が紫色。
婦「なんですか?」
井「今、髪の毛を紫にしてらっしゃる方を探しているんですよ。
  で、お姉さんが紫なんじゃないかなと思って」

婦「ちょっとそんな感じね」
井「紫なんですか?」
婦「うん。少しね」
井「そうなんですか。ちょっと青っぽくも見えますけど、紫なんですよね?」
婦「うんうん」
井「おいくつぐらいからされているんですか?」
婦「2年前くらい」
井「2年前?どうしてまた、キッカケはあったんですか?」
婦「美容院でね、ちょっと試しにやらせて下さいって言うんでね」
井「向こう(お店の人)から、やらせてくれと」
婦「そう。私あまり目立つの好きじゃないからイイって言ったんですけどね」
井「戸惑いはあったんですね?」
婦「ごく自然だからって言うからね」
井「いたもう全然溶け合ってるじゃないですか。
  それから何か変わりました?」

婦「まぁ~ね。感じ良いわって。色が良く出てるって・・・。」
そしてイノくんは、であった記念にここでも2ショット写真を撮影。
井「これからもやり続けて下さいますよね?ねっ?
  是非ともお願いします」

婦「うん。まぁ・・・はい」
井「今日はありがとうございました」
婦「はい、どうも」
井「お気をつけて」
婦「ありがとう」
井「一生やり続けてくださいね。ありがとうございます」

ご婦人と別れたイノくん。
井「ちょっと感動したわ。
  まあでも今日はね、本当みんなありがとう。
  いい所まで来たと思いますよ。今日1日でここまで。
  要はもう、仕事の合間をぬってとかじゃなくて、俺こっちを主にして
  仕事を入れて行くから。これからはそうじゃないと、もう探せない」

ス「わかりました」
井「みんなも寝る時間なんかなくなるからさ。それは覚悟しておけよ」
ス「はい」
井「なっ?」
ス「わかりました」
井「ごめんなさい。じゃあお疲れ様でした」
と、徒歩で去っていくイノくん・・・・だったが、
ス「井ノ原さん!」
井「(振り向いて)えっ!?」
ス「あの~~、車で帰りましょうか」
井「車で帰る?」
・・・そしてスタッフと一緒に、歩くイノ君なのでした。

というVTRが終わり・・・。
スタジオには変な空気が(汗)。
井「あ~~~」
健「あ~、あ~~(と、両手で顔を覆う)」
准「2週に続けてね」
井「みんな言葉も無いという感じですけども」
健「コーナー自体が『巣鴨』って感じだもんね」
健ちゃんの発言に、一瞬キョトンとするメンバー。
彼以外のメンバーの頭の上に『?』マークが付き、それと同時に起きる大爆笑。
剛「何か見ちゃうというか、変な感動っていうのかな・・・なんか」
長「でも意外といないのかと思ったらいましたね」
健「まだいるんだね」
准「いい場所教えてあげよっか?木更津にめちゃくちゃいるよ!」
井「木更津ですか?」
准「めちゃくちゃいるから。5年くらい経ってるからわからないですけど。
  あん時には、ほぼ紫でしたよ」

井「ほぼですか。それはいい情報になりますね。
  いずれはやっぱり僕、長年かけて写真集を出版したいなと思ってますんで」

剛「そこがゴール・・・見えてます?」
井「えっ!?」
剛「そもそもゴールを・・・見えてます?」
健「紫おばさんの・・・」
准「ゴール、見ずに走ったでしょ?」
長「もうすでに見失ってるでしょ(爆)?」
井「何が?」

出た~~っ!!
カミセン+長野クンの、畳み掛けるようなツッコミの嵐(爆)っ!!
これぞ、見事なチームプレイ!
これぞ、見事なパス回しっ!!
やっぱ、こういうトークはカットしちゃいけませんぜ!

竹「じゃあこれからも探し続けると・・・」
井「そうですね。あ、すいません。ちょっと忘れてました。
  (と、クマグス人形のスイッチを押す)俺が押さなくてど~するんだと」

竹「期待してます。ありがとうございます。」
井「もしかしたら、これで最後かもしれませんけど(笑)」
イノくんの弱気な発言に、健ちゃんが一際大きな声でこう言いました。
健「自信持てよ~~!」

と、ここでイノくんの『紫おばさんクマグス』は終了。
で、これは私の勝手な感想なんだけどさ・・・。

巣鴨で次々とご婦人に声をかけるイノくんがさ・・・。
徐々に なんとな~~く
巣鴨のナンパ師(爆)に見えてきちゃって
別の意味で、大笑いしそうになっちゃったわさ(汗)。

そしてラストは、久々に今後出演予定のクマグスさんについてのトーク!
ホント、超久々の復活!!
井「今後のクマグス、見てみましょうか。こちらです」
と、ボードに登場したのは
花火・落合博満・復縁・エクストリームアイロニング・メロンパン
選挙プランナー・街がい探し(?)・車窓
の8クマグスさん。
准「すごいね~」
健「花火いい。花火いいね」
井「(落合博満を指差して)これは・・・」
准「来ちゃいましたね」
長「人物系、来ましたね」
井「福嗣くん?」←落合さんの息子さんです
長「福嗣くんじゃない、福嗣くんじゃない(笑)」
健「落合選手って、ボーリング上手いんだよ」
井「すごいんだよね。俺ら(健ちゃんとイノくん)も
  一時期ハマっていたじゃないですか」

健「そうそうそう」
井「伝説になってるもんね、各ボーリング場で」
健「伝説だよ」
長「すごいんだ」
そして話は、別のクマグスさんへ・・・
准「これ、来ちゃう(エクストリームアイロニングを指差して)」
健「また来ちゃうんだ、あの人」
准「俺、Tシャツもらったもん、だって」
井「もらいましたよ」
健「俺、アレ愛用してるよ」
井「俺もしてますよ」
長「世界大会あるって言ってたよね?」
井「そうだよね」
健「長野クン、1番イイって言ってたよね」
准「長野クンがハマったからね」
井「その(世界大会の)タイミングなんじゃないですか?」
長「あ~、そろそろ?」
准「狙えるんだったら・・・どう?」
井「行くんだったら、行きたいよね」
准「V6がアイロニングでチャンピオンってどうなんだろうね(笑)?」
井「そこ行ったか~!てなるよね」
准「長野クンさ、何かさ、そろそろ何かクマグスで出た方がいい」
井「そろそろね。モータースポーツと『食』でしょ?
  他、何かないんですか?」

長「ねぇ~な!」
井「(メンバーも)長野クンの知らない事、いっぱいありますからね、実は」
准「いないのかな?長野博クマグスみたいな人」
長「会いたい!会いたいね!!」
剛「メンバーも知らないんだから、他に知るわけないでしょ」
准「何かでも、他に隠している所、あるんじゃないですか?」
井「長野クンが住んでるマンションとかも知ってるけど、俺たちの中では
  本当はあそこに住んでないんじゃないかと・・・(笑)」


メンバー内の謎の男・長野博というイメージは
いまだにしっかりとあるようですね(笑)。
ま、そこが長野クンの魅力でもあるわけなのですが・・・。


というわけで、今回のクマグスはここまで。
次回のクマグスは
『夏に得するクマグス総出演』という事で、
夜景・ラブホ・宝探し・UMA・合コン・生島ヒロシ・ファミコン・懸賞当選
のクマグスさんが出演予定です。
・・・って言っても、総集編っぽい感じがしないでもないですが(汗)。

でもって、8月14日のクマグスは
『クマグス財宝発掘SP!!』ということで
長野クンが再び、埋蔵金発掘にチャレンジするとの事!!
真夏の夢は、叶うのでしょうか???




今回も、長い長い文章にお付き合いくださり
本当にありがとうございました!!
みなさんの拍手やコメントに、毎回励まされているおいらです。


別窓 | V6 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
クマグス35回目
2009-07-15 Wed 18:46
えっと、またお詫びから(汗)。

前回(クマグス34回目)に、拍手コメントをくださった方のコメントが
何故か、消えてしまいました(汗)。
今回も、今の所理由は全くわかりません。
多分、サーバー側の原因だと思うのですが、
もしかしたら、どっかのハッカーさんに狙われたのかもしれません(おいおい!)

拍手コメントをしてくださったみなさん。
せっかくコメントを書いてくださったのに、こんな事になってしまって
本当に申し訳ありませんでした。
以後、このような事がないように気をつけたいと思います。


あと・・・


今回、アップが遅くなってしまって
こちらも申し訳ありません。
週末から昨日にかけて、すごくバタバタしていて
おまけに昨日、前歯を抜いたら、何故か寝込んでしまいまして・・・(汗)。

はい。
私、前歯を抜きました(汗)。
今、前歯が1本ない状態で、生活してます。
一時期のはつえママのようです。
カミコンまでに、歯が入りますように・・・・。



というわけで、前置きはここまで。
では、遅ればせながら今回も始めさせていただきます。


今回もクマグス文字だけ放送『クマグスクマグス』
略してクマクマにようこそ!



今回のクマグスは
・芸能界のイイ話クマグスさん
・厩舎コメントクマグスさん
・井ノ原快彦新企画
の3本立て。
まず最初に登場したのは・・・

芸能界のイイ話クマグスさん。
でもこのクマグスさん、V6とちょっと面識がありまして・・・。
実は、普段は『オオカミ少年』という芸人をしている人なんですね。
そう!
数年前、『学校へ行こう!』に、学生服にハチマキという応援団スタイルで
登場していたあの二人組みの1人だったんです。
・・・ので、喋りは上手でしたよ(笑)。

まず、紹介してくれたイイ話は、彼がこの『クマグス』になるキッカケとなった
ビートたけしさんのイイ話。
以下、クマグスさんが話した『イイ話』は、内容を変えない程度に
私が加筆・補正してます。
・・・だって、そのまんまじゃ書き難いんだもん(笑)。

たけし軍団の1人、ラッシャー板前さんが結婚する時、たけしさんが
ラッシャーさんに欲しいものを尋ねたところ、ラッシャーさんは
「祝儀もいただきましたし、もう殿からいろいろもらっているんで大丈夫です」
と答えた。
そんなラッシャーさんに、
「水臭いよ。何か言えよ」
と、たけしさん。するとラッシャーさんは
「じゃあ嫁と新居に住むので、新しい洗濯機が欲しいです」
とリクエストしてみたところ
「わかったよ」
とたけしさんは返事をした。
後日、ラッシャーさんの自宅にたけしさんから宅急便が届いた。
開けてみると、洗濯板と桶が入っていた。
「たけしさん、おもしろいな~」
と、ラッシャーさんがオケをぱっとひっくり返したら
桶の裏にガムテープで100万円が貼り付けられていた。
・・・らしいというお話。

これには、メンバー一同
V6「へぇ~~~っ!」
と大感動。
ク「kれいいなと、こういう話をしたら、V6のみなさんも笑顔が素敵じゃないですか」
長「それが見たいんだ」
ク「そのみなさんの笑顔を見ると、僕も『いいな』と。『頑張れちゃうよ!』っていう
  感じで」
井「素敵だったんだ・・・オレ達」

ちなみにクマグスさんは、こういう話を電通や博報堂にいる知り合いと
いろいろ話をする中で、仕入れているそうです。

次も『北野武さんのイイ話』
たけしさんの映画で、よく共演している女優さんに岸本加世子さんがいる。
けれども、何年か前に岸本さんのお父さんが亡くなられてしまった。
そしてそのお父さんの葬式に、たけしさんは姿を見せなかった。
が、葬儀から2~3日して、少し落ち着いた頃、たけしさんから
岸本さんに、温泉ドライブのお誘いの電話があった。
「たけしさん、ありがとうございます。ぜひ行かせてもらいます」
と、返事をした岸本さん。
数日後、たけしさんとドライブに出かけた。
山奥へ行く途中、ガソリンスタンドに入ってみたら
井出らっきょさんが、裸で
「オーライ!オーライ!」
GSの店員をやっていて、それを見た岸本さんは大笑いをした。
温泉地についてみたら、今度はガダルカナル・タカさんが女将さんの格好で
「いらっしゃいまほ~」
と出迎え、温泉に入ろうとしたら、グレート義太夫さんが素っ裸で
ウクレレを弾いていた。
岸本さんはそれらを見て、「ああ楽しい」と大爆笑をした。
すると、たけしさんが一言、こう言った。
「オイラ、人を笑かすことくらいしか出来ないからさ」
実はたけしさんは、『自分が葬儀に行くと迷惑がかかるから』という理由で
岸本さんのお父さんの葬儀へ行かず、その代わりに
落ち着いた2~3日後に時間をくれないか?と岸本さんのマネージャーさんと
話をつけ、温泉に連れて行った・・・らしいという話。

これには、V6全員の人形が食いつき、久々の
満点くいついたが出ました。
健「たけしさん、すごいな」
准「聞きたいですよね、もっとね」
と、メンバーも興味津々。

で、次に紹介されたイイ話が
~昭和一のスター~ 石原裕次郎さん
石原裕次郎さんは、慶応大学在学中から映画界の大スターだった。
昔、日活の撮影所で裕次郎さんがご飯を食べながら打ち合わせをしていたら
1人の青年がやってきて、こう挨拶をした。
「初めまして、渡哲也です。」
裕次郎さんは、打ち合わせをしながらの食事中だったのに
パッと立ち上がって、渡さんの手を握り
「初めまして、裕次郎です」
と、挨拶をした。 
そんな裕次郎さんに渡さんはキュンとしたらしく
『この人に一生 ついていこう』
ときめ、そこから仲良くなったらしい。
しかし当時、映画界には五社協定というのがあり、
なかなか好きな映画が撮れないということで、裕次郎さんが
自分で起こした会社が、石原プロモーションという会社。
で、いろいろと映画を撮ってみたのだが、相当な赤字(当時6億)を抱えてしまい
そろそろ会社を潰そうかという時に、石原プロモーションのドアをノックしたのが
渡さん。
渡さんは、
「良かったら、お茶代にしてください」
と、1000万円を持ってきたらしい。
で、これで頑張ろうという事になり、
『太陽にほえろ!』『大都会』『西部警察』の成功で、6億の借金は
チャラになった。
それで『ここからだ!』という時・・・裕次郎さんがガンになってしまう。
裕次郎さんの奥さん、まき子夫人と渡さんが話し合った結果、
ガンの事は裕次郎さんにはナイショにしておこうと言う事になり
渡さんが、病院から撮影の現場にも全て同行した。
そして『西部警察』の最終回。
渡さん扮する大門が殉職をするというシーンで
裕次郎さん扮する小暮課長は『大門、死ぬな!』の
一言のセリフだったのだが、本番に入る直前、裕次郎さんが
「ごめん、照明さん、技術さん、全員出て行ってくれ」
と言い、そのシーンは裕次郎さん、渡さん、カメラマンだけで撮影をする事に。
その裕次郎さんのセリフというのが
「おい!大門、大丈夫か!?疲れたから寝ているだけだろ。
 オレは本当にお前の事を弟だと思っていた。
 これだけは言わせてくれ。ありがとう。」
その数ヵ月後、裕次郎さんはガンで亡くなってしまった。
もしかしたら裕次郎さんは、自分がガンと言う事を知らなかったかもしれないが
実はそういう事を察知して、そこに遺言として
セリフを残したのではないか?・・・・というお話。

勿論、この話にもメンバー全員、大感激。
しかもイノくんは
井「喋りが上手いんですよ。身振り手振りで。
  これだけで食いついちゃいますよ」

ここで准ちゃんが、渡さんの関するこんなエピソードを・・・。
准「初めてお会いした時に、渡さんが裕次郎さんに『渡です』って言った時
  裕次郎さんも『あ、渡さん。裕次郎です。よろしくお願いします』って
  自分の事を渡さんが『さん付け』で呼ばれたっていうのがあって、そこから
  渡さんは必ず年下でも、共演する人には『さん付け』で呼ぶんです」

ク「え~~!!」
准「僕にも『岡田さん、よろしくお願いします』って
  手を握って言っていただいたりする。それが裕次郎さんから
  伝わっている事だと・・・。」

さすが、経験者の話には重みがありますね。

で、次に紹介されたのが、懐かしの小森のおばちゃまの話だったんだけど
これが、正直、下ネタでございまして・・・(汗)。
なのでこの話は、割愛させていただきます。
ちなみに、この話で、満点くいつきだったメンバーの人形が
全員、食いつきを解除されていました(笑)。

次に紹介されたのが、お笑い芸人キングコングの西野さんの話。
簡単に説明すると、
夢破れて、田舎に帰って作家になろうとした芸人さんを、
初対面の西野さんが引きとめ、自分の独演会の作家に指名した。
・・・というお話でした。

ここでクマグスさんから、ジャニーズのイイ話を求められ
イノくんが話しはじめたのですが、それは
番組の後半に延ばされました。


ここで一旦、芸能界のイイ話クマグスは終了。
正直、喋り中心のクマグスさんのレポはキツイっす(汗)。


そして次に登場したのが・・・井ノ原快彦新企画っ!!

まずスタジオにて。
竹「井ノ原さん。何か新しいプロジェクトを立ち上げられたそうですね」
井「もしかして、あの事かな?」
竹「多分、その事だと・・・」
井「もうやっちゃう?」
剛「口調がいつもと違くない?」
井「違いますか?」
剛「こういう口調になった時は、ヤバイ時なんです」
竹「そうなんですか?」
井「いやいや、詳しくはちょっとVTRを見て欲しいんですけど」
というわけで、VTRスタート。

6月某日。場所は巣鴨の喫茶店でイノくんと待ち合わせるスタッフ。
喫茶店に入ると、イノくんは外の景色を見ていた。
ス「井ノ原さん、井ノ原さん」
井「あ、ごめん」
ス「おはようございます。なりたいクマグスが見つかったって聞いたんですけど」
井「それが見つかったんですよ」
ス「なんですか?」
井「っていうか、ふと思った時、そのクマグスになりたくて
  ウズウズしているんだよね、今ね」

ス「え!?ナンですか?」
井「あのさ、最近髪の毛を紫にしているおばさんって見ないでしょ?」
ス「はい?ごめんなさい」
井「見ないでしょ?」
ス「染めてるって事ですか?」
井「染めてるって事!」
ス「でもいましたね、昔は」
井「最近、本当に見ないと思って・・」
じゃあ、何故イノくんは、そこにこだわっているのかというと・・・
井「オレはそのおばさんを探して、紫に髪を染めたおばさんの
  クマグスっていうのもあっていいんじゃないかなって思うんだよね」

この時、スタジオの准ちゃんが小窓でこう言いました。
准「ど~でもいい(笑)」
しかしVTRでのイノくんの熱弁は続く。
井「つい最近まではいたんだよ。で、パタッとね、
  パタッと見なくなったんだよね」

ス「何を境になんですかね?」
井「ナンだろうね?(首相が)麻生さんになってからかな」
ス「はぁ~」
井「タイミング的には・・・」
ここでナレーションが入りまして
「一昔前までは、石を投げると紫色のおばさんに当たるとまで言われたくらいに・・・」
というくだりで、またも小窓の准ちゃんが
准「言われてね~よ(笑)!!」
と、ツッコミをいれていました。

さらにVTRは続き・・・
井「でね、まだガキだったからオレも言えなかったんだけど、
  今なら言えるような気がするのよ」

ス「何をですか?」
井「そのね、紫色の髪の毛のおばさんを探した時に
  『一緒に写真を撮ってもらえますか?』っていう、その一言を
  今なら言える気がするんだよね」

しかしこれには、更なる野望が・・・。
井「写真集が出来るんじゃないかなと思って」
つまり最終目標は、紫おばさんの写真集の出版!
井「ちょっと忙しくなるけど、大丈夫?」
ス「全然、お付き合いしますんで・・・」
井「じゃあ、ちょっと行きますか!」

とここで、企画名発表!
井ノ原快彦プロジェクト 紫おばさんクマグスへの道

・・・さて、何回続くのでしょうか(汗)??

というワケで、巣鴨地蔵通商店街に向かうイノくん。
井「まず、紫おばさんの生息地というか、やっぱりここは外せないかなと思ってさ。
  まだ緑が豊富だった頃のジャングルみたいなもんですからね」

ま、お年寄りの聖地、巣鴨ならいるかな?ってところでしょうか・・・。
すると・・・

ス「いました!」
井「え!?(振り向いて)どこ?」
ス「え?いきなり?」
井「どこ?どこ?」
スタッフが指差した方向を見るイノくん。
井「あ!いた!うわぁ、やべぇ~!すげぇドキドキしてる
  いるよ!うわぁ~、どうしよう」

そこには、洋品店で買い物中のご婦人が・・・。
確かに前の方の髪の毛は、紫色に染められている。
井「やべぇ~、こうなると声掛けられねぇ~よ。やべぇ~!」
更にご婦人を観察するイノくん。
井「やばい。杖も紫ですね。合わせてコーディネイトしちゃってるな~」
とうとう洋品店に潜入するイノくん。
井「(スタッフに)どうするかだよね?」
ス「(ご婦人の)後ろ側は・・・」
井「後ろがね、ちょっとね。ちょっと手を抜いてるよね。
  でも前に比重を置いているんだよ」

ス「はい」
井「やっぱり、前から見られる事の方が多いからさ」
そしてイノくん、ついにご婦人と接触。
井「(買い物が終わったご婦人に)すみません」
婦「はい?」
井「ちょっと宜しいですか?」
婦「はい、なんでしょうか?」
井「ちょっとお話聞きたいんですけども・・・。
  あの(自分の頭に手をやって)きれいな紫色でいらっしゃるなと思いまして」

婦「え~私?」
井「いつ頃から紫色にしていらっしゃるんですか?」
婦「もうずっとよ」
井「え!何年くらいですか?」
婦「5~6年なんじゃない?」
井「えっ?5~6年ですか?」
婦「うん」
井「じゃ、割と最近始めたってことなんですかね?」
婦「う~ん。だってもうおばあさんですもん」
井「そんなことないじゃないですか」
婦「あるわよ~」
井「いやいや、そんな事ないですよ。なんで紫にしたんですか?」
婦「私、紫好きだから」
井「あ、好きだから」
婦「でね、私はパーマをね、サンシャインビルの所までかけにいくの」
井「サンシャイン!?」
婦「池袋の」
井「池袋まで!?」
婦「うん。私の住んでる所は北区の浮間なの」(お、うちからバスで行ける)
井「北区なんですか」
婦「うん」
井「じゃ、割と、そんなに遠くはないけどわざわざ都心まで出て」
婦「うん。電車に乗って」
井「いやいや・・・。今、何買われたんですか?」
婦「夏の帽子ね」
井「あれ!?これもちょっと紫なんじゃないですか?」
婦「だから、紫好きって言ったでしょ」
井「この杖も紫でいらっしゃって」
婦「そうよ」
井「良いコーディネイトになってますよね。ホントに」
婦「安いから買ったのよ~」
井「何言ってるんですか。むちゃくちゃオシャレだよね。
  じゃあちょっとお母さん・・・」

ついにイノくん、子供の頃は言えなかった念願の一言を・・・」
井「1枚だけ写真を僕と一緒に撮って頂いていいですか?」
そして、ご婦人と一緒に洋品店の外に出て
スタッフにご婦人(85歳)との写真を撮ってもらうイノくん。
その後、ご婦人と別れ・・・
井「どうもどうもありがとうございます。
  いや~感動したわ~。
  これさぁ、ヤバイよ。本当に若いうちから芸能界でも売れると
  後々大変じゃないですか?だって入り口だよ、ココ」

ス「そうですよね」
井「入ってすぐだから、これ後から苦労するんじゃないかと思うんだよね。
  スタッフも良い気になっちゃダメだよ、ここで。
  ここで見つかったからって、良い気になっちゃダメよ」

ス「わかりました」
井「ここからが大変だから」

・・・ってな事を言いつつ、次のカットでは何故か
右手に塩大福、左手に湯飲み茶碗を持っているイノくん(笑)。
井「塩大福、メチャクチャ美味い!メチャクチャ美味いね」
店「本当ですか?」
井「うん」
ス「井ノ原さん」
井「うん?」
ス「捜索、大丈夫なんですか?」
井「でもこういうカットも必要じゃん・・・
  生地とアンコと全体に塩が行き渡ってる感じ」

ス「え~~」
井「で、塩気が『あれ?これ以上いくとショッパイかな?』っていう
  ギリギリの所で塩気を感じさせてくれるから、ちょ~どいいんですよ」

また一口、塩大福を食べて
井「メチャクチャ美味い、3ついけるな、これは」
と、しっかり塩大福を食べ終えたイノくん。
井「先急ごうか。もたもたしている場合じゃないから・・・。
  相当(巣鴨は)研ぎ澄まされてるなぁ!」

と、紫おばさんの新たなる発見の予感を残し、VTR終了。

で、スタジオにて・・・。
井「お~!すごい!!」
竹「すご~い!!」
坂「何ともいえない、このスタジオの空気」
准「あのね、これで引き延ばすのは、もっと罪だよ、これ」
竹「でもあの写真、すごい良い写真でしたよね」
井「すごい良い写真でしょ?」
坂「あの2ショットは、すごくきれいでした」
准「逆に結末が楽しみですね」
剛「そうだね」
長「どうまとめるかっていう・・・」
井「まとめるとか、そういう事じゃないんだけどね・・・」

ということで、この『紫おばさん』は、来週へ持ち越しです。
で、次に登場したクマグスさんは・・・

厩舎コメントクマグスさん。
そもそも『厩舎』っていうのは
調教師、厩務員などのチームを組み、競走馬の管理、調教を行う所で
競馬新聞への厩舎コメントというのは、基本的に
必ず出走レース毎に、全頭に対して2~3行くらい出しているそうです。
これには
長「だって(厩舎の人が)1番体調分かってますよね」
井「そりゃそうだろうね」
長「1番近い人間ですからね」
と、メンバーも納得。
このクマグスさんは、競馬新聞で予想のマークや前走の成績でなく
競馬をやっている人はあまり信用しないという、厩舎コメントを見て
馬券を買っているそうです。
で、この厩舎コメントをちゃんと続けて分析した人が今までいなかったので
コレをはじめた・・・との事。

ここで、厩舎コメントが1部紹介されました。
・叩いてから → 負けを意識したコメントなので、消し(買わない)
・デキはいい → 30%以上あります
・状態がいい → これも30%以上あり
・距離はこれくらいがいい → クマグスさん的にはピンと来ない
・乗り込んでいる → これはOK
・力不足 → これは文句なく消し!

でもこれはまだ序の口。
ここからは、
馬券に絡む確立70%以上、Sランクコメント紹介!
それはこの3つ。
・今度こそなんとかしたい
・前走は勝った馬が強すぎた
・そろそろ順番

クマグスさん曰く、これらは間違いないそうで、
厩舎の想いが込められていて、なおかつ
滅多に出ないコメントだそうです。
で、実際、このコメント(今度こそ何とかしたい)というコメントの馬券を買って
これが当たるかどうかの検証VTRが流れまして・・・。
2レース目と8レース目に馬券をクマグスさんが購入したら
2レース目は外しましたが、8レース目は見事的中!!
払い戻しは¥84300でした。

VTR後、坂本氏の人形が食いつきまくってました(笑)。


と、ここで厩舎コメントクマグスさんは終了。
ここから、イノくんが語る、少年隊。東山くんのイイ話。
それは・・・

イノくんが中3で、長野クンも一緒に回っていた少年隊のツアーでのこと。
少年隊のツアーに出させてもらえるなんて思っていなかったので
ムチャクチャ気合いが入っていたそうな。
で、広島のコンサートに行った時、コンサートが終わった後、
東山君が楽屋に来て
「おい、お前ら。メシに行くぞ」
と、ご飯を食べに連れて行ってもらえることに・・・。
で、そこで貴重な肉をバンバン食べさせてもらった時
「うまいか?」
と東山君に尋ねられ
「メチャクチャ美味いです。おやじに食わせてやりたいっすよ」
と答えたイノくん。
もうこれ以上食べられない・・・というくらいまで食べた時、東山君がお店の人に
「おやじさん、例のヤツやってください」
というと、また違った肉が出てきて、お店の人がそれを焼き始めた。
「東山さん、もうお腹いっぱいで食えないっすよ」
というと
「これはここで食べるもんじゃなくて、ホテルに持って帰って紐で吊るして
 油を落として、ビーフジャーキーにして食べる肉なんだ。
 じゃ井ノ原、これをクローゼットとかに吊るして、新聞紙敷いておけば
 油が落ちるから、それをやっておいてくれないか」
と、イノくんにビーフジャーキーつくりを命じた。
イノくんは、東山君に命令された事がうれしくて、ちゃんと吊るしておいた。
で、そのコンサートが終わって、東京へ帰るとき、
グリーン車の東山君に、ビーフジャーキーを渡そうとしたら
「その肉は俺のじゃない。それはお前のおやじさんに食わせてやれよ」
と言ってくれた。
イノくんの「おやじに食べさせたい」という言葉を、ちゃんと覚えていた、
東山君の粋なはからいのお話でした。



と、今回のクマグスはここまで。
次回は
・賞金稼ぎクマグスⅡ
・危険脱出クマグス
・井ノ原、紫おばさん探し
の3本立てです。


今回も長いレポになってしまい、なおかつ
アップが遅くなってしまったのに、最後まで読んで頂き
本当にありがとうございました。


いよいよ始まるカミコン!
みなさん、ペンライトをちゃんと購入しましょうね。
うちの優ぽんは、購入する気マンマンです(笑)。
別窓 | V6 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
クマグス34回目(7/4分)
2009-07-05 Sun 15:22
いきなりですが・・・。


もうすぐ七夕ですね。


先日、近所のスーパーに
『ご自由に願い事を短冊に書いてください』
と、短冊とペンと笹が置いてあるのを発見しまして・・・。
で、
『みんな、どんな願い事を書いているのかしら?』
と、笹に吊るされた短冊を見ていたら、その中に

うちの支店長がクビになりますように

と、黒い願い事が書いてある短冊を見つけました(汗)。

いや、その気持ち、わからなくもないが
それを短冊に書いちゃダメだよ・・・(汗)。


みなさんは、短冊にどんな願い事を書きますか??
ちなみに私の願い事はいつも


一攫千金です(笑)。


ではそろそろ始めましょうか。

今回も、クマグス文字だけ放送『クマグスクマグス』
略してクマクマにようこそ!


今回は、『女性クマグススペシャル』ということで
・ラブホテルクマグスさん
・合コンクマグスさん
のお二人とも、女性でした。
で、まず最初に登場したのは

ラブホテルクマグスさん。

前回登場した時と同様に、今回も
ミニのチャイナ服で登場したクマグスさん。
准「なんでチャイナ服を選んで着てくるんですか?」
ク「チャイナはディレクターの趣味で・・・」
騒がしくなるV6(笑)。
剛「誰だ?担当ディレクターは・・」
するとカメラは、ラブホテルクマグス担当のディレクターを映し・・。
准「変態!変態が出てきたな・・・(笑)」
クマグスさんの話によると、クマグスさん自身が沢山コスプレ衣装を持っていて
その中で何がイイかというい話になり、チャイナ服になったそうです。
ちなみにこのクマグスさん、コスプレ衣装は一通り持っていて
メイド服に至っては6種類、他にも巫女さんの衣装も持っているそうです。

で、ここからは
クマグスさん厳選 外観の気になるラブホテルBEST5(VTR)
に突入!!

第5位 萌え~ならぬ、ホエ~るラブホ(フェスタクジラ・岡山市)
こちらのホテルはピンクのクジラの形をしていて
口のところが車の入り口になってます。
室内の小物にも、ちょこちょこクジラのイラストが使われていましたが
室内装飾は、クジラを全く関係のないシンプルなもの。
ちなみに、このクジラの外観ですが
元は、スペースシャトルだったそうで、オーナーが代わって
クジラになったとの事。

第4位 あの男も驚愕のラブホテル(ホテルUFO・千葉市)
外観がもろ円盤で、もろUFO(笑)。
長野クンも
長「何か パチンコ屋さんみたいだね」
と言ってました。
で、UFOといえばこの男!
UMAクマグスの敏ちゃんが、何故かVTRに登場っ!!
ワケのわかんないイスに座ってみたり(これがいやらしく動くんだ)、
エアーシューター(料金を直接フロントにカプセルで届けるシステム)を試したり
ホテル内を、あれこれと探索してくれました(笑)。

第3位 米兵も勘違いしたリゾート風ラブホ(リゾートタワーホテル ラフェスタ横田・西多摩郡)
米軍横田基地の隣にあるラブホ。
でも全然ラブホには見えない豪華なつくりで、フロントには水も流れてる。
部屋やバスルームの窓からは、基地の滑走路が見える。
でもって、スチームサウナは全室完備でドライサウナもあるそうです。
ホント、外観はおっしゃれ~なラブホでした。

第2位 庭が豪華なヨーロピアン風ラブホ(ホテルフェスタリゾート野猿・八王子市)
中庭に大きな噴水(全長20メートル)。
この噴水、掃除をするのに丸4日かかるそうです。
室内も落ち着いた雰囲気で、窓からこの噴水が見られます。
でも、V6としては、このホテルを紹介しているときのBGMが
『リバーサイドホテル』(by井上陽水)だったので、
そっちが気になっちゃっていたみたいでした(笑)。

で、1位を残してVTRが終わりまして・・・。

准「ラブホテルに見えないですよね、これは」
井「外見だけじゃなくて、中もすごいですよね、やっぱり」
健「豪華だったね」
准「お値段も高いんですか?」
ク「ここはそんなことないです。高くても1万5千円とか・・・」
長「またコンセプトがちゃんとありますしね、UFOとか・・・」
准「敏ちゃん、どうしちゃったの(笑)??」

UMAクマグスの敏ちゃんのいきなりのVTR登場に
とまどいを隠せなかったV6でした(笑)。
で、1位を残し、ここで一旦ラブホクマグスは終了。
続きましては

合コンクマグスさんの登場。

このクマグスさん、元JALのキャビンアテンダントで
合コンした企業は263社にもなるそうでして・・・。
井「どれくらいのペースですか?週に・・・。」
ク「最低でも週3回は必ず行ってます」
この発言にV6も驚く。
長「週3回って行ってましたけど、そんなに合コン相手っているもんなんですか?」
ク「いるんですね。例えば4人(男性が)来ていたとして、幹事が一人、
  あとは初対面の人なので、その3人にそれぞれ新しい人、
  ご新規さんを紹介してもらって・・・」
長「ご新規さん(笑)」
井「合コンってやっぱり目的はお付き合いになるんですかね?」
ク「私の場合は最初はあくまで楽しむ事を前提として、エンターテイメントとして
  楽しんで・・・」
剛「エンターテイメント?」
健「合コンで!?」
ク「楽しい合コンにするには、やっぱりかわいい女の子を沢山揃える事が大切で。
  ぜひ(竹内さんを)スカウトさせていただきたい」
竹「行ってみたい!長年行ってないんですよ、本当に」
長「有名人の方と合コンされた事もあるんですか?」
ク「ありますね・・・。●●●●(大物。でもピー音でわからず)さん」
その名前に驚くV6。
剛「いきなりすごいっすね、これは」
健「すごいね、大御所だもんね」
井「そこに俺たち入ったら、完全に持っていかれちゃうからね。
  あの人に全部持っていかれちゃうからね」


結局ピー音でわからなかった、この大物さん。
一体、誰だったんだろう(汗)??

ここで『クマグス厳選 楽しかった合コンBEST3』が発表され・・・。
第1位 住友商事(関西系なのでノリがいい)
第2位 TBS(・・・なんだかなぁ)
第3位 モルガン・スタンレー(後味スッキリなメンズに沢山会える)
という結果でした。
住友商事の実例として、
出張で八つ橋を買ってきた人が、1つだけわさび入りを仕込んで
ロシアンルーレットをした・・・という話に
何故か、剛ちゃんの人形が食いついていました(笑)。

次に紹介されたのが
『合コン必勝法 
 GOODな振る舞い BADな振る舞い』(VTR)。
・・・なんかいろいろと思うところがありますが(汗)
とりあえず書いてみますね。

・人数
 理想の人数は4対4。
 3対3は仲良くなるが抜け駆けしにくいし、5対5は多過ぎて収拾がつかない。
 4対4は合コンも楽しめ、1対1でも親密になりやすい。
・席順
 幹事は両端対角線上に座る。
 男女の並びは、『男女男女』でなく『男女女男』と、
 女子を並んで座らせる方が安心感を与える。
・イケメン以外の男子にオススメの自己紹介
 全く似てないイケメンに似ていると言うと、サービス精神を見せられ
 会話が盛り上がる。
・会話 
 自分から自慢話はせず、周りがほめろ。
・下ネタ
 確実に笑える下ネタならOKだが、放送禁止用語はNG。
・おすすめゲーム
 1番●●な人ゲームは確実に盛り上がる。
 反対に王様ゲームは、女子が圧倒的に不利なのでNG。
・メール交換(正しくはメアド交換)
 メール交換は幹事が促す。
 どんなに恥ずかしくても、女子への礼儀だと思って行う。
・会計
 お金は幹事が事前に徴収しておく。
 女子の前での徴収は気まずい空気になるのでNG。
・解散後
 別れたその日のメールはNG。
 メールは冷静になった翌日の昼ごろが効果的。

・・・なんだってさ(爆)。

ここでVTRは終了。
剛ちゃん、イノくん、健ちゃんの人形が食いつきました。

剛「みんながみんな満足して幸せな気持ちで帰れるっていう・・・」
長「これ考えると、幹事の仕事ってやっぱり重要ですね」
ク「最初から最後のメール交換まで、クロージング上手。しっかりやってまで
  幹事の仕事です。」
井「よくお金を1人で格好つけて
  「いいよ、オレ払うよ」みたいな人、いるじゃないですか?
  そういう人はどうなんですか?」

ク「そうしちゃうと、他の男の子達の立場もあまりないし・・・」
ここで竹内アナが、スタジオ内の異変に気付く。
竹「なんかあっち(スタッフ)が盛り上がってて(笑)」
そこには、42歳独身のプロデューサが・・・。
P「1週間前の話じゃないか。」
健「あそこのディレクターは合コンで大体失敗しているクチです」
剛「えらい人なんです」
井「あの人はさっきのVTRにもありましたけど、別れた直後に
  メールしてるらしいですよ。・・・がっついちゃってる」

ク「そうすると、他のライバル達からも沢山メールが来て・・・」
P「分かりました!!」
竹「坂本さんと長野さんと岡田さんが食いついていないけど
  何でですか?」

准「もう一声、なんかねぇ・・。何かないですか?」
ク「これはあらゆる年齢層とか、いろんなシチュエーションで通用する
  ベーシックルールなので。今日はあくまで入門編なので。」
健「その先が知りてぇ~~!」
剛「中級編に行きたいな~」

しかし、最後の最後に、坂本氏の人形も
しっかりと食いついていました(笑)。


と、ここで合コンクマグスさんは終了。
いろいろと言いたい事はあるけど、それはまた後で・・。
で、先ほど残っちゃった、
『外観の気になるラブホテル』の第1位の発表。

第1位 タイタニックな気分になるラブホ(アイコット・浜松市)
船の形をしたラブホで、全長100メートル。
ちゃんと船長(人形)も、窓から見え、夜にはライトアップで
海の波も現れる(でも周囲は畑)。
こちらも1階が駐車場で、駐車場から直接部屋に行ける仕組みになっている。
吹き抜けのバスルームに、ハート型の浴槽で
ミストサウナも完備されている。
メニューはファミレス並みの多さ。
だが、どうして船の形なのかは、オーナーも知らない(笑)。


と、ここで番外編として、
『訳あって1位になれなかったホテル』が紹介されまして・・・。
それはレストホテル道後城(松山市)。
こちら、何をどう見ても
立派な日本のお城!
今年の3月にヤフーオークションにかけられ、
最低落札価格1億4500万円~だったが、まだ落札されていない。
去年の6月までは、営業されていたが、今は建物だけが残っている状態。

この立派なお城ラブホに、准ちゃんとイノクンの人形が食いつきました。
しかも

准「長野クンとか家として買って欲しいですよね。
  『オレ、家が城だぜ』って・・・。」


という名言付きで・・・(笑)。
准ちゃんの中の長野クンのイメージって、どうなっているんだろう?って
一瞬思いました。

と、今週のクマグスはここまで。


次回のクマグスは
・芸能界のイイ話(ん?どこかで聞いたことがあるような・・・)
・厩舎コメント
・井ノ原紫おばさん
と、ナンだか気になる内容。
イノくんの『紫おばさん』っていうのは、
紫色に髪を染めているおばちゃんの事らしいんだけど、
そういえば、最近いないなぁ~・・。


今回も、長い文章にお付き合いくださり、ありがとうございました。
ここから先は、ちょいとした暴言なので、
この長い文章に疲れちゃった方は、うっかり読んでしまうと
もっと疲れちゃうかもしれません(爆)。


ではでは。

 
クマグス34回目(7/4分)…の続きを読む
別窓 | V6 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
祝っ!健ちゃん30歳っ!!
2009-07-02 Thu 21:49
・・とうとうこの日がやってきました。

そうです!
数年前には
『想像もできない!』
と言われていた、あの日です。



本日、2009年7月2日

三宅健ちゃん、三十路突入っ!!

で、あります。



というわけで、


三宅健さま、
30歳の御誕生日、心からお祝い申し上げます。





うわ~~~!!
超らぶり~な『三十路男』の誕生だよ~~!!
どう見たって、健ちゃんはまだ20代だよ~~(剛ちゃんもね)!


坂本氏が三十路に突入したときは、完全に
おっさんアイドル誕生(爆)!って感じだったけど
健ちゃんには、おっさんの『お』の字も感じないよ~~!!



この際なので健ちゃんには、『ひろみGO』さんのように
年齢を全く感じさせない男性になっていただいて
正真正銘の

永遠のアイドル☆

でいて欲しいなって思います。
うん。
健ちゃんなら、それは可能だと思う。



でも、これでカミセンは3人中2人が三十路男になっちゃったのね(汗)。
なんか不思議な感じだわ。
っていうか、
V6のメンバーで、三十路が5人もいるなんて・・・。
月日が経つのは 早いものだわ・・・。




あ。
でも、1番年上の人は
『三十路』というより、『アラフォー』ですけどね(笑)。

別窓 | V6 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
カミコン当落結果はっぴょ~~!
2009-07-01 Wed 21:31
今朝、出勤する旦那を見送った後、
こそっと電話しました。

カミコンの当落を確認するために・・・。


というワケで、結果はっぴょ~~!!!



やっぱり・・・というか、



また・・・というか、それとも



当然・・・と言うべきか、





8/9の追加コンが取れました!




正直、これで何連続の追加コン当選なのか、
もう自分でもわからなくなってまいりました(笑)。
自分の記憶が正しければ、追加じゃなくて、
ふつ~に、申し込んだ日時でコンに参加したのって
『voyger』以来、無いような気がするのよね・・・。



でも、V6ファンのみなさまのブログを拝見すると
追加コンもままならなかった人も多かったとの事。
それに比べたら私など
もう、追加が取れただけでも、幸せでございます。


夏休みに、准くんに会える事が確定した優ぽんは
「これで期末テストの勉強のヤル気が出た!」
と、いそいそと机に向かっております。



さて。
前回のカミコンにて、勢いで剛ちゃんのうちわを購入した私(爆)。
今年は・・・・誰のうちわを買うのでしょうか???
今の所、

本命 剛ちゃん
対抗 准ちゃん
大穴 健ちゃん

であります。
『Desert Eagle』で、完全にヤラれてからというもの、
もう、かなり剛ちゃんに魂を持っていかれております(汗)。




あ・・・・。
坂本氏のミュージカルですが
今回は、申し込みを見送りました・・・(T△T)

だって今回ばかりは、本気で



同情するなら金をくれ(叫)!




な、状態だったんだもん(TwT。)
おまけに、上演の頃には、仕事(働いている店)も無くなっているかもしれないから
その頃に自分がどうなっているか、全然想像も出来ないのよね(汗)。
なので、今の所はパス。
で、状況が確定したら(ま、ちゃんと仕事をしていたら)、チケを探そうと思います。



あ、そろそろ9係で、新曲聞かなくちゃ・・・。
別窓 | コンサート | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| V6戯言日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。