22年目のアイドル『V6』、特に【リーダー坂本昌行】に向け 愛と毒とぼやきを 発信中(笑)。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
クマグス43回目
2009-09-27 Sun 21:46
9月って、こちらではどうも、お祭のシーズンみたいで・・・。
今月は、日曜日の度に
御神輿を見ることができました。

多分、御神輿って、こちらでは珍しいものじゃないんだろうけど
私、御神輿を初めてみたのが、関東に進出してからなんですよ。
大学時代、横浜で見たのが初めて(汗)。
だってね、私が育ったところでは、
祭りと言えば、御神輿じゃなくて、『山車』。
春と秋にお祭があったんだけど、
両方とも町を練り歩いたのは・・・・山車!!
しかも、ものすご~~くゆっくり動く山車だから、当然
『ワッショイ!ワッショイ!』
という高揚感がなくてさ・・・・。
御神輿には、一種の憧れすらあったのよね・・・私。

なので、御神輿を見ると無条件に
「ラッキー!!」
と思ってしまうんですわ(笑)。

うん。
ある意味、夜店の屋台よりワクワクするもん。
あ。
勿論、屋台も好きよ。
じゃがバターとか、お好み焼きとか、イカ焼きとか、たこ焼きとか・・・(笑)。
そういえば、ちょっと前に夜店の屋台で
韓国料理の『トッポギ』があったのには、ちょっとビックリしたなぁ~。

・・・って、食べ物の屋台ばっかりやん(爆)。

では、そろそろ始めましょうか。


本日もクマグス文字だけ放送『クマグスクマグス』
略して『クマクマ』にようこそ!!



今回のクマグスさんは
・バカデミークマグスさん
・街がいさがしクマグスさん
・芸能界のイイ話クマグスさん
の、男性ばかり3名が登場。

で、まず最初に登場したのは、先週に引き続き
バカデミークマグスさん。

今回は、『空耳ムービー』の紹介という事でした。
ちなみに『空耳ムービー』とは、
洋画でセリフは確かに外国語なんだけど、何故か日本語に聞こえてしまうもの
・・なんだそうです。
そして、その空耳ムービーに1本目は・・・

<ランボー・最後の戦場>
兵士が民間人をいじめている所で、1人の兵士がボスに
手を振りながら呼びかける、という場面。
そこで聞こえてくるセリフは、ミャンマー語なのに
「ヘイ!ヘイ!中田さん!」
これには、メンバー全員大うけ(笑)。
ク「どうですか?」
長「言った!」坂本氏&長野クン、食いつく。
ク「これが空耳ムービーなんですね」
坂「普通、イントネーションちょっとおかしいじゃないですか。
  普通の日本語でしたもんね」

健「うん。きれいだった」

で、2本目は、
<トレインスポッティング>
空気銃で犬のオシリを撃ったら、犬がビックリして男に襲い掛かる場面。
犬に襲われた男が言った言葉が
「助けて、お母さん!」
これに、坂本氏・イノくん・健ちゃんが食いつく。
健「よく見つけたね」
坂「そう!それがスゴイ!」
ク「100本見て1本あるかないかって感じなんですよね」
長「これ普通に見てて、アレッと思って巻き戻してもう1回聞くんですか?
  どうやって探すんですか??」

ク「僕は大体こういうのは試写で見ちゃうんですよ。試写で『あれっ?これ言ってたな』
  と思うと、とりあえずメモしておいて、DVDが出たタイミングでもう1回、
  何分何秒っていうのはもう(メモで)ストックがあるんで、もう1回見返す。
  で、『あった~!』って。やっぱりオレの勘は正しかったって。
  で、ハードディスクで保存して、こういうようなネタに集めていく」
井「主役クラスが言ってるのとか、あんまりないですか?」
ク「ありますよ、そういうの」

というワケで、紹介されたのが
<ターミナル>
主人公がクラコウジア語で話しかけるが、言葉が通じず追い返される場面。
困った主人公(トム・ハンクス)が言ったセリフが
「そりゃ、そりゃ、納得いかんのう」
VTRがなかれる前に、准ちゃんが
准「設定の国が本当にない国だから、すごく自分で適当に
  言葉を作ってやってるって・・・」

ク「これ、実はめちゃくちゃ語なんですよ。
  アドリブをトム・ハンクスが喋っているにも関わらず
  『そりゃ納得いかんのう』に聞こえてしまうんですよ」
と、ここでそのシーンのVTRが流れる。
健ちゃん・イノくん・長野クン・坂本氏が食いつく。
坂「すばらしい」
井「内容もあってるじゃん」
健「(大笑いしながら)そりゃ、そりゃ、そりゃ納得いかんのう(笑)」
ク「空耳ムービーの中でも色々なクラスがあるんですけど、
  これはS級です。なかなかこんなにドンピシャリに合うことはないんですよね」

で、次に紹介されたのが
<ランボー3 怒りのアフガン>
ク「今度は1人の人が喋ってるんじゃなくて、会話式で」
井「それは日本語で?」
ク「はい」
准「これもS級ですか?」
ク「S級です」
というワケで、まず音声のみが流れる。
敵からランボーが逃げ、敵が追いかける場面での兵士の会話が・・・。
兵士A「どこに行った!?」
兵士B「すぐそこに」

・・・確かにそう聞こえる(笑)。
当然メンバー全員大笑い。
井「ちょっとカタコトでしたよね」
健「『すぐそこに』はちょっとカタコトだった。
  『どこに行った!?』はすごい日本語だったね」

ク「ありがとうございます」
ここで、そのシーンの映像が流れる。
健ちゃん・イノくん・坂本氏が食いつく。
井「おもしれ~~!」
坂「すげぇおもしれ~~!」
ク「じゃあみなさん、だいぶ耳が慣れてきましたね。だいぶ分かってきましたね。
  それではここから問題です」

という事で、『空耳クイズ』なるものがスタート。
・・・もう思いっきり聴覚的要素が高い内容
です(涙)。
なので、伝わるかどうかわかりませんが、そこはみなさま、
どうか脳内で上手く変換してください・・・m(_ _;)m
作品は、
<彼女を信じないでください>(韓国映画)で、クイズは
『ヒロインがある空耳を言います。何と言っているように聞こえるでしょうか?』
というもの。
問題のシーンが流れたところ、割とわかりやすい空耳にメンバーも
健「わかった!」
坂「これちょっと、ハッキリ言いすぎでしょう」
と、なにやらわかった様子。
というワケで、全員で一斉に答えをいう事になり・・・。
ク「じゃあいきますよ。みなさんで、せ~の!!」
V6「小島よしお!」
ク「正解でございます」

・・・確かにこの空耳は分かりやすかったなぁ。
で、このバカデミークマグスさんは、次回も登場します。
次回は、ミラクルシーンと呼ばれる奇跡の映像を一挙公開・・・だそうです。


そして、次に登場したのは街がいさがしクマグスさん。
このお方、全国の街で一風変わった看板やおかしな風景を撮り続けること25年で、
コレクションは3万枚になるそうです。
准「『街がいさがし』って、『街』が付いてて感じが違うじゃないですか」
ク「簡単に言うと、街で見つけた面白い看板や貼り紙なんですけども、
  『何故こんな名前になったのかな?』『なぜこんな事を書いているんだろう』とか
  一瞬考えてしまうような・・・」
井「間違っちゃってる感じの・・・」
ク「そうです。街の中にはたくさんの『まちがい』があるんですね。
  それと漢字をあててですね・・・」
准「失礼ですけど、普段、何されているんですか?」
ク「普段はライターです」
井「ライターさんが(こういうのは)多いんですよね」
ク「こんな事やってて暮らしていけるのは、ライターしかいないんですよね(笑)」
准「(丸めがねのクマグスさんに)そのメガネは昔から使っているんですか?」
ク「メガネは・・・去年ですね」
准「何でその形(丸メガネ)にしたんですか?」
ク「これはですね、僕ちょっと目が離れてるんですよ」
剛「(クマグスさんに)ちょっと、(めがねを)とって・・・」
素直にメガネを外すクマグスさん。
ク「それで目の真ん中にレンズが来るためには、丸くなくちゃいけなくて・・・。
  で、この部分(レンズとレンズの間)がね、売ってなかった・・・」
井「何を真面目に説明しているんですか(笑)」
長「丁寧な方ですね」
准「いい人!」
健「行き着いたメガネがそれだったと・・」
ク「この部分だけで・・・」
坂「わかりましたから・・・」
・・・以上、V6に弄ばされるクマグスさんでした(笑)。

そしてここから、代表的な街がい写真の紹介。

<いい人なら必ず入るお店>
お好み焼き  たすけ亭~~

健「助けてあげたくなるよ」
井「たすけて~~~(笑)」
長「のばしてるんだ」
健「ネガティブだけどポジティブに感じるモンね」
ク「これはちょっと理由がありまして・・・。神戸なんですけど、神戸のお好み焼きって  
  ピンと来ないじゃないですか。お好み焼きがおいしいっていうイメージは
  ないんですけど、神戸のも美味しいですよっていうのを
  観光客にアピールしているんですけど、アピールの方法論が
  ちょっと間違っている」

<怒りすぎた結果>
飼い主のフンは犬がしまつしてや!!

井「逆だ」
剛「どういうことですか?」
ク「あまりにも道端にフンが多いんで、逆上してですね。
  どっちがどっちかもうわからんと・・・。」
竹「純粋な間違いですかね?」
ク「多分、推理ですけど(飼い主が)犬以下だと・・・」
坂「あ~、それね」
ク「ワンちゃん、この飼い主にちゃんと言えよっていう事だと思うんですけどね」
井「皮肉というかね」
ク「いいように解釈するとそうなんですけど、多分間違いだと思うんですよね」

また、クマグスさん曰く
街がい看板は、量としては関東も関西も変わらないが
関西の方がちょっと・・・・変なんだそうです。

<子供が書いたこわーい警告貼り紙>
たべたら  しぬよ
     さき


これは『ブドウの苗』についていた貼り紙だそうで・・・。
ク「これ、『先に死ぬよ』という意味なのか、さきちゃんが書いたのか・・」
健「さきちゃんが書いたってことだよ」
ク「自分の名前を書く子ってスゴイですよね。だから子供の表現は
  本当にストレートですよね」
准「こういうの、どこで見つけてくるんですか?」
ク「私が使っているのが、『全駅前便利ガイド』っていうのがあるんですね。
  何故かここにピンク色になっている地域があるんですよ。このピンク色が
  何かっていうと、車両進入禁止区域。つまりですね、車が入れない。
  ということは、商店街である可能性がすごく高い。
  夜や週末、若い人達は新宿や渋谷や六本木に行こうっていう気分になりますけど
  僕ら看板ウォッチャーは・・・」
剛「看板ウォッチャー!?」
ク「そう!『十条』に行こうとか、『溝の口』に行こうと思うんですよ。
  何故かと言うと、ピンクの地帯がものすごく多い」
長「本当だ~」

という所で、次の看板の紹介。

営業時間午前10:59~翌朝4:01

ク「これはですね、店主がシャッターを開け閉めする時間」
井「くだらね(笑)。要は、朝4時までやってるけど
  55分位まではシャッターを閉める準備はしないと。
  きっかりやって閉めると」

ク「1分で(シャッターを)閉める」

ここで健ちゃんが、クマグスさんに素朴な疑問をぶつける。
健「写真撮っている時に、怪しい人と間違えられたりしないですか?」
ク「ものすごく怪しまれます。
  だからこれ(黄色と紺色のボーダーシャツ)着てるんですよ。
  僕は危ないですよと・・・。」
井「危険信号だと」
ク「僕は危ないので、車も気をつけて下さいねという・・・」
健「黄色と紺のボーダーのヤツは危ないと・・・」
ここから話は、クマグスさんのカメラ話に・・・。
ク「でもですね、今年に入って我々の看板を撮影するという活動が
  本当に怪しまれていたんですけど、それが解消されたんですよ」
健「どうしたんですか?」
ク「それは、ある画期的なカメラの発明からだったんです。それがですね、
  ソニーのα(アルファ)」
健「岡田が(CMを)やってるヤツだ」
ク「これですね、我々看板ウォッチャーが長年・・・」
准「待っててくれましたか?」
ク「今までこんなカメラが出現したらいいのになって、願い続けていた
  カメラなんです。こうやって、蛇腹になるんです、ファインダーがね。
  看板って正直言って、大体、下にあるんで、真正面から撮ろうと思うと
  今までかなり下にしゃがんだり、下手したら寝転がって撮ってたんですよ」
健「怪しいですね、それ」
ク「ところがこれだと、カメラを離して撮る事が出来るようになったんですよね。
  僕たち看板ウォッチ界では、岡田さんはなんですよ」
剛「神っ!!」
ク「岡田さんのCMを見てボク買ったんですけど、最初何度も見直したんですよ。
  『まさか』と思って。こんな夢のようなカメラが発売されるはずがない。
  だってオレのために発売しているような・・・」
剛「オレのためにって・・・」
ク「そう思ったんですよ」
健「良かったですね」

ここから、街がい看板クマグスさん傑作選が紹介されました。
とりあえず、ツラツラっと書いてみます。

<気まぐれ店主>
今日は気分がいいので 営業してまーーす
<インド式数学?>
インド料理 2×2=8 (ににんがよん)
<あれ?スベってますよ>
さっきからギョーザ 始まってたみたい!
  一人前(500円) ニューハーフサイズ(250円)

<○○中>
ひっしこいて 仕込み中
命懸けで 営業中
うぬぼれ中
(これらは全部違う店の看板です)
<いいんです!(カビラ風)>
喫茶軽食 とおりすぎてもいいんですか(これ本当にお店の名前だそうです)
<大ぼらふき>
超話題商品 金のう○こ 店内にあります(○は自主規制です)
<熟女好み?>
食べごろ おかん
<体位限定?>
HOTEL 69

VTR終了後、坂本氏とイノくんが食いつく。
井「あれが最後に来ているあたり、わかってるよね」
長「『食べごろ おかん』って・・・(苦笑)」
坂「『食べごろ おかん』いいね~」
剛「長野さん、食いついてないですけど」
長「まだ何か、隠し持っていそうでね・・・」
准「(クマグスさんに)限界ですか?」
ク「限界です・・・」
このクマグスさんの一言に、メンバー全員食いつき
久々の『満点食いつき』が出ました。


と、街がいさがしクマグスさんはここまで。
最後に登場したのは芸能界のイイ話クマグスさん。

ク「今日もですね、相当いい情報いろいろ持って来ました。
  皆様の笑顔を頂ければなと思っておりますので・・・」
井「(クマグスに出演して)周りの反響はどうですか?」
ク「いろいろありますよ。先輩からも『あれ何なんだ?何でお前ごときが
  V6さんと絡めるんだ?』と。『どういう繋がりなんだ?』と」
竹「今日はスポーツ界のイイ話もあるんですよね」
ク「そうですね。スポーツ界のイイ話もあるんですよね」
准「泣けそうだな~」

ここから、クマグスさんのイイ話なのですが
今回も、内容を変えない程度にまとめて書かせていただきます。

<北野武さん>
たけしさんの収録現場でのイイ話。
ある時、収録の日に、お客さんも入れ、スタジオのセットも出来たので
ADの人がたけしさんの楽屋に挨拶に行ったらしい。
「たけしさん、本番なんでお願いします」
と言うと、たけしさんは
「わかったよ」
と、廊下を歩いてスタジオに向かっていたらしい。
最後の角を曲がったらスタジオだという所で、
たけしさんがくるっと曲がったと思ったら、急にまたくるっと戻ってきたらしい。
そしてソファーに座ってタバコを吸い出したらしい。
スタッフは「あれ?おかしぞ」と思ったらしい。というのも、たけしさんは
普段スタッフにかなり気をつかわれるらしいので、戻ってきたということは
何かあったののかな?と、スタッフは心配したらしい。しかし
「たけしさん、何かありましたか?」
と尋ねても、たけしさんは
「いいや別に、ちょっとタバコを吸いたいんだ」
と、タバコを吸っていた。その様子にスタッフもおかしいと思い、
曲がり角を曲がってスタジオに入ってみたら、丁度そこで
前説の芸人の方がネタをやっていたらしい。
もしそこで、自分がスタジオに入ってしまうと、芸人さんが
ネタをやめなきゃいけないということで、たけしさんは一旦戻って
タバコを吸われた。
それでスタッフが、前説が終わったなというタイミングで
「たけしさん、芸人さんもう終わったんで、お願いします」
と言ったら、すぐにタバコを捨てて、スタジオに入っていった・・・という話。

健「ああ、いい話だ」」
井「なるほど。わかるよ。(君たちの)気持ちは・・・みたいな」
准「ものすごくイイ話ですけど、スポーツの話ではなかったですね」
ク「岡田さん、お手つきですよ。この後、出てきますんで」
准「ものすごく・・・スポーツって聞いていたから・・・」
ク「この後もいろいろ出てきますよ」
准「ああ、出てくるんだ」
井「スポーツ大賞かと思ったよ」

そして次の話は
<ココリコのイイ話>
クマグスさんが普段コンビで活動している『オオカミ少年』というお笑い芸人。
彼らがココリコの番組で前説をやっているときの話。
普段はココリコと、挨拶程度しかできないのだが、とある年に新年会が
スタジオであった。
オオカミ少年もビンゴ大会のMCをやり、一応、それは終わった。
で、他の出演者の方もいたので、彼らは『お先に失礼します』と、
先にスタジオを後にし、誰もいない廊下を歩いていた。
すると後ろから足音が聞こえてきて、振り向くとココリコの田中さんが
「いつもありがとう」と、2人にお年玉を一万円ずつ渡してくれた。
スタジオでも渡すタイミングはあったらしいが、人前だと恥ずかしいという事で
2人だけの時に、こっそりと渡してくれた。

井「田中さんっぽいね」
健「あれ?遠藤さんは?」
ク「遠藤さんもあるんですよ」

オオカミ少年は前説だけでなく、中説というのもたまにやっている。
テープチェンジの時に、出演者の方はそのままステージにいて
中説は隅っこの方でお客さんを盛り上げている。
休憩中なので、出演者は雑談などをしていていいのだが、
その時、普段優しい遠藤さんが
「今、オレの後輩がネタをやっているから、みんなで見てくれ」
と言ってくれた。
彼らオオカミ少年は、その言葉に感動したのだが、
客席も出演者も静かになり、彼らを注目してしまい
ハードルが上がりすぎて、その後全くウケなくなってしまった・・という話。

井「何、それ~~」
健「逆にね」
井「でもいいんだよね。『誰もいない廊下』とか、演出がいいよな。
  (廊下に)2人くらいいたとして、いなくしちゃうんでしょ」

ク「ちょっと過剰演出もありますけど」
井「いいよ、いいよ。それね、誰もいない方がいいもんね」
ク「今回も、たけしさんの方は、ご本人確認できていないんですけど、
  かなり熱い情報ルートから・・・」
長「もういいんです。確認とかいらないですから。
  イイ話でまとまっているんですから」

井「長野O.Kが出ましたんで(笑)。どんどん行っちゃってください」

・・・さすが、V6のルールブック・長野博(爆)!!
長野クンがOKを出したら、大丈夫なのね(笑)。

で、次のイイ話は・・・。

<貴乃花のイイ話>
2001年5月場所での話。
初日から13日目まで連勝していた貴乃花だったが、
14日目に武双山に負けてしまった。
その時に右ひざの半月板を損傷してしまい、
もう試合にならないんじゃないかということで、親方やスタッフから
「今後の事を考えて、今回は休んだほうがいいんじゃないか」
と言われた。しかし彼は
「今回は出なきゃいけない」といい、休もうとしなかった。
その理由は、その時に貴乃花に付いていた付き人が
その場所で相撲界かをやめて田舎に帰るという場所だったから。
その付き人のためにも、最後、優勝したいという貴乃花の気持ちがあったらしい。
千秋楽、武蔵丸との結びの一番に敗れ、足も引きずる状態だった貴乃花。
が、最後、優勝決定戦でもう1度武蔵丸と対戦し、
見事、右上手投げで貴乃花が勝った。
勝った瞬間、普段ポーカーフェイスの貴乃花が、付き人の方に向かって
鬼の形相でポーズを決め
「お前、次の人生頑張れよ!」
と言った・・・というお話。

井「かっこいい」
健「かっこいい」
坂「あの時の顔はそれだったんですか。へぇ~」
ク「それで小泉総理がそれを見て
  『痛みに耐えてよく頑張った。感動した』と言ったのは、そういう意味が
  込められている」
ここで、健ちゃん、准ちゃん・イノくんが食いつく。
・・・ちなみにその優勝が、貴乃花さんの現役最後の優勝だそうです。

坂「いや、スゴイ」
井「そう思って、あのVTRをまた見たいよね」
長「見たいね」
ク「これもまだ、ご本人確認はとれていないんで」
井「とれていないの?」
ク「とれていないんですけど・・・」
長「だから気にするなって。いらないから」
井「長野O.K取れました!」

・・・でも確か、某番組で貴乃花親方自身は、その件について
『覚えていない。言葉はいってないかも・・・』
みたいな事をおっしゃってました(汗)。

で、最後のイイ話は

<伝説のダンボーラー>
時は漫才ブームの頃。
浅草の浅草寺で、芸人さんがよくネタあわせをやっていたらしい。
その時に、ダンボーラーというか、そういう人がいて、いろいろと
茶々を入れてきたらしい。
ツッコミが早いとか、フリがもう少し短いほうがいいよとか、
ボケとツッコミが逆じゃないの?とか、そんな事まで言ってきた。
芸人さんとしては、ちょっと面倒くさい酔っ払いだなと思い
「あっち行ってくれ」
という、そんな扱いをしていたらしい。
しかしその人の言う通りにすると、ツッコミが決まったり、
フリも短くしたらコンパクトでいいぞ、ボケツッコミを逆にしたら
しっくりくるぞ・・・みたいになった。
なので、これはナンだ?という事になったらしい。
その後、舞台に出たら、みんな大爆笑を掻っ攫っていった。
が、成功した後にダンボーラーの方にネタを見せるには
1000円払わなければいけなかったらしい。
そして、その指導を受けたのが、萩本欽一さんやツービートと言われている。
で、ダンボーラーは誰だったのか?というと
売れる前の、赤塚不二夫先生だった。

ここで食いついたのが、健ちゃん・准ちゃん・長野クン・坂本氏でした。



と、今回のクマグスはここまで。
次回は、番組改編期ということもあり、若干クマグスもお休みが入り
こちらでは10月16日の放送となります。
登場するクマグスさんは
・合コンクマグスさん(・・・またか)
・バカデミークマグスさん
の予定です。

次回クマグスまで、ちょっと開いてしまいますが
その間に、コンDVDも発売されますので、
みなさま、それで盛り上がりましょうね!!


あ。
坂本氏の舞台も始まるンだっけ・・・(汗)。
おいら、今回は不参加決定なので、観に行かれる方、
ご感想、お待ちしております。


今回も、長い文章にお付き合いくださり、本当にありがとうございました。
新型インフルエンザが猛威をふるっているみたいですが
みなさん、お体ご自愛くださいませ。
スポンサーサイト
別窓 | V6 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
クマグス42回目
2009-09-20 Sun 17:26
みなさま、シルバーウィークをいかがお過ごしでしょうか??
私は・・・・お金が無い故、な~んの予定もなく(汗)
多分、ぼんやりしている間に、休日が終わってしまうと思います。

・・・うむ、寂しい。

そうそう。
私、やっと、トニコン&カミコンのDVDを予約しました。


勿論、初回限定だけ(汗)。


嗚呼、早く不景気と言う暗いトンネルから脱出したいよ~~。



というワケで、そろそろ始めさせていただきます。


本日もクマグス文字だけ放送『クマグスクマグス』
略してクマクマにようこそ!!



今回、最初のクマグスさんは宝探しクマグスさんなのですが・・・。


竹「長野さん、宝探しクマグスの八重野さんなんですが、何やら
  急展開になっているんですってね」

長「大変な事になっていますよ」
井「え~~っ!?」
健「大変な事?」
井「今日(八重野さんが)いないじゃないですか」
長「今日いないんですけどね・・・。とりあえず僕も財宝発掘ロケに行って来たんで
  ・・・まあ、とりあえずVTRの方、ご覧下さい」


という長野クンのフリで、VTRスタート!
なんと今回のタイトルは
徳川埋蔵金 30億の財宝発掘プロジェクトSP
そう。
宝探しクマグスさんが、最初に登場した時におっしゃっていた
徳川埋蔵金の発掘です。
その時の発言は、こちら

で、今年8月、埋蔵金発掘目前という情報を聞いて、
「その瞬間をこの目で見たい」
とやってきたのは・・・・やっぱり長野博っ!!
長「徳川埋蔵金、群馬県、やって来ましたけど・・・。
  いま、どの位の状況ですか?」

ク「何とか(穴を)開けられそうな所まで、今、来ているんです。すごく今、良いところなの」
長「一番良いところ?」
ク「一番良いところ」
長「(良い所に)のっかって来てるっていうことですか?」
ク「そういうこと」
長「ありがとうございます(と、頭を下げる)」

早速発掘作業を行っている現場まで車で向かう2人。
しかしこれまで誰も発見できていない徳川の埋蔵金なのに、
何故クマグスさんは、ここまで確信を持っているのか??
それは・・・。

ク「この辺の山で山仕事や炭焼きをしていた人がですね、金山の跡に隠されている
  (財宝を)発見したらしいんですよ・・・今から40数年前かな」
長「40数年!?」
ク「昭和30年代」
長「その方っていうのは、おいくつなんですか?今」
ク「3年前に86歳で亡くなりました」
長「3年前まで生きていたんですか?」
ク「そうなんです」
長「八重野さん、その方には?」
ク「直接、何度も会ってます。それで自分が体験した事なのか、人から聞いた話なのか
  ちょっとうやむやな話し方だったんですよ」
長「はっきりしてくれなかったんだ」
ク「ところが3年前、亡くなる直前に一番親しかったという人に、事の真相を全て話して
  その話を、我々のところに届けに来た人がいるんですよ」
長「じゃあ今日は、探知機とかそういうのは・・・」
ク「そういうのは必要ない。場所分かっているから。
  坑道の中に入りさえすればいいわけですよ」

今回の埋蔵金のありかは、正真正銘、実体験に基づいた事実。
必ず30億の宝を発見できると確信した長野クンは、
長野クンは金山の跡地へ向かうのだが・・・。

ク「さあ、ここから本当の道無き道。道無き道に入ります」

クマグスさんの言う通り、そこから先は、けもの道さえない山の中。
そこを進む、宝探しご一行。
クマよけの鈴が、歩くたびにリンリンと鳴る。

ク「最初はゆっくり行きましょう」
長「これ、途中で帰れって言われても帰れないよ(汗)」
そして、目印のない険しい道のりを進むこと30分。

ク「この辺から・・・これを伝って」
長「ロープだ!」

山の上から下りているロープを伝いながら、
急勾配な山を慎重に登るご一行。
もう、宝探しというより、『探検』に近い感じ(汗)。
・・・と、次に現れたのは

長「あれ、ハシゴじゃなきゃ登れないですよね」

ハシゴなしでは通行が不可能な岸壁登場!!
一度足を滑らせたら大怪我は避けられない危険なエリア。
宝探しというより、こりゃ『命がけのフィールドアスレチック』ですわ(汗)。

長「よし!登ったぞ!」

と、ハシゴを登った長野クンを待っていたのは・・・
長「これは(ロープが)ないと無理だわ」
またも立ちはだかる岸壁。
それを、またも慎重に登る長野クン。
やっと登り終えて、口から出てきた言葉は、

長「難関が2つあった。タダじゃ埋蔵金は見つからないな」

と、このロケのキツさを物語るモノでした。
その後も、道無き道をただ黙々と突き進み、
登り始めてから2時間が過ぎようとしていた頃・・・。

ク「ほぼ到着」
長「あ、着いた。(何かを見つけて)これ、ナンですか?」
ク「ここに石臼があるでしょう?」
長「これが岩を砕いて金を?」
ク「江戸時代の石臼ですよ」
長「へぇ~、到着ですか?」
ク「到着です」

そこは標高1600m地点。
眼下に雲が広がって、すんごく景色が良かったです。
すると・・

ク「これ見てもらいたいんだな。奥に・・・。金山を祀ったお宮。
  屋根だけなんだけど」
長「(屋根だけが残るお宮を見て)いや、リアルだね、これ」

これら、石臼とお宮は金を掘るための坑道の入り口があった証なんだそうで。

長「(上の方を指差し)穴はあの辺なんですか?もうちょい上?」
ク「穴はここから50mくたい。また険しい斜面を上がったところです」
・・・そして、穴へと向かう一行。
ここで長野クンが、行程の厳しさをポロリ・・・。
長「道じゃないもん」
確かに進むだけでも大変そうな感じで、そんな長野クンに
ク「あと2~30mです」
と励ましていました。
そして・・・。
長「(ロープを伝って歩きながら)着いたんじゃないの?これ」
目的地となる現場に到着!!
長「着いたよ」

17年前、完全に坑道の入り口が塞がっていた場所は、
倒木でできた見事な骨組みが出来上がっていました。

長「お~、ここが鉱山の入り口ですか?」
ク「じゃあ奥へ」
長「うわぁ、すげぇ~な~」
と、少し奥に進む2人。
ク「多分、この斜め下ぐらいにね、金山の入り口があるはずなんです。
  それを求めて掘っていたら、昨日の夕方、これだけ穴が開きました」
長「うぉ~!穴、開いてるよ」
・・・八重野さん曰く、この穴は坑道に繋がる隙間なのでは?との事。
長「(穴を覗きこんで)うわ、冷たい風、来てる」
ク「今日は手前の方から掘って行って、穴をだんだん広げていこうと思っているんです」

・・・しかしこれ以上深く掘るには問題がありまして。
それは、そこだけ掘っても必ず上から土砂が崩れてきてしまうという問題。
そのため、ある程度、上の土砂を崩し、穴が広がってきたら
方向性を見出していこうという案に収まり、
この日は、開いた穴を広げつつ、発掘の障害となる崩落を防ぐため
上部の土を安全になるまで取り除き、最終的に坑道を確認する予定
・・・という事になりました。
早速、クマグスさんのスタッフさんが土をどけ始める。

長「ここ掘ったら(入り口)開かないかなぁ」
ク「出来るだけ手前の方から掘っていこう。穴の近くじゃなくて。
  逸る気持ちを抑えて、地道に掘っていこう」
・・・と、作業開始から30分。
土の中から、木が出てきた。
ク「自然の倒木が土に埋もれた?・・・坑木が入ってることは、前、
  隙間が開いたとき、確かめているんですよ。四角い木が出たら
  もう入り口だって事は、はっきりわかる」

しかし、作業をすることで土が崩れ、穴は塞がってしまった。
が、作業開始から3時間が経過した頃、作業をしていた男性がまたも木を発見。

長「ボロボロの木が・・・」
ク「これ平べったいね。片面が平べったいから・・・」

クマグスさんが話している間に、カメラにその木を見せる長野クン。
クマグスさん曰く、形からして『坑木と思われる木、発見』との事。
ちなみに『坑木』とは、坑道を作る際、周りや入り口を固めるために
使用する支え木のこと・・だそうです。
更に!

長「穴、開いたかも」

早速、作業の人がタバコをその穴に近付け、煙のたなびきを見る。
長「(風が)出てますね。なんか長い木、突っ込んでみます?」
ス「(棒状のものを穴に入れて)結構入る・・・奥まで」

しかしここでまたも、宝探しには天敵の雨が・・・。

ク「だんだん地盤が緩んできたから、危険だからやっぱり
  (入り口を)広げる工夫をしよう。分かったから、場所はね。
  崩そう、危なそうなところ」

と言ってるそばから、土が崩れる。

長「埋まったね、完全に。これで掻き出せば、大きく掘れる」

この後、全員一丸となり穴を掘り下げる作業に専念したものの
崩れやすい地盤でのこれ以上の作業は危険と判断し、この日の作業は
ここでストップ。
明日以降に望みを託し、一行は下山をすることに・・・。
そして麓にて。

長「残念ながら、今日はね」
ク「(入り口)到達はできませんでしたね。もうちょっとだよな~」
長「これね、僕らは明日行けないんで・・・。
  明日、また続けるんですよね?」

ク「続けます!」
長「あの~、うちのスタッフさんを是非1人・・・」
ク「やっぱり結末知りたいでしょう」
長「僕らも知りたいですし・・・」
ク「やります!」
長「期待しておりますので・・・今日はありがとうございました」
ク「朗報を待っていてください」

という事で、長野クン参加のこの日のロケは終了。
で、翌日。
5名で発掘作業開始(前日より、明らかに人員数が減ってます)。
穴を掘り進めると、水(しかも流れている)に当たる。
これは坑道から流れてきている可能性が高い・・・との事で。

ク「坑道が見つかったという事ですね。方向は大体分かっているので
  (水が通っている)上を掘っていかなくちゃいけない。トンネルのようにですね」

しかし、土砂の崩落により、これ以上掘り進む事は出来ず
一行は下山したのでありました・・・。

と、ここでVTR終了。

坂「引っ張るね~~」
井「決着、つかなかったですね」
長「つかなかったですね」
井「いけると思ったんだけどね」
竹「実は八重野さんなんですけども、今日も発掘に行ってるという
  ことなんですが(この日の収録は8/26に行われました)」

健「中継?」
井「中継?」
竹「(笑)」
健「深夜なのに中継するの(笑)??」
竹「発掘現場の発掘許可申請というのがあって、それが8月で
  切れてしまうということなので、もしも8月中に見つけることができなければ
  残念ながら、この発掘は断念される・・・」

井「じゃあ、O.A.の時には、どっちか分かっているという事ですよね」

・・・しかし、残念ながら財宝は見つからず終了となってしまいました。

でもT●Sって、この『埋蔵金発掘』が好きだよね。
年に1回は必ず、この手の番組を放送してるし・・・。
いつか本当に見つかるのかなぁ?
30億の埋蔵金(いや、私も欲しいけどさ(笑))。


次のクマグスさんはバカデミークマグスさん。

井「バカデミーっていうのは、どういう事なんですか?」
ク「低予算だけども素敵な映画って言うのはたくさんあるわけですよ。
  それを世の中の人に『こんな素晴らしい映画があるんだ』と、
  知ってもらいたくて、この業界を立ち上げた」
竹「(クマグスさんは)あまりにB級映画が好き過ぎて、
  ご自身で映画を撮られたこともある・・・」

ク「そうなんですよ。実は私、監督・主演で
  『影の伝説~真田幸村の死闘~』っていう映画を撮っちゃったんですよ」
坂「それ、出しているんですか?」
ク「渋谷のTUTAYAにレンタルで並んでおります」
井「それは逆に、ヒットを狙っていったんですか?」
ク「僕は映画を評論する立場なので、ヒットを狙うというよりは
  作り手の気持ちがわかりたかった」

ということで、ここからクマグスさんが紹介してくれたのは
『なんちゃって映画』。
なんちゃって映画とは、ヒット映画にそっくりなパッケージの映画のことだそうで。
・・・早い話が、パクリのバッタもんですな(笑)。

・おもしろジャケット写真編
ここで、紹介されたのは、トム・ハンクス主演の『天使と悪魔』。
これが、なんちゃって映画のジャケット写真だと、ロゴが
『悪魔と天使』に入れ替わってまして・・・(笑)。
健「まんまだ!一緒じゃん!ジャケットも一緒じゃん!」
井「入れ替わっているだけだ」
よく見ると、主演男優の後ろにいる天使と悪魔も、場所が
なんちゃって映画だと、入れ替わっています(笑)。
で、これがもっと『なんちゃって』になると、タイトルが
『悪魔のコード』となりまして・・・。
健「ダヴィンチコードとまざってる(笑)!」
他にも、
『天使or悪魔~アナザーワールド~』『天使vs悪魔』
っていうのがありました。

・キングコング映像編
ここでは、本編と比較しながら、いろんな『なんちゃって映画』の
映像が紹介されまして。
それを簡単に説明すると、
キングコング(本編)→CGも一流で、エキストラも多い。
ザ・コング→出てくる役者が10人以下で、コングが小さい
キング・オブ・ロストワールド→本編のコングよりデカい
アイスコング→コングが・・・白い。おまけに不細工(汗)。

ここでイノくんが質問。
井「本当に、あの映画が撮りたくて、みんな撮っているんですかね?」
ク「愛を持って作っているとは思いますよ。僕はそこにリスペクトしている」

で、次は・・・

<インディ・ジョーンズ ジャケット写真クイズ>
これは、次から次へと出てくる7枚の写真のうち、1枚だけ
本物のインディ・ジョーンズの写真で、あとはなんちゃってなので
その本物を当てる・・・というクイズ。
で、クイズスタート!!
次々に出てくる、それっぽい写真。
明らかにニセモノな写真もあったんだけど、
最後の7枚目は・・・インリンっ(爆)!?
坂「最後、すげ~気になったな」
健「パンツ一丁のヤツ、いたな」
ク「いましたね」
健「逆に本物を見つけるよりも、他のが気になっちゃって・・・。
  もう1回、見たいな」

という事で、VTRもう1回!
で、解答タイムになったんだけど、V6、間違えまくり(笑)。
クマグスさんに、正解を教えてもらっても
井「一番、インディ・ジョーンズっぽくないですもんね」
ク「なんちゃって映画業界っていうのは、ジャケットでいかに借りさせるか
  っていうのがポイントなんですよ」

この後、映像の『なんちゃって映画 インディ・ジョーンズ』として
・イデ・ジョーンズ(素人が撮影したかのような映画)
・インリン・ジョーンズ(勿論、主演はインリンさん)
が、紹介されました。

すごくバカバカしい内容だったけど、V6がこの内容を
かなり気に入っていたから、このクマグスさん、再登場するかも・・・。


で、今回のクマグスはここまで。


次回のクマグスは
・街がい探しクマグス
・芸能界のイイ話クマグス
・バカデミークマグス
の3本立て。


ね?
やっぱり、バカデミークマグスさん、再登場でしょ(笑)??


今回も、長い文章にお付き合いくださり、ありがとうございました。


みなさんのおかげで、ブログ拍手が、いつの間にか
拍手総数2000を越えていました。
こんな、何も無いブログがこんなにたくさんの拍手をいただけるなんて・・・・。
ひとえに、みなさんのおかげです。
ありがとうございます。
ホントに・・・ホントに・・・うれしいです。
別窓 | V6 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
クマグス41回目
2009-09-15 Tue 15:35
カミコンツアーも終わりましたね。
カミコン参戦の皆様、そしてカミセン&スタッフの皆様
お疲れ様でした。


って思っていたら、今度はアジアツアーの
『申し込みの申し込み』ですか・・・(笑)。
いや、いいんです、私は参戦しないから。
でも・・・・


アジアツアーの参加料金って、おいくら万円なのでしょうか(爆)??


・・・気になる。
それだけが、と~~っても気になる。
燃料サーチャージとか、格安ツアーの何割増しなのか?とか(汗)・・・。


ま、所詮、貧しい我が身には手の届かない金額である事には
間違いないんだろうけど(T△T)


というワケで、そろそろ始めましょうか。


今回もクマグス文字だけ放送『クマグスクマグス』
略して『クマクマ』にようこそ!



今回は、どういうワケか2本立て。
登場したクマグスさんは
・合コンクマグスさん
・エキストラクマグスさん。
合コンクマグスさんは、例のあの女性で
エキストラクマグスさんは・・・以前、別のクマグスで登場した人でした。


で、最初に登場したのは合コンクマグスさん。

井「前回来た時は(合コンした会社が)何社って言ってましたよね?」
ク「前回は263社だったんですけど」
井「その後は?」
ク「あと1歩で300社に届く勢いです」
井「相当刻んでるね・・・。今日はどうなんですか?必勝テクみたいなものを
  教えてもらえるんですかね?」

ク「やっぱり合コンで女性は男性に対して、さりげない振る舞いを通して
  実はひそかにラブサインを送っていたりすることがあるんですよ。
  そのラブラブサインを敏感にキャッチする事ができれば、この
  エンターティメント合コンからフォーリンラブの合コンへと・・・」

ま、早い話、女の仕草にゃ、ワケがあるですな(笑)。
というワケで、ここからはVTRで
『女子のラブサイン(脈アリ度つき)』が紹介されました。
VTRの出演は、前回の合コンクマグスのVTRにも登場した、放送作家のF氏でした。
では、以下、簡単に脈アリ度を・・・。
●%っていうのが、脈アリ指数です。

・ほめられる
『かっこいい』と褒められる → 30% (これはその場の社交辞令だと)
体の具体的な部分を褒められる → 50%
井「本当にカッコイイ人には、そんな直で言わない」
ク「いわないです。その逆に『その胸板、厚くてセクシーですね』とか
  具体的に突っ込んだほうが、脈アリ度は高いです」
井「なるほど~」
准「『なるほど~』じゃねぇ~よ(笑)」
・・・准ちゃん、ナイスつっこみ(笑)。

・彼氏の有無
『彼氏はいない』と言われる → 0%
『彼氏はいるけど上手くいってない』と言われる → 70%
ク「(『彼氏はいない』という子は)彼氏はいなくて出会いはほしいけど
  少なくともあなたじゃないよ・・・という意味。
  彼氏はいるって正直に言っているものの、あんまり上手くいってなくて・・
  あなたの方が素敵だわっていう、揺れる乙女心を表している」
健「本当に(彼氏がいなくて)脈アリなのは?」
ク「でも●●さんみたいに面白い人っていいよね・・・とか、具体的な褒め言葉が」
健「そうか。もう『彼氏はいない』だけだと、完璧に
  シャッター下ろされているということですよね」

ク「はい」
井「逆に『いる』っていう場合もありますよね?『いる』のに
  『いない』って言う場合もありますよね?」

ク「それも脈アリですね」
井「脈アリ!?」
ク「(彼氏が)『いる』のに『いない』っていうのは脈アリです」
井「(メンバーに)怖くない?ねぇ・・・」
長「わかんないですよね」
准「わかんないよね」
と、ここでチャレンジャー健ちゃんが、クマグスさんに質問!
健「すみません。●●さん(クマグスさんの名字)は今、
  彼氏いるんですか?」

ク「いないです・・・残念ながら」
竹「シャッターを・・・・(笑)」
健「シャッターが閉まったよ!」
井「脈アリ度0%ですよ(爆)!」
・・・ま、ここで脈アリ度が高い答えを出されても、困るけどね(笑)。

・お酒
『これ飲んでみて』と、お酒を勧められる → 20%
『飲ませて』と、(自分の)お酒を飲まれる → 70%
クマグスさん曰く
「飲んでみて」というのは、単にそれが美味しくて勧めていて
「飲ませて」というのは、間接キスがしたい、
もっと仲良くなりたいというアピール・・・なんだそうで。
健「女性はそんな事、思ってるんだ。・・・思ってんのかよ~」
井「なるほどね~」
准「おれらバカだから、みんなそう思っていると思っちゃいますよ」
井「たまに天然でさ、普通に『飲みたい女』とかいない?」
准「いますよ」
井「ドキドキしちゃうよね。そんな事聞いちゃったら」
竹「気持ち的にはわかりますよね。あげるのは全然(平気)。
  美味しいよ・・・みたいな」

ク「興味の無い男の人に『コレ飲んでみて』って言われたら、私多分(グラスを)見て
  口つけていないところを飲むと思います」
長「やだ。それいやだな~」
・・・私、若い頃から平気で自分の飲んでいたグラスを人に勧めたり、
他人のグラスでも美味しそうだと思ったら、強奪して飲んだりしてました。
なんも考えないで(汗)。
ちょっと反省(爆)。

・視線
話をしている時に目をそらさない → 10%
合コン中に何度も目が合う → 80%
クマグスさん曰く、
話をしている時に目をそらさないのは、単に相手の話が面白くて
聞き入っているだけだが、
他の人と話をしていてもチラッチラッとみるのは
『あなたにメロメロ』のサイン・・・なんだそうですわ。
剛「そらされちゃうとダメな感じしますけどね。
  ずっと見られてる方が(健ちゃんを見て)『このやろう♥』って思いますけどね。
  だから僕、逆だと思ってました」

ここで、V6のあらふぉ~坂本氏がトークに積極的に参加(笑)。
坂「それが1回や2回だったらそうかもしれないけど
  5,6回あると、『あれ?何で目が合うんだろう?』みたいな・・・」

井「(オレを)見てたんじゃないの?・・・みたいな」
剛「大人だな~~!この人っ!」
そして坂本氏、クマグスさんに質問。
坂「その時、男はどうしたらいいんですか?」(何、きいてるんだっ(爆)!?)
ク「そしたら、ちょっと見てあげる。(そして)じ~っと見てあげる」
坂「ちょっとサインを出すということ?」
井「長めに?」
ク「彼女がチラっと見て外すまでを、じ~っと見てあげる。次の視線を感じたら
  また見てあげる」
健「目線合わせにいくんだ」
ク「目線あわせ。全くそらすんじゃなくて、目線あわせ」
井「欲しがるだけじゃなくて、与えなきゃいけないんだね」
健「なんだよ、それ(笑)」
ク「そうすると、ラブラブサインを受け取ってもらえたなって思うんです」
健「ラブラブサインのキャッチボールだ!」
・・・って事は、コンサート等で、メンバーと目が合ったら
ファンは目線をそらしたほうがいいのでしょうか(汗)??
ファンはみんなコンサートで、出しまくるぞ・・・ラブラブサインを(爆)。

・ボディータッチ
意識的なボディータッチ → 20%
無意識的なボディータッチ → 80%
クマグスさん曰く、腹筋とか太鼓腹は、面白がって触っているだけとか。
・・・これはわかる気がする。

・タクシー
バッグを2人の間に置く → 20%
バッグを窓側に置く → 80%
クマグスさん曰く、
タクシーは密室の空間なので、警戒心から防波堤を作りたくなる。
だから、バッグを二人の間に置くのは脈なし。
バッグを窓側に置く場合は、あなたの近くにいたいというサイン・・・だとか。
長「そんなに考えているんですか?バッグの位置まで」
ク「はい。やっぱり好きになると、無意識に近くに寄りたいと思いますよね?」
竹「思います」
・・・私も思います(笑)。

・翌日のメール
がついたメール → 30%
次の約束の具体的な日付を求めるメール → 80%
クマグスさん曰く、女の子はタイプによって句読点(、。)と同じ感覚で
をつけるので、そんなに脈はない。
『いつヒマですか?』って入っていると脈アリ・・・なんだそうで。
健「早く会いたいって事ですよね」
ク「会いたいって事です」
井「これわかるような気がしますよね。そう言われたらね。
  じゃあまた会いたいんじゃないかって思いますよね」


と、ここで話は携帯メールのの使い方についてになりまして・・・。

井「(携帯メールの)のハードルを、
  もう少し高くして欲しいよね?滅多に使わないで欲しいよね」

長「にもいろいろあるしね。形とかね」
坂「の乱用はダメだよね」
井「(クマグスさんに)男性にを打つ時って結構ありますか?」
ク「文章が短い時、『了解』とかっていう時にはとかって打ったりします。
  素っ気無くみえないようにするために」
井「なるほどね」
・・・私もはよく使います(笑)。
・・・ってのもやります・・・女性限定で(爆)。

そして話は、まとめに入りまして・・・。

准「女の子も気をつけないといけないですね。
  逆に興味ないのにやっちゃってる事とか」

ク「確かに。この中の行為ってどれもさり気ないものだったんで、天然の娘や
  魔性のタイプの女の子が、さりげなくこういう事をいっぱいやって
  気を惹かせてしまっているってあるかもしれない」
井「ムダに気を惹かせる娘とかもいるんでしょ?」
ク「こういうのが野生の勘で得意な娘もいます」
井「こういうのにね~、うちのプロデューサーの江藤さんが引っかかっちゃう。
  僕ら10何年も合コン話を聞かされ続けているんですよ。ちょっと1回、何かね」

健「1回、合コンしてもらいたいな。で、
  ダメな所とか、駄目出ししてあげて欲しいんですよね」

江P「いらねぇ~よ!そんな配慮!!」
井「それ聞きに来てるんだろうがよっ!!」

・・・合コンクマグスって、
江藤Pの合コンレッスンの為に呼ばれたのでしょうか(汗)?



っていうか、私、これ見て、自分の若い頃を反省しました。
無意識でよく男性にボディータッチしていたし、
グラスの回し飲みOKだったし、
意味もなく、人の顔をじ~~っと見て、目が合うと
視線はずして、またじ~~っと見たりしてたし(これは今でもやる)、
ちょっと酔うと、誰がいても必ず、
自分の右側にいる人にもたれかかっていたし(汗)。
でも、みなさんも、こういう事ってないですか???


と、合コンクマグスはここまで。
次に登場したのはエキストラクマグスさん。
こちらのクマグスさん、1000以上のエキストラ出演の経験をお持ちの方・・・
・・・なんだけど。
長「あれ?」
健「あれ?見たことあるな・・・」
井「騙された人じゃない!?」
このクマグスさん、以前に『総額500万円の被害を受けた悪徳商法クマグス』として
出演していた方でした。
つまり2回目の登場。

健「大丈夫?そのエキストラも騙されてるんじゃないですか?」
ク「どうですかね?」
井「いつからエキストラを始めたんですか?」
ク「18歳ぐらい。もう25年くらい」
剛「そんなにやっているんですか?」
竹「デビューは?」
ク「『毎度おさわがせします』・・・ミポりんの。鼻の下伸ばしながら・・・」

とここで、クマグスさんの主な出演作品の1部が紹介されまして・・・。
その作品というのが
・毎度おさわがせします(TBS)  ・華麗なる一族(TBS)
・はぐれ刑事(テレ朝)  ・聖者の行進(TBS)
・スウィートシーズン(TBS)   ・池袋ウエストゲートパーク(TBS)
・末っ子長男姉三人(TBS)   ・三姉妹探偵団(日テレ)
・GTO(フジ)   ・ビューティフルライフ(TBS)  ・バーチャルガール(日テレ)
・蘇る金狼(日テレ)   ・CHANGE(フジ)   ・金八先生(TBS)
・世界の中心で愛を叫ぶ(TBS) 等々。

これを見て反応したのが准ちゃん。
准「ちょっと待ってください。僕、共演してるじゃないですか。
  末っ子長男姉三人・・・」

竹「本当だ」
ク「ちょっと(岡田さんとは)入れ違いで、お会いできなかったんです。
  深津さんとは一緒だったんですけど」
剛「(准ちゃんに)あいさつした?ちゃんと・・・」
准「(少し立ち上がって頭を下げる)」
が、共演したのは准ちゃんだけではなかった!
健「あ、オレも!バーチャルガール!」
ク「寒いときですね。いっしょにおもちを食べたんですね」
健「ボクが!?」
ク「ロケでおもちが出た時、後ろの方でいっしょにおもちをもらっていた・・」
健「・・・全然覚えていない」
ま、エキストラまでは覚えてないですよ、普通は。

と、ここでクマグスさんの出演作品傑作選(VTR)がありまして。
魔女の条件で、松嶋菜々子さんの同僚の先生役だったり
めぐり逢いで、福山雅治の元同僚役だったり
ラブとエロスで、事故現場のシーンで主演の長瀬くんに
救急車を呼ぶように言われる役だったクマグスさんのVTRが流れまして・・・。

で、次に『エキストラの心得』というのが紹介されまして、
それは・・・

・静かに大きく演技しろ(『Around40』に出演したVTRが流れる)
  小さな演技だと何やってるかわからない
・映っていると思うな!
  基本的にエキストラは映るか映らないか、ビミョーな位置にいるので
  手を抜いてしまいがちだが、全力でやらなければダメ

という事だったんだけど、ここで疑問を持ったのが健ちゃん。
健「あれ?そうしたら『映っていると思え』じゃないですか?」
ク「なんか間違えました?」
健「気を抜くなっていうことは『映っていると思え』っていう事じゃないですか?」
ク「そうですね(汗)。映っているか映っているかわからなくても、頑張れと。
  とにかくヤレと・・・(爆)」


と、ここでエキストラクマグスさんは終了。
で、再び合コンクマグスさんになりまして・・・。
ここで准ちゃんが、合コンクマグスさんに禁断の質問を(爆)。


准「(クマグスさんに)いつ落ち着くの(爆)?オレ、今、タメ口になっちゃった」
健「(クマグスさんに)あれ?今、いくつ?」
ク「29歳です」
准「えっ?同い年!?」
ク「はい、29歳」
准「そろそろ、落ち着かな・・・」
ク「まず、みなさまに幸せになっていただいて、それを見届けてから私も・・・」
井「いや、もうね、人の事とかいいと思うよ。本当に」

・・・私もイノくんの意見に全面的に賛成です(爆)。


と、今回のクマグスはここまで。
これでV6が、合コンとかに行ってたら、すごいだろうなぁ~(爆)。
女性のしぐさをじ~~っと見て、あれこれ推測していたら・・・って想像すると
ちょっと笑えますね(汗)。



次回のクマグスは
・宝探しクマグス
・バカデミークマグス
の予定です。



今週も長い文章のお付き合いくださり、ありがとうございました。





では、私は歯医者に行ってきます(笑)。
・・・まだ前歯が入らないけど(汗)。
別窓 | V6 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
おめでた!!
2009-09-12 Sat 10:21
今朝、寝ぼけた脳みそで、
某ズームインサ●デーで、このニュースをチラッと見た瞬間、

えっ?イノくんが懐妊??

って、大勘違いをしためいりんです(笑)。


・・・当たり前ですが、違います(汗)。


イノくんのお嫁さま、懐妊!!です。


よかったね。
とうとう、V6からも

パパドル

が、誕生するのね。


イノくんならきっと、ものすご~く可愛がるんだろうな~。
イノbabyちゃんを・・・。
はりきってオムツ替えしたり、
楽しんでお風呂に入れたり、
がんばって母乳を出したり・・・。←ムリムリ(笑)


・・・いや、イノくんなら、
「愛情があれば男でも母乳が出るはずだ!!」
とか言って、無理矢理出しちゃうかも(爆)。


とにかく、新しい命が育まれている事は
本当に、喜ばしいことです。


心から・・・おめでとうございます。

別窓 | V6 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ちょっとビックリ!!
2009-09-10 Thu 21:10
channel@って・・・・・


終わっちゃうのね・・・(T△T)


たまたま『総集編』を見ていて、
「あ~、10年もやってたんだ」
なんて思って、よくよく画面を見たら


10年間ありがとうございました


の文字が(汗)。
いや~、
何も知らなかったから、本当にビックリしたよ。


channel@ってさ、V6ファンには本当にありがたい番組でしたよ。
PVの撮影の様子や、メンバーの素が出る対決モノとか(笑)、
インタビューとかを、いつも特集でO.Aしてくれてさ。
PVを見る楽しみが、この番組のおかげで倍増されたもんね。
・・・終わっちゃうんだ(涙)。


って事は、channel@は今月一杯、『総集編SP』なのかな?
さっき見た時は、
20歳金髪・森田剛なVTRが流れていたけど
来週も、この手のVTRを流してくれるのかしら??
・・・オオカミ全開の金髪剛ちゃん、超なつかしかったぞ。


別窓 | V6 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
クマグス40回目っ!!
2009-09-08 Tue 17:22
カミコンツアーも、いよいよラストの北海道を残すのみとなりましたね。
参戦するみなさま、いかがお過ごしですか?
参戦のその日まで、
手洗い&うがい&たっぷりの睡眠で、
風邪を寄せ付けないように、頑張ってください。


そういえば、この前、ふと気がついたこと。


今年は、ガンダム誕生30周年。
でもって、V6的には、『剛ちゃん&健ちゃん生誕30周年』。
で、私的には・・・・

ジャニーズにハマって30周年っ(爆)!!

・・・気がつくんじゃなかった(爆)。
30年ですよ、30年っ!!
ま、ちょいちょい浮気を挟みつつ(笑)、それでも離れられなかった
ジャニーズアイドルの魅力っ!!
改めて、すごいなって思ったよ・・・ジャニーズアイドルは(汗)。

っていうか、今年って、何だかんだ言って、私としては
メモリアルイヤーなのね・・・。
1年の半ば過ぎて、そんな事に気がついたよ(笑)。


では、そろそろ行きましょうか。


本日もクマグス文字だけ放送『クマグスクマグス』
略してクマクマにようこそ!!



今回は
・芸能界のイイ話クマグスさん
・値切りクマグスさん
・ギャルクマグスさん
と、全員男性のクマグスさん!


で、まず最初に登場したのが、2回目の登場となる
芸能界のイイ話クマグスさん。
相変らず、テンションの高いクマグスさんでした(笑)。

まず最初のイイ話は
KING OF 演歌として千昌夫さんと吉幾三さんの話。

二人が仲がいいというのは有名だが、これはそのキッカケの出来事。
昔、売れる前の吉幾三さんは生活苦で、結構借金があったらしい。
なので演歌をやめようと思った時期があったらしいが、千さんが
「君は演歌歌手として素晴らしい才能を持っているから、
  借金なんかでやめちゃダメだよ。
  世の中のために君は歌い続けてくれ』

と言い、数千間苑の借金を肩代わりしたらしい。
そして吉さんは、毎月少しずつお金を返しに行ってたらしい。
その甲斐あって、『雪国』という楽曲で吉さんは売れた。
『これでまとまったお金を千さんに返せる』という事で、吉さんはお金を返しに行った。
すると千さんは、
「よかったね。じゃあ借金返済のお祝いだ」
という事で、裏に行って茶色い小包を吉さんに渡したらしい。
それを吉さんが家に帰ってから開けたら、毎月ちょっとずつ返していたお金と
その時に返したお金が入っていた・・・・らしい。

・・・というお話。
健「返してくれようとした気持ちだけで充分だということで」
ク「そうです」

で、この話には少し続きがあって、
その後、千さんが不動産業で自分が借金まみれになってしまったのだが
その時、吉さんからは1円もお金を借りる事はなかった・・・らしい。

と、ここで食いついたの准ちゃんのみ。
ちなみに、この話のウラは取れていないそうで・・・(笑)。
長「いいんです!確認なんか取れていなくてもいいんです!」
ク「夢のある話ですから・・・」
長「そうです」
と、すっかりクマグスさんの話の世界にハマっているメンバー(笑)。

次のイイ話は・・
KING OF POP・・・つまりマイケル・ジャクソンの話。
マイケルにはいろんな逸話があって、
1歳半の時に左手で哺乳瓶を持ち、
洗濯機の音にあわせてリズムを刻んで踊っていた・・・とか(笑)、
空手もやっていて1回の回し蹴りで7回転出来た・・・とか(笑)、
あるらしいのですが、そんなマイケルさんの話を
クマグスさんは2つもしてくれました。

まず最初のマイケル・ジャクソンのイイ話は
ツアーに関する裏話。

1987年のワールドツアーで、来日する際、マイケル側が
日本のイベンターに出した3つの注文というのが
①こまかい食事のメニュー
②シャワーの水はミネラルウォーター
③じゅうたんや畳じゃなく、フローリングにしてくれ
というものだった。
しかしこれは単なるワガママじゃなく
①は、マイケルはベジタリアンだったのだが、体のバランスが崩れないように
ダンスのキレを維持するために、こまかいメニューが必要だった。
②は、ワールドツアーで世界を回ると、中には水が合わない国もあるが
それを言うと、その国に失礼になるので、一律して
ミネラルウォーターを使っていた。
③は、コンサート当日も(ホテルの部屋で)毎朝3時間ダンスレッスンをし、
コンサートが終わってからも3時間レッスンをしていたので
フローリングでなければダメだった。
・・・と、ちゃんと理由があった・・・らしい。
で、その日本でのコンサートが終わった翌日、
マイケルが日本のスタッフやその友人を招き、バス4台で行った所は
営業終わりの貸切状態のディズニーランド!

坂「あ~、それで貸しきったんだ」
ク「マイケルさんは、仕事で頑張った後は、次はプライベートで
  一緒に楽しみましょうと・・・」
ここで、食いつく坂本氏・長野クン・イノくん・健ちゃん。
井「マイケルがワガママで貸しきったみたいな感じで
  (情報が)流れてましたよね?」

ク「実際は違うらしいんですよね。触れ合った人たちのお話を収集しますと」
坂「なんだよ~。ごめん、マイケル」
と、頭を抱えて大反省の坂本氏(汗)。
ホント、情報って怖いな~って、私も思いました。

で、次のマイケルのイイ話は
・スーパーボウルの裏話
1993年、第22回大会のハーフタイムショーでマイケルを呼びたいとなったらしい。
で、マイケルの元にイベンターが交渉に行き
「これはマイケルさんにしかできない事ですよ。そして全世界の人が
 これを期待していますよ。一緒に夢の国と言う名のステージを作りましょう」
と話したところ、マイケルは快諾。
ハーフタイムショーは、本編の試合より視聴率を取るほど盛り上がり大成功。
その後、スタッフがマイケルにギャラの交渉に行ったら
「夢の国ではお金はかからないよ」(マイケルの真似をするクマグスさん)
ここで食いついたのは、イノくん・健ちゃん・長野クン。
が、剛ちゃんはマイケルの真似をしたクマグスさんがツボだったらしく
剛「(クマグスさんを指差し)マイケルに見えてきた!」
と、大興奮。

で、この話にも続きがありまして、
その後、ハーフタイムショーに出たスターも、無料で出演している・・・とのこと。
なのですが、やっぱりこれもウラが取れていないお話なんだそうなのですが
長「確認とかいいんです!」
ク「いいんですよね」
長「いいんです!・・・よかったぁ、今日も・・・」
と、お話そのものに大満足したご様子(笑)。
しかし、
ク「こういう現代版おとぎ話をいろいろと集めておりますので・・・」
というクマグスさんの言葉には
長「おとぎ話なんですか(爆)!?」
と、笑った長野クンなのでありました。


と、芸能界のイイ話クマグスさんはここまで。
次に登場したのが、値切りクマグスさん。
ちょっと個性的な感じのクマグスさんに、メンバーも興味深々。
井「顔に力のある人ですよね」
剛「結構、人の懐にすっと入ってきますね」
ク「でもそれ値切りにおいて、すごく重要なポイントなんですよ」
剛「気付いたらここに(自分の脇あたりを指して)いたみたいな」
井「でもどうなんですか?日本人の性格上、値切るというのは」
ク「今、100年に1度の不景気と言われているじゃないですか。
  そうすると売り場には在庫が溜まっちゃっているんですね。
  その在庫の山を処理するお手伝いにきましたという気持ちで行くと
  意外とお店の方、値切ってもOKっていう方、多いんですよ」
もうここで食いついてしまう、坂本氏、長野クン、イノくん(笑)。
准「どんなものを値切れるんですか?」
ということで、ここでクマグスさんが値切った主なものが紹介されました。
それは・・・

42型プラズマテレビ \138,800→\130,000  外車 \900,000→\500,000
ブランド品(クロエ) \19,900→\19,000    仏壇 \230,000→\160,000
カウチソファー \311,200→\296,000   居酒屋チェーン店\5,875→\3,877
カラオケ店 \6,200→\5,280   家賃 \85,000→\80,000
その他、別荘・キャバクラ・スーパーマーケット・旅行・ブランド品など
値切った合計、約300万円っ!!

長「居酒屋、値切るんですか?」
ク「そうなんですよ」
井「チェーン店なんか、絶対無理でしょう」
ク「居酒屋・カラオケ・キャバクラは共通して値切れる日があるんです」
そう言って、クマグスさんが教えてくれたのは、
給料日明けの金曜日に大雨が降ると値切れる!という事!
理由は、キャバクラの場合、給料をアテにして女の子をたくさん用意したのに
ヒマになってしまうので、値切ってでも客に入って欲しい・・・だからとの事。

次に紹介されたのが『値切りのテクニック』!
クマグスさん曰く、値切りにはTPOがあるそうで、それは
T・・・時間
P・・・場所
O・・・お芝居(笑)
だそうで。
まず『T(時間)』なのですが、これもクマグスさん曰く
『家電の場合、日曜日の19時以降がBEST』なんだそうです。
これは仕入れた品物を、週末に売ってしまおうとしているからなんだそうです。
でもこれは、うちのお店(家電じゃないけど)も、
水曜日と金曜日に、週末に売りたい商品が入ってくるから、
家電に限らず、いろんな業種にもいえるかもしれないね。

ここで、値切り方について素朴な疑問が・・・。
准「それ、何ていうんですか?『まけてよ』っていうんですか?」
ク「ここポイントなんですが、『すいません、在庫処理のお手伝いに来ました』と
  にこやかに言ってください」
しかしこれには、さすがのイノくんも
井「言えない・・・」
と、しょんぼりしていました(笑)。

で、『P(場所)』なのですが、これは一言で言うと、
都心から住宅街へ向かう道で、信号で止まれない角にあるお店が
値切りやすい・・・そうです。

で、最後に『O(お芝居)』なのですが、これはキーワードがありまして
・もう浮気しません  
・長期在庫はありませんか?
・方言を使え(但し関西弁はNG)
なのだそうです。
あと、友達を連れて行くと、その友達が次回店に来てくれる事を期待して
店員さんは値切ってくれるんだそうです。
ここで健ちゃんが、クマグスさんに質問。
健「例えば、店員さんでこういう人が安くしてくれそうっていうのは
  あるんですか?」

クマグスさんの答えは・・・「主任さんいますか?」
健「新人だとよくわかっていないから・・」
ク「決定権握ってないから・・・」
健「時間の無駄だ」


と、ここで値切りクマグスさんは終了。
最後に登場したのはギャルクマグスさん。
見た目がとにかくチャラいというか、軽い感じのクマグスさん(笑)。
井「クマグス史上、1番チャラいですよね?」
ク「すいませーん!今、24歳です」
井「そんなにギャルに詳しいんですか?」
ク「自分は10年間ずっと渋谷にいまして、ギャル数万人と接してきて、
  電話帳はギャルだけで3000人入っています」
井「うっそ!」
剛「10年前って事は、14歳から?」
ク「14歳ぐらいから・・・。中3からずっとセンター街に週6・6時間いました。
  (渋谷のギャルは)全員知ってます。(僕のこと)知らなかったら
  ギャルじゃないです」
と、ここで、そもそもな疑問。
准「(ギャルの)定義とかあるの?」
ク「一概に定義とかはなくて、今はギャルっぽい格好をしている子とかがギャルで
  昔は不良というのがギャル」
坂「どんどん変化してるっていうことですか?」
ク「そうです。創造と破壊を繰り返していくのがギャルなんですよ」
坂「ギャルの年齢ってあるんですか?」
ク「18歳までがギャルですね」
健「それ以上になっちゃうとダメ?」
ク「18歳以上だと、ショップ店員の人でギャルとか」
井「あー、なるほどね。もう仕事とかお金が絡んできちゃうと
  ギャルじゃないと」

ク「ダメです。やっぱりリアルじゃないと。自分らしさを出さないと。
  社会に揉まれちゃったらギャルじゃないんです。
  バイトとかしようと思ったら、もうギャルじゃないんです」

・・・と、ここでおいら(あらふぉ~世代)の素朴な疑問。
そもそも、昔(昭和の頃と思ってください)は
大学生をギャルって言ってたんじゃなかったっけ??
で、それの高校生版が出てきた頃、彼女達のことを
『コギャル』って言ってたんじゃなかったっけ(汗)???
いつ間に、コギャルはギャルに格上げされたんだ(爆)???
っていうか、これって
ギャルの低年齢化ですかっ(汗)???

以上、疑問終わり(笑)。

で、次は『ギャルの歴史解読』ということで
年代ごとに、その時代を彩ったギャルが
1990年代中ごろ~ コギャル
1990年代後期~  ガングロギャル
2000年代初期~  ヤマンバ
2005年~現在   アゲ嬢
と並びまして・・・(笑)。
いや~、どこをどう見ても、異彩を放っていましたよ・・・ヤマンバ(爆)。
井「いやー、世紀末から2000年にかけて荒れていたんだな~っていう
  感じがみえますよね(ヤマンバの時代)」

准「ちょっとずつ創造されて、盛って盛って、破壊されて、
  また始まった感じがしますよね」

健「また創造された感じが・・・(アゲ嬢)」
井「またそぎ落とされた感じがあるよね」

では、それぞれの時代を詳しく検証(笑)。
まず、
<1990年代中ごろ~ コギャルを検証>
ファッションは・・・・ルーズソックス、ローファー、ガングロメッシュ・学生服。
で、この頃、コギャルが起こした社会現象は??
准「たまごっち」(正解)
長「コギャル発信なんだ」
ク「そうです」
たまごっちは、最初コギャルが持っていて、それをその家族が持つようになり
徐々に流行っていたのだと。

<1990年代後期~ ガングロギャルを検証>
ファッションは、学生服→リゾート系になり、ガングロ+白メイクに。
社会現象を巻き起こしたのは・・・パラパラ!!
しかし、援助交際やマナーの悪さなどが目に付き
世の中の汚点扱いをされてしまう。
ギャル=軽い という印象になったのもこの頃・・・だそうです。

<2000年代初期~ ヤマンバを検証>
ファッションは、着ぐるみ・バスローブで、メイクはパンダメイク。
髪型もリゾート系からアフリカ系へ(爆)。
この時代は、『学校へいこう』とかでヤマンバと絡みがあったせいか
V6も興味深々。
准「(モデルの子に)今も(ヤマンバを)やられているんですか?」
ヤマンバ「毎日これで・・・」
井「大変じゃないの?」
ヤ「大変じゃないです、実際」
剛「あんまり、今見ないね」
井「(ヤマンバは)どれくらいいるんですか?」
ヤ「今、10人くらいですかね」
坂「どの辺に生息しているの?」
ヤ「渋谷のセンター(街)です」
井「後ろにもひとり・・・」
セットの片隅に、同じ様な格好をした子が1人・・・。
ヤ2「(ガラガラ声で)ともだちで~す」
井「ニューハーフ??」
ヤ2「ニューハーフじゃないです!」
井「いやなんか、こことかさ(口の周り)ヒゲに見えたんだよ(笑)」
健「志村けんの変なおじさんっぽいよ」
ヤ2「違います!女です」
井「そのヤマンバの特徴として、こういう痛そうな所(口の周り)にも
  ピアスするっていうのもあるんですか?」

ク「あります。『強め』なんで、いかに強い事をやっているかっていうのが・・・」
井「痛くねぇ~んだよ!って」
健「だってアフリカのほうとか行くと、そういう人いるじゃん」
井「いるいる。いっぱい刺さっているほうがエライ・・・みたいなね」
ク「不良から始まったギャルカルチャーが、不良→軽い→汚いと、
  ギャルがどうしようもない方向に・・・社会的イメージは」
井「一部の人たちにそういう人が多かった」
ク「そういう人たちがいるおかげで、ギャルって軽いんじゃないの?
  汚いんじゃないの?って、最強種族まで行ったのに、そうまで言われ
  ギャルがここで一区切りつくわけですね」

<2005年~現在 アゲ嬢を検証>
クマグスさん曰く、ヤマンバとアゲ嬢の間には大戦国時代みたいなのが
あったそうです(笑)。
で、やっとアゲ嬢に落ち着いた・・・と。
まずファッションは、
落ち着いた色使いとキラキラ系・盛り盛りヘアー・美白メイク。
カリスマモデルとして、雑誌アゲハのモデルがTVに出るようになり
情報の発信源がコンビニ(雑誌等)になったので、誰もがマネして流行。
ク「これが社会に与えた影響というのが、
  小学6年生の『なりたい職業アンケート』で、スチュワーデスとナースを抑えて
  キャバクラ嬢が1位(ギャルクマグス調べ)になってます」
V6「え~~~!?」
井「マジでっ!?」
長「今??」
井「小学生が??」
ク「小学6年生です」
坂「たぶん卒業文集とか、すごい事になっているんだろうね」
ク「お父さんが帰ってきて、ちっちゃい缶ビールを一缶飲んで、あたりめを食って
  『美味いな』って言ってるのが、たぶん娘の心に響いて
  『私はこうはなりたくない』みたいな。
  ハデにきれいなお姫様みたいに、ベンツで・・・みたいなのが
  不景気から来ている。今のギャルの流れですね」
健「だから、そういう夢を抱くと」
ク「やっぱもともと、お姫様になりたいんですよ」
井「女の子は・・・」
ク「はい・・・」
井「ちょっとバカにしてましたけど、彼、スゴイですね」
健「10年、渋谷にいるだけの事はある」
ク「まだ氷山の一角しか話してないんで・・・」


と、ここで今回のクマグスは終了!
『まだ氷山の一角』しか話していないギャルクマグスさんは
再び登場するのでしょうか???


で、次回のクマグスですが
・合コンクマグスさん
・エキストラクマグスさん
の2名が登場!



・・・合コンクマグスか(汗)。
あんまりこの人の話、好きじゃないのよね(滝汗)。
『300回の合コン??それがど~した??』
って感じがして(爆)。



今回も長い文章のお付き合いいただき、ありがとうございました。
別窓 | V6 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
顔、ニヤけませんか(笑)??
2009-09-03 Thu 21:26
昨日、我が家に到着した『GUILTY』。
今回は諸事情により、
V6盤と通常盤のみの購入でしたが・・・。


V6盤DVDのリピが止まりませんっ!!



しかも・・・



GUILTYのPVの延長シーンばっかり(汗)。



正直、あのPVを全部見終わった後、
『Long Edit Version』なのに、そんなに長くないじゃん!
って思ったけど、そんなのはほんの一瞬でありまして・・・。


メンバー全員のカメラ目線(特に坂本氏)に、いちいち
「きゃ~~!!」
だの
「いやん♥」
だの
「ひょえ~~!」
だの、声を出して反応している私(爆)。

・・・しかも、何度リピしても同じ反応だし(笑)。


んでもって、あの見返り健ちゃんでは
「これって反則だよ~!マジでかわいいじゃんっ!」
と、PV見ながらひっくり返ってしまう有様(爆)。
いや、あの見返りっぷりは、かの有名な
『見返り美人』の上を行く、美しさですよ・・・。


でね、あのおまけシーンをじ~~っと見てて思ったんだけど・・・


イノくんのシャツに、シミのような影があったのは気のせい(汗)??


ちょっと、不自然に影が入っているような感じがしてさ。
シャツのシミっていうことはないんだろうけど、
あの黒い点(っていうのは、ちょっとデカイけど)が、気になりますわ。



でもって、今回はカップリングの『逢いたくて』にも一言。






その結果は、知りたくなかったよ(汗)。








『赤いスイートピー』の続きの歌、『続・赤いスイートピー』みたいに
別れて終わったっていう結末は
正直、知りたくなかったなぁ~。
・・・いや、衝撃度としては、ふつ~にラブラブだったのが別れちゃった
『続・赤いスイートピー』の方が
ショックはデカかったけどね、当時は。

『GUILTY』と『逢いたくて』が、全くの別物っていう捉え方もあると思うけど
この場合、ふつ~に『逢いたくて』は『GUILTY』の続編って考えるよね。
だとしたら・・・
やっぱり、知りたくなかったなぁ。
曖昧にしておいて欲しかったっていうか・・・。

例えるなら、今井美樹の『半袖』みたいな続編とかだったら
『あ~、辛いけど耐えるのね』
って、また別の意味で萌えそうなんだけどさ(おいおい)。


あ、ちなみにおいらは『不倫肯定派』じゃありませんよ(汗)。


うむ。
結論を言うとね。


不倫の恋は結実しない果実ってわかってるから、
人妻V6ファンに、もうちょっと夢を見させてちょ~だい(爆)!!



って事ですわ。




そういえば・・・。
『GUILTY』、オリコンデイリーランキング1位でしたね。
うん、よかった、よかった。

でもって、剛ちゃんは来年早々、
蜷川さんの舞台に主演だそうで・・・。





嗚呼、国内V6コンが、また遠ざかって行く(涙)。
別窓 | V6 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
クマグス39回目、他いろいろあるさ。
2009-09-01 Tue 16:46
ない・・・。

先週から、アレが・・・ない(汗)。

ま、こうなる事はわかっていたんだけど
なくなってしまうと、ものすご~く不便だ。


今の私、



前歯が3本もないっ(爆)!!



歯を治療していることは、ずいぶん前にここに書いたよね?
『前歯抜いたよ』って・・。
で、その後、歯並び等々のことを考えて
前歯をまとめて治療(ブリッジってヤツです)することになり、
7月に抜いた前歯の両隣を1本ずつ、先週に抜きまして・・・(汗)。


前歯が3本ない生活を送ることになりました~(叫)!


無くなって、初めてわかる前歯のありがたさ(爆)!
食べ物を噛み切るだけでなく、
口の中の食べ物が、口からポロリするのを防いでくれていたり
『さしすせそ』だけでなく
『まみむめも』の発音にも、重要な役割を担っていたり、
犬歯が、下唇を噛んでしまうのを防いでくれていたりしている前歯っ!!
いや~~、前歯さまさまですよ。


個人差はあるけど、新しい歯(ブリッジ)が入るまで
大体1ヶ月くらいかかるらしく(歳とっていると、もっとかかるらしい)
当分、この『前歯ないない生活』は続きそうです(汗)。
ま、これも貴重な体験だと思って、頑張ります!

あ、この『前歯が3本無い』という、情けない自分の顔を
こそっと携帯のカメラで撮ってみました(笑)。
我ながら・・・大笑いしましたよ(爆)。


と、そんな中でも、V6さまの出演番組はきっちり見ておりまして・・・。


channnel@では、PV撮影でこそっとダンスを間違える坂本氏に萌え
Mステでは、最初のソロで上手く声がマイクに拾われなかった坂本氏に萌え、
メレンゲの気持ちでは、『自宅でメガネ男子全開』な坂本氏に萌え・・・(爆)。
結局坂本氏に萌えておりました(笑)。

でも、メレンゲの気持ちで語っていた、
「ほんとうのあなたがわからない」
という名台詞で、坂本氏をフッた女性って、誰なんだろう(汗)?????


と、長い前置きはここまで。
ちょいと遅くなりましたが、今回も始めさせていただきます。


今回もクマグス文字だけ放送『クマグスクマグス』
略して『クマクマ』にようこそ!



竹「とっても楽しい番組『クマグス』のお時間です」
井「そういうノリだったっけ?・・・あのう森田さん、森田さん的に
  この番組を一言で言うとナンですかね?」

剛「子供から大人まで幅広く(見て頂ける・・)」
井「あ~、そうですか」
剛「・・・感じだと思いますけど」
准「ものすごい、この幅で(手で20cmくらいの幅を作って)なんですけど・・・。
  大丈夫かな」



と、こんなノリで始まったクマグス。
今週は、レギュラーバージョンに戻りまして
・珍地名クマグス
・メロンパンクマグス
・食べ合わせクマグス
の3人のクマグスさんが登場!
メロンパンクマグスは、女性かと思いきや、なんと男性だったのには
ちょっと驚きました。


まず最初に登場したのは珍地名クマグスさん。
日本だけでなく、世界の珍地名もいろいろ集めていらっしゃるそうで・・・。
准「結構、数は発見されたんですか?」
ク「そうですね。日本で1300くらい。世界で1400くらい・・・」
日本だと『馬鹿川』とか『朝立』とか『野口五郎岳』が紹介され
世界だと『スケベニンゲン』『エロマンガ』『アーン』という地名がまず紹介されまして。

次は、珍地名クイズということで
ちょっとなぞなぞっぽく、珍地名が紹介されました。
ので、ここでもクイズ形式で・・・。

Q1.怒っている事を否定したがるメキシコの町ってどこ?
       オコトラン
Q2.ではいつも激しく怒っているギニアの町はどこ?
       カンカン
Q3.アメリカ、ワシントン州に支店があるモンテローザグループの居酒屋は?
       ワラワラ
Q4.東京都千代田区にあると思われていたが
    実はフランスにもあった有名なビルは?
       マルヴィル(マルビル)
Q5.生徒に廊下で起立の状態を課すのが好きな先生がいるベトナムの町って?
       タットケー
Q6.「うる星やつら」のラムちゃんみたいな喋り方をするトルコの町は?
       ダッチャ(これメンバー全員正解)
Q7.アルバニアにある『不死』の町とは?
       シナナイ

・・・なぞなぞですね(笑)。
で、VTRが終わりまして、
井「もう全部調べつくしたんですか?」
ク「まだ、洩れているのがいっぱいあって」
井「まだいっぱいあるんですか?」
ク「はい」
竹「時分で見つけるときは地図を見て見つけていくんですか?」
ク「そうです。ひたすら地図を見るばかりで・・・」
・・・まだいっぱいあるっていう事は、このクマグスさんの第2弾も
あり得るって事かしら???

で、次は、地図が語るラブストーリーという事で
ここから先は、世界地図を頭の中に描いて、
その地図上の国が、セリフを言っていると思って読み進めて下さい。

<居酒屋編>
「ビール!(インド)」「チューハイ!(Zhuhai・中国)」
「トリカラ!(Trikara・ギリシャ)」「ブリカマ!(Brikama・ガンビア)」
「テバ!(teba・スペイン)」
「明美(北海道中川郡本別町)」
「アキラ(Aquira・メキシコ)」
「しあわせ?(新潟県岩船郡神林村)」
「しあわせ(新潟県岩船郡神林村)」

・・・想像できました(笑)??
こんな会話、まだあります(爆)。

<二人きりの部屋編>
「明美(北海道中川郡本別町)」
「アキラ♥(Aquira・メキシコ)」
「明美♥♥(北海道中川郡本別町)」
「ア・キ・ラ♥(Aquira・メキシコ)」
「すき?(京都府京丹後市大宮町)」
「すき(京都府京丹後市大宮町)」
「おいで(静岡県菊川市)」
「バカ♥(Vaca・メキシコ)」
「おいで(静岡県菊川市)」
「たんま!(静岡県掛川市)」
「もぐろう(新潟県妙高市)」
「なんじゃい!(群馬県富岡市)」
「オカタイナ(Okataina・ニュージーランド)」
「ダーメ!(Dahme・ドイツ)エロイ!(Eroy・アメリカ)」
「ダメ(Dahme・ドイツ)カー(Carr)」
「スケベニンゲン!(Scheveningen・オランダ)」

このおかしなやりとりに食いついたのが、イノくん、健ちゃん、坂本氏。
井「いやー、これストーリー作るのが面白いですね」
健「あそこでまさかスケベニンゲン使ってくるとは思って無かったね」
井「出してきたね」
准「ちょっとシモ(シモネタ)が多いですね」
ク「そうですね。シモさえなければ、娘の学校にも持って行けるんですけど」
井「シモが多い。放送できないのとかもあったりとか?」
ク「ありますね。コートダジュールの岬とか・・・」
と、この後、クマグスさんが言った地名に『ピー音』が・・・(笑)。
この地名に、メンバー全員、大いに食いついていました(爆)。

次に紹介されたVTRが、珍地名ソングCDTVで、
いろんな地名を繋げて歌詞を作った・・・というものだったんですが、
それを全部、文章のみで表現するのは超難しいので(汗)、
第1位だった、V6の『愛なんだ』を、ちょこっと書いてみます。
雰囲気だけでも、感じていただければ嬉しいです。

イエー(Ye・ミャンマー) ソー(Sault) ナーン(Nan・タイ) 大安(ターアン・中国)
キト(Quito・エクアドル) ユマ(川)(ホンジュラス) カーラ(Kara・トーゴ)
アイ(河)(中国) ナーン(Nan・タイ) 大安(ターアン・中国)

って、分かります(汗)??
でも、これにはメンバー全員食いつきまして・・
井「嬉しい、これ」
剛「違う国で1つの曲になる・・・ちょっといいですよね」
井「お前、いい事言うなー」
と、大喜びでした。



と、珍地名クマグスはここまで。
次に登場したのは、メロンパンクマグスさん。
今までに食べたメロンパンはなんと、500種類以上なんだそうです。
まず最初は、お勧めメロンパンの紹介ということで・・・

<最も身近なコンビニのメロンパン>
・メロンパン(ナチュラルローソン)・・・店舗によってはお店で焼いているそうです
・ふんわりメロンパン(セブンイレブン)・・袋パンの割にサクサクしている
・おいしいパン生活メロンパン(サークルK)・・表面の砂糖が多い
・メロンパン(ファミリーマート)・・いろんなメロンパンをリリースしている

と、各コンビニのメロンパンが写真で紹介され、
ナチュラルローソンのメロンパンがスタジオに登場。
早速試食するメンバー。
みんな口々に、『うまい!』と言っているのに、
何故か1人だけ一言も発しない坂本氏(爆)。

次に紹介されたのが<ちょっと変り種メロンパン>
・白あん入りメロンパン・・・関西だと時々ある
・マンゴーメロンパン・・ダイス状にきったマンゴーが入っているメロンパン
・ミックスフルーツクリーミー・・・もはやフルーツケーキ状態(爆)
この3種類のメロンパンですが、スタジオには用意されていたんだけど
何故か3種類とも、試食は竹内アナのみ(笑)。
剛「いいっすねー」
竹「みなさん、食べたくなってきました?」
V6「食べたいです!」
竹「せっかくですので・・・」
ス「カットします!」
・・・声の主は、花見で有名になった堤ディレクターでした(笑)。

次に紹介されたのが
<クマグスさんが選ぶ メロンパンBEST3>
第3位 サンライズ 濱田屋(三軒茶屋)
 外生地に焦がしバターを使用。洋菓子のような甘さで小振りなパン。

第2位 キャラメルメロンクリーム 紅屋(茅場町)
 外生地にはキャラメルチップが乗っている。
 パンに切り込みを入れてクリームを挟み、
 シュガーパウダーを降りかけて完成。
 ・・・・いかにも甘そうなメロンパン(汗)。

で、このキャラメルメロンクリームも、サンライズ同様
スタジオに登場し、メンバーも試食するんだけど・・・。
目の前の甘そうなメロンパンに、ちょっと躊躇する男が1人(爆)。
頭をかきつつも、メロンパンを手に取り
坂「これ食べ方とかあるのかな?ガッツリいくのか、
  分けて(クリームを)つけるのか?」

とは言ってみたものの、結局彼がこのパンを食した気配はありませんでした(汗)。

第1位 メロンパン メローネ(西荻窪)
 メロンパン専門店のメロンパン。
 外生地はクッキーでサクサク。

このパンもスタジオで試食・・・と思いきや、なし(爆)。
竹「さすがに1位までご用意していたら、みなさんに対して
  ちょっと甘すぎるという判断がありましてですね・・・」

健「何言ってんの?」
井「おかしいだろ!」
竹「ただもし召し上がりたいということであれば、西荻窪駅の南口を出たら
  すぐにありますので、行ってみていただければと・・・」

健「ナンなの、これ」
長「1位だけでも用意しろよ!」
井「2位の店、(食べるのを)ちょっと押さえちゃったじゃないか!
  もっと食えたよ、俺は!!」

長「そこで(人形のボタン)押そうとおもっていたのに」
と、坂本氏以外のメンバーが文句を言いまくっていました(笑)。


と、メロンパンクマグスはここまで。
次に登場したのが、食べ合わせクマグスさん。

准「食べ合わせってどういう事ですか?」
ク「いろいろ違う味のモノを組み合わせて違う味になるっているのが
  私が考えた食べ合わせですね」
井「最大の魅力ってナンですか?」
ク「安い物が高い食材になったり、食べたくてもアレルギーで食べられないものが
  食べられたりとか、お金が無いときに、うちにあるもので食べたいものが
  作れるとか、いっぱい利点はありますね」
健「それだけ話を聞いてると、みんなを幸せにしてくれる食べ物とか」
ク「そうですね」

・・・ん?
この手の食べ合わせって、昔からなかったっけ??
プリンに醤油をかけて『ウニ』とか
キュウリにハチミツをかけて『メロン』とか(汗)。
本当に全部、このクマグスさんが考えたの??・・……(-。-) ボソッ

で、次は、
<超ソックリな食べ合わせレシピ紹介>
豆板醤 + マヨネーズ = 明太子
さっそく長野クンが試食。
長「明太マヨネーズみたいな感じ」
との事でした。
これはクマグスさん曰く、単体で食べるより
ご飯とかスパゲッティーにまぜると美味しいそうです。

麦茶 + 炭酸水 = ビール
・・・これ、結構有名だと思うけど(汗)。
坂「見た目だとビールですよね」
ということで、メンバーで乾杯して飲んでみたら・・・
健「ビール・・・」
坂「喉越しはビールです。ビックリした」
健「あ、本当だ」
坂「ビールです」
健「ビールだ」
井「ノンアルコールのビールっぽいですね」

バニラアイス + 醤油 = みたらし団子
答えを知らずに試食するメンバー。
准「あれ?これ食べた事あるなー」
坂「まだ言わないで」
長「わかった!」
准「これなんだっけ?」
という事で、『せーの!』で答えを言ってみることに。
そしたら・・・
剛→ティラミス 健→プリン 准→シロップ(!?)
井→みたらし団子 長→塩キャラメル 坂→ラ・フランス(!?)
と、バラバラな答えでございました(笑)。
しかし准ちゃんと坂本氏の答えって、ど~なの(笑)???!!!

ようかん + バター = スイートポテト
・・・なんだけど、これを口に入れた途端、
後ろを向いてしまった剛ちゃん(汗)。
ク「あれ?今、何か出しませんでしたか?」
剛「ちょっと塩気があって」
井「バターのね(汗)」
思わず口を押さえて笑ってしまう剛ちゃん。
これは明らかに、不評な食べ合わせでした。
と、ここでクマグスさんの超オススメが登場。

ク「ホットミルクとあるモノを足すと、コーンスープになります。
  それもすごい意外なものです」
剛「たくあん!」
ク「当たった~~!」
剛「意外なものっていうから・・・色で」
ということで、刻んだたくあんをホットミルクに入れて試食!
健「あ、でも臭いが・・・ちょっとコーンスープっぽいよ」
長「臭い、コーンスープだね」
ク「コーンスープでしょ?なんかたくあんじゃない感じがしません?」
剛「あ!うまい、うまい!」
ク「本当ですか?」
剛「うまい!」
これは、好評でした!

次もクマグスさんのオススメ食べ合わせ。

ク「(ゆで卵の)黄身とハチミツで何になりますでしょうか?」
剛「クリ!!(即答)」
ク「・・・何で分かるの(笑)?」
という事で試食。
剛「あ~、クリ!」
准「あ~~、栗、クリ!!」
坂「あ、これ美味い!」
井「美味いクリ!!」
と、こちらもメンバーから好評でした。

みかん + 海苔 + 醤油 = イクラ
ということで、こちらも試食。
剛「醤油つけて、すぐ食べたら一瞬イクラ」
井「マジで?」
健「1番最初。入れたときね」
剛「一瞬。一瞬、一瞬!」
准「みかん、そんなに多くない方がいい」
長「みかん、少ない方がいい」
准「みかん少なかったら、イクラですよ」
井「オレ、イクラ大好きなんだけど、アレルギーなんですよ」
ク「イクラアレルギー?」
井「そう。だから久々にイクラの(味を食べた)」
剛「そういう人に・・・」
健「いいじゃん」

ちなみにこの後、酢コンブ + ツナ = しめ鯖
っていうのも紹介されましたが、思いっきり不評でした(笑)。


と、ここで今回のクマグスは終了!!
次回のクマグスは

・ギャルクマグス
・値切りクマグス
・芸能界のイイ話クマグス

の3人が登場予定です。



今回も、長い長い文章にお付き合いくださり
本当にありがとうございました!

毎回、沢山の拍手をもらいつつ
何もお返事できなくてすみません。
みなさんの拍手は、あの24時間マラソンのイモトちゃんを
ゴールへ導いた声援のように、いつも私を
励ましてくれています。




ありがとう。



別窓 | V6 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| V6戯言日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。